最近の記事

2013年04月18日

追悼 コリン・デイヴィス(その2)

今週は何だかとても疲れていて、通勤の往き帰りの電車も爆睡状態です。
へとへとになって帰宅し、復活するための音楽は、モーツァルト!!

先日探し出してきた追悼用のコリン・デイヴィスさんのレコードより
ロイヤルフィルを振ったモーツァルトの序曲集

Colin Davis NINE OVERTURES
コリン・デイヴィス指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

P4184102
P4184102 posted by (C)fronte360

ジェームス・ディーンばりの写真が、年代を感じさせますね。
これが懐かしい世代より、ちょっと後の世代となります。
(プレヴィンがマッシュルームカットだった世代)

訃報に接し、調べてみて知ったのは、貧しい家庭環境であったこと。
ピアノが買えず、一番安く手に入る楽器のクラリネットで音楽の勉強を始め、
王立音楽大学でもクラリネットを専攻するものの、ピアノの演奏能力が欠如、
そのような理由で指揮法の履修は禁じられていたこと。

それでも同級生とカルマー管弦楽団(the Kalmar Orchestra)を結成し、
しばしば指揮を執って修行を積んでいったということ。
紳士の音楽をする人は、努力の人だったのですね。

Side A
 歌劇「イドメネオ」 K.366 序曲
 歌劇「後宮よりの逃走」 K.384 序曲
 歌劇「偽の女庭師」K.196 序曲
 歌劇「劇場支配人」 K.486 序曲
 歌劇「フィガロの結婚」 K.492 序曲

Side B
 歌劇「魔笛」 K.620 序曲
 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 K.588 序曲
 歌劇「皇帝ティトゥスの慈悲」 K.621 序曲
 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 K.527 序曲

いずれの演奏も颯爽とした演奏が心地良いですのですが、
Side B の4曲、並びが良いのかもしれませんし、モーツァルトの成熟度?
聴いていてしっくりときます。

Side A は、少々飛ばし気味のような感じにも聴こえますので、
今回も Side B より聴いておりました。


posted by fronte360 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春18きっぷの旅・紀伊田辺編、南方熊楠顕彰館

4月7日、子供が使い残した青春18きっぷで紀伊田辺に行ってきました。

闘鶏神社を出て、田辺銀座通りのカフェドポーでちょっと遅めのランチ。
初めて入ったお店で写真撮ってませんけど、お洒落なランチながら、
パン・ご飯がお代り自由が嬉しかったですね。
パン工房が併設されていて、ランチのパンも3種類、お代りすると、
また別のパンが出て、いずれのパンも美味しく、また来たくなりました。

お腹を満たして向かった先は、南方熊楠顕彰館
帰りがけに撮ったので、夕日による逆光で白んでますけど、
奥に写る民家が旧邸、ここを入って右側に南方熊楠顕彰館があります。

P4073986
P4073986 posted by (C)fronte360

熊楠の没後、長女文枝さんが10年程前まで邸宅に住んでおられたそうです。
貴重や書物や文献、書簡、標本などを保全されていましたが、文枝さん没後、
遺志により田辺市に寄贈、顕彰館にて保存するとともに公開されていて、
熊楠に関する研究も推進されているそうです。

P4073966
P4073966 posted by (C)fronte360

未刊行の日記や書簡など、乱筆で何が書かれているか分からない???
そんなものも顕彰館が中心になって解読されようとしているとのこと。

P4073964
P4073964 posted by (C)fronte360

写真撮影禁止だったので、撮れていませんが、
「南方熊楠と同級生たち」という企画展示もなかなかに興味深かったですね。
神田の共立学校から大学予備門の同級生に正岡子規、秋山真之がいて、
直接交流はなかったようですが大学予備門同級には夏目漱石もいますし、
河東碧梧桐とも後年交流があり「坂の上の雲」とかぶっていて興味尽きません。

かなり時間をとって見ていました。
大正5年(1916年)から住んでいたという旧邸に行ってみることにしましょう。

P4073965
P4073965 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする