最近の記事

2013年04月26日

ジェリー・ウォレス、男の世界

中学生のころに流行った、チャールズ・ブロンソンの「う〜ん、マンダム」
これが判るのは同年代、大ヒットした「男の世界」です。

P4264165
P4264165 posted by (C)fronte360

このレコード、中学生の頃、同級生と手持ちのレコードと交換で入手して、
彼は、ブロンソンの写っているレコードを買い直したと記憶してます。
ブロンソン、カッコ良かったですものね。

しかし今となっては、ブロンソンが写っていない「男の世界」は貴重かもね。

Side A
 男の世界 Mandam-Lovers Of The World
Side B
 彼女(あいつ)の誇り Glory Of My Woman


ブロンソンの写っているは、以下でどうぞ・・・




そして、懐かしいブロンソンのコマーシャルもいかが・・・




posted by fronte360 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名残の桜(その3)・造幣局の通り抜け(林一号、奈良八重桜)

4月20日(土)、名残の桜を愛でようと造幣局の通り抜けに行ってきました。

時おり小雨もパラつく天気、夜にかけて本格的な雨になるので、
22日が会期終了ですけれど、今日のこれが最後、見納めかもしれません。

「林一号(はやしいちごう)」
仙台の植木屋林氏が初めて育成した新しい八重桜で、花弁数は25〜30枚ある。花は淡桃色で楊貴妃に似ている。

P4204137
P4204137 posted by (C)fronte360

P4204136
P4204136 posted by (C)fronte360

一号と言うからには、林二号というのもありましたが、ともに2本しかなく、
この手前にあって葉桜やなと遠目に見過ごしていたのでした。
一方通行なので戻ることもできず、残念。

「簪桜(かんざしざくら)」
佐野藤右衞門氏が東北の旅の途中、見つけた桜で、花が婦人の簪に似ているところから、この名が付けられた。花は淡紅色で、花弁数は14〜31枚。
「白妙(しろたえ)」
昔、東京荒川堤に移植された大島桜系の里桜の一種で、花は白色の大輪で、10〜15枚ある。

P4204139
P4204139 posted by (C)fronte360

前者は1本、後者は2本しかここ造幣局にはない桜だそうです。
通り過ぎてプレートを写し込んだだけ・・残念。
これらは来年の楽しみとしましょう。

「奈良八重桜(ならやえざくら)」
日本で最も古くからある八重桜で、昔より歌にも詠まれている有名な桜である。花は淡紅色で、開花が進むにつれ白色となり、花弁数は20〜50枚ある。

P4204142
P4204142 posted by (C)fronte360

P4204144
P4204144 posted by (C)fronte360

とても可憐な花で、気に入りました。
古来より愛でられていることが頷けます。

P4204149
P4204149 posted by (C)fronte360

あいにくの天候、それに盛りも少々過ぎた感はありましたけれど、
それでも雨はなんとか持ってくれて、今年最後の花見を満喫しました。

P4204151
P4204151 posted by (C)fronte360

奈良八重桜にて、この項を終えます。

P4204145
P4204145 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする