最近の記事

2013年09月01日

オイストラフ、モーツァルト/VnとVaのための協奏交響曲

長男が戻ってきているので、久々にステレオ・サブシステムの部屋、
この部屋はエアコンが壊れているので、夏場は辛いのですけれども
(厳寒時にも室温10度を下回りますけれども)、過ごしやすくなりました。

休みの日にはいつも聴いているアカペラの宗教曲のレコードですが、
大半をメインシステムの方に持っていったので・・・

P9015248
P9015248 posted by (C)fronte360

モーツァルト/ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 K.364
 イーゴリ・オイストラフ(vn)
 ダヴィッド・オイストラフ(va)
  キリル・コンドラシン指揮 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団

有名なオイストラフ父子競演、息子のイーゴリに主役のヴァイオリンを任せ、
アンサンブル楽器として脇役的な存在のヴィオラをダヴィッドが弾いてますが、
バリバリと弾いていて息子を食ってますね。

イーゴリも下手ではないので、父が偉大すぎた、ということでしょうけれど、
モーツァルト自身もヴィオラを弾いたと言われ、ヴィオラの活躍が多く、
またすべての弦を通常より半音高く調弦するよう指示もされていて、
華やかさが増す効果も仕組まれているようです。


五嶋みどり(vn)、ピンカス・ズッカーマン(va)
ズビン・メータ指揮ニュヨークフィルによる第1楽章の動画を貼っておきます。




posted by fronte360 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする