2013年05月16日

高知GW・桂浜水族館

GW後半戦、五台山から桂浜に移動して龍馬に大接近のあとは桂浜水族館へ。
小さな水族館です。 後方の丘の上にはランチを食した国民宿舎桂浜荘。

この水族館に初めて来たのは・・・1977年3月でしょう。

P5034371
P5034371 posted by (C)fronte360

高知大学を受験した年、桂浜見物ついでに水族館にも入ったのですけど、
とても寒かったこともあるけど(雪もチラついていたなぁ)寂れていた印象、
端的に言うとオンボロ水族館だったのですが、今でも頑張っています。

P5034384
P5034384 posted by (C)fronte360

次に来たのが、2006年12月。
これも高知大学からみ、大学から発注してもらったお仕事をしていたとき、
余分に1泊して観光しましたが、ちょっと綺麗になった感じやったかな。

P5034386
P5034386 posted by (C)fronte360

その時もイルカのショウを見ましたけども、随分とパワーアップしましたね。
2010年6月にもイルカのショウを見た記憶もありますが、
今回GWということもあって、なかなかの迫力。 お子さんに大ウケでした。

P5034391
P5034391 posted by (C)fronte360

P5034392
P5034392 posted by (C)fronte360

P5034393
P5034393 posted by (C)fronte360

アシカのショウ、2010年の龍馬伝効果で観光客が増えたけれど、
なかなか水族館の集客には結びつかなく、アシカを訓練して頑張ったみたい。
以前NHKで報道されてました。

P5034372
P5034372 posted by (C)fronte360

観客の前にまでやってくるようになっています。

P5034374
P5034374 posted by (C)fronte360

P5034377
P5034377 posted by (C)fronte360

芸を見せるのが水族館の役目とは思わないけれど、
公的な援助を受けていない地方の私設水族館ですからね、大変なんでしょう。

P5034390
P5034390 posted by (C)fronte360

P5034388
P5034388 posted by (C)fronte360

かつては学校の理科準備室みたいに放置されていた感のあった2階、
骨骨(ホネホネ)コーナーも立派に骨が組み立てられていました。

P5034394
P5034394 posted by (C)fronte360

これからも頑張って欲しいものです。

P5034378
P5034378 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

ピーター・ポール・アンド・マリー、パフ

暑くなってヘバっているのではなくて、慢性疲労蓄積モード・・・
そんな風に思っていますけど、単なる加齢によるお疲れなのでしょうかね、
会社を出ると、どっと疲れが押し寄せてきます。

元気になろうという元気も沸かないけれど、
ちょっと気持ちが楽になりたいなぁ、と懐かしいレコードを出してきました。
ピーター・ポール・アンド・マリー(PPM)の「パフ(Puff)」

P5154480
P5154480 posted by (C)fronte360

Side A
 パフ(Paff)
Side B
 わが祖国(This Land Is Your Land)

「mark45」なんて書いてある再発盤、値段は 400円。
1971年、中学2年頃に買ったものでしょう。

そのころテレビはあまり見ず、もっぱらラジオをよく聴いていましたし、
当時AMラジオでも洋楽ポップスの番組がありましたね。
ヒット曲も足が長く、いい曲がいっぱいかかっていたように思います。
この曲もそうやって知った曲のひとつでした。





結成25周年記念のコンサートでのPuffイントロのアドリブが最高



posted by fronte360 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知GW・桂浜で龍馬に大接近

GW後半戦、高知県立牧野植物園・温室を出てMy遊バスに乗ります。
ここから高知一番の観光名所・桂浜を目指しますけれど・・・
お腹が空いたので、坂本龍馬記念館前で下車。

P5034350
P5034350 posted by (C)fronte360

ここには入らずに、隣に建っている・・・こちら・・・
国民宿舎・桂浜荘、ここの太平洋が一望できるレストランにおいて、
リーズナブルなお食事でお腹を満たします。

P5034351
P5034351 posted by (C)fronte360

写真はありませんが、はちきん地鶏を使ったなるこ丼 800円ですし、
鰹のたたき丼は 1,000円やったかな、なかなか美味しかった。
お腹がいっぱいになったら、歩いて桂浜に移動します。

P5034354
P5034354 posted by (C)fronte360

いい天気なので、海岸線にまで多くの人がでています。
真夏だと海岸線に出ないようにアナウンスしているのですけどね・・・
突然大波が襲ってきて、波にさらわれて亡くなる方が毎年いるのですけども。

P5034357
P5034357 posted by (C)fronte360

さて、桂浜でお馴染みの坂本龍馬の銅像の脇に展望台が出来ています。
龍馬に大接近」・・・この展望台に上ってみたかった!
GWのこの時期だけの特設の展望台なのです。

P5034358
P5034358 posted by (C)fronte360

入場料 100円ですが、龍馬パスポートを示したら無料になりました。
入口で案内の方の指示に従って、順番を待って上ります。
中は案の定、工事現場の足場でした。

P5034359
P5034359 posted by (C)fronte360

心はいつも太平洋ぜよ!
龍馬の目線で太平洋を見る事できるのですね、なかなかに壮観。

P5034361
P5034361 posted by (C)fronte360

いい天気にも恵まれて、気分爽快です。

P5034369
P5034369 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

第2回 日本ビール検定 (愛称 びあけん)

暑くなりましたね。
こんな時は、冷蔵庫でキンキンに冷やしたビールが美味しくなりますが、
日本ビール検定(愛称 びあけん)」の第2回目が実施されるそうです。

2013年10月6日(日) 札幌・東京・大阪・福岡
受験料は、3級4,500円、2級5,000円、1級7,000円 となっていて、
1級は今回新設、2級合格者のみ受験できるそうです。

協力は、サッポロビール株式会社と
株式会社サッポロライオン(ビヤホールライオン)
ビアホールライオンと言えば、東京・銀座の一流ビアホールですね。

今回も練習問題をやってみました。


日本ビール検定(級別不明) 練習問題

設問1

日本の酒税法で「ビール」とはアルコール何パーセント以上とされているか、以下から選びなさい。

 0,5%
  1%
 3%
 5%


設問2

主にピルスナータイプのビールに使われる麦を選びなさい。

 二条大麦
 六条大麦
 エン麦
 ハト麦


設問3

ビールという言葉の語源として有力な説を選びなさい。

 古代エジプトの儀式の名前から
 初めて醸造された土地の名前から
 「命の水」を意味するラテン語から
 「飲み物」を意味するラテン語から


設問4

1899年(明治32)に東京・銀座で日本初のビヤホール「恵比寿ビール BEER HALL」が開業しました。
そのビヤホールで最初に出されたおつまみを選びなさい。

 大根のスライス
 枝豆
 冷奴
 きゅうりの塩漬け


設問5

お酒にかかる税額は日本の酒税法で定められています。
現時点でのビール350ml1缶あたりの税額として正しいものを選びなさい。

 11円
 33円
 55円
 77円


設問6

チェコはホップの名産地として世界的に有名ですが、その地方名を選びなさい。

 モーゼル
 ハラタウ
 ザーツ
 セビリア


☆ あてずっぽうではダメですね、6問中1問しか正解しませんでした。
  やっぱり自分はビールより日本酒の方が相性良さそうです。



posted by fronte360 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知GW・高知県立牧野植物園・温室

GW後半戦、今回の高知旅行の目的であった五台山展望台より竹林寺、
そして高知県立牧野植物園、温室に入りました。

P5034310
P5034310 posted by (C)fronte360

2010年春にオープンした新しい施設。
外観はラピュタの世界に似せているのでしょうか。

P5034327
P5034327 posted by (C)fronte360

P5034330
P5034330 posted by (C)fronte360

温室内は熱帯の雰囲気、海外から収集した植物などを見ることができます。

P5034336
P5034336 posted by (C)fronte360

P5034343
P5034343 posted by (C)fronte360

P5034344
P5034344 posted by (C)fronte360

P5034345
P5034345 posted by (C)fronte360

下のは世界最大の種子・オオミヤシ(別名:フタゴヤシ)。
長さが30cm、重さは20Kgにもなと言われており、受粉して種子に成熟するのに
なんと7年もかかるそうです。

P5034339
P5034339 posted by (C)fronte360

ここのオオミヤシは発芽して数年だそうで、生長すると幹の高さが10m、
一枚の葉の大きさは畳2枚分にもなるそうです。

P5034342
P5034342 posted by (C)fronte360

バスの時間が迫っていたので、ちょっと駆け足での鑑賞が残念でした。

P5034347
P5034347 posted by (C)fronte360

P5034337
P5034337 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

シルヴィ・バルタン、哀しみのシンフォニー

ブルーマンデー、それに急に暑くなって既にバテ気味です。
朝からお腹の調子も悪かったしね、早々に会社を退散して戻ってきました。

そしていつものように帯広での学生時代に買ったシングル盤より
シルヴィ・バルタンの「哀しみのシンフォニー」を聴いてますけれども、
これは1977年に再発された「ゴールド・スタンダード・シリーズ」の1枚です。

P5134479
P5134479 posted by (C)fronte360

Side A
 アイドルを探せ  La Plus Belle Pour Aller Danser
Side B
 哀しみのシンフォニー  Caro Mozart

「アイドルを探せ」は、1964年なのでリアルタイムではないですが、
「哀しみのシンフォニー」は、1971年で中学2年だったかしら、
それまでの洋楽からクラシック音楽にも興味を持ち出した頃のヒット曲ですね。

当時はラジカセでカセットに録音し、何度も何度も聴いていたものですけど、
大学生になってようやくレコードを手にできたのでした。
600円のシングル盤ですけれど・・・嬉しかったなぁ。






posted by fronte360 at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 13-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知GW・高知県立牧野植物園

GW後半戦、今回の高知旅行の目的であった五台山展望台より竹林寺
そしていよいよ高知県立牧野植物園
ここに来たのは既に4回目かしら・・・
このGW時期が一番綺麗に花が咲き誇っていて見応えがあると思います。

P5034331
P5034331 posted by (C)fronte360

「五台山花絵巻 四ノ巻 土佐國の春」として花の宴が催されています。
そして昨年に続いて「花皿鉢」

P5034307
P5034307 posted by (C)fronte360

土佐名物の皿鉢料理のごとく円形の花壇を大皿と見立て、
色とりどりの花を料理のようにふんだんに盛り付けられております。
写真には写ってませんが、右枠外にはお銚子もあって、なんじゃ、って感じ。

P5034306
P5034306 posted by (C)fronte360

P5034311
P5034311 posted by (C)fronte360

昨年は南園のみでなく、芝生広場や竹林寺境内までも花皿鉢で彩られていて、
また会期も1ヶ月長く6月まであって楽しめたのですけれど・・・
それでも、個々のお花は綺麗に咲き誇って綺麗でした。

P5034302
P5034302 posted by (C)fronte360

P5034303
P5034303 posted by (C)fronte360

P5034300
P5034300 posted by (C)fronte360

P5034305
P5034305 posted by (C)fronte360

P5034322
P5034322 posted by (C)fronte360

土佐寒蘭センターにも入ってみました

P5034323
P5034323 posted by (C)fronte360

P5034325
P5034325 posted by (C)fronte360

小学生の頃、理科は得意でも植物は苦手でした。 覚えられなくて・・・
それだけ花や植物に接する機会が少なかったからでしょうね。

P5034329
P5034329 posted by (C)fronte360

馬齢を重ね、ようやく植物の魅力が感じられるようになったようです。


posted by fronte360 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

京都に来ました

130512_1501~0001.jpgこれからゴッホ展

並ぶのイヤなので、休憩中

posted by fronte360 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追悼 ジャン=フランソワ・パイヤール(その2)

前日の雨は上がって、燦燦と陽光が降り注ぐ朝に相応しい音楽をと
昨日探し出してきた追悼用のパイヤールさんのレコードより

P5124454
P5124454 posted by (C)fronte360

 モーツァルト/フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299
 モーツァルト/クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 -*

  ジャン=フランソワ・パイヤール指揮 パイヤール管弦楽団
   ジャン=ピエール・ランパル(fl)、リリー・ラスキーヌ(hp)
   ジャック・ランスロ(cl) -*

ギャラント・スタイルのモーツァルト、パイヤールさんの本領発揮。
始めてこの曲を聴いたとき、何と美しい曲なんやろ、と驚いたものです。
繊細な砂糖菓子のようなすっきりとした甘さ、温かさ、そして奥行きもあって、
休日の朝をほっとさせてくれる一枚ですね。

1962年録音でしょうか、2度目の録音。 この盤は1980年の1500円盤ですが、
絶頂期のランパル、ラスキーヌと息のあったこの演奏はたぶんこの曲のベスト。
ランスロの柔らかく明るく端正な演奏もフランス風のモーツァルト演奏の典型。
そして何よりパイヤールがエレガントな伴奏が曲を支えた名盤です。

実は昨日もステレオ・サブシステムで聴いてみたのですけれど、
ハープの音って倍音が沢山あるせいかアナログでの再生が難しいようで、
ハープがうまく再現できなくて少々不満だったので(天気も悪かったですし)、
今朝は陽当たりもメインシステムのある部屋に移動して鑑賞としました。

気持ちのよい朝、1日の始まりです。


posted by fronte360 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

サクランボの収穫

GW最終日、鳥さんとシェア・・・と書いたものの、
依然としてサクランボが実っており、赤味も増しているので、収穫しました。

P5114451
P5114451 posted by (C)fronte360

弁当箱いっぱいのサクランボ
今週すでに2度ほど奥さんも収穫していたりもしますが、いっぱいあります。

国産サクランボをこれだけ買えばいくらになるかなぁ・・・
と、貧乏人根性丸出しですけれど、やっぱり嬉しいことには違いありません。

昨年も少し成っていたようですけど、気付いたときが遅くて既に数個のみ、
それもすぐに鳥さんに食べられて、口にできたのは2個ほどでした。

今から10数年前、鉢植えで買ったサクランボの木です。

既に実が付いて売られていたものの、それも鳥さんにあっけなくさらわれ、
以降は実を付けることもなく放置されていて、枯らすのも可哀想だし、
庭の片隅に植えられたものの陽当りも悪く、ほとんど忘れ去られてました。

昨年秋に庭木の伐採をし、陽当たりが良くなった事が功を奏したのかな、
今年は沢山の花をつけましたけど、こんなに実を成らせるとは、驚きです。

そもそもサクランボの木は自家受粉をしないので、
近くに他のサクランボの木が無いと実は成らない、と聞いています。
今年はラッキーだったのかのかもしれませんね。

P5114452
P5114452 posted by (C)fronte360

来年がどうなるか楽しみです。


posted by fronte360 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする