2013年03月31日

ノイズリダクション dbx

カセットデッキ復活作戦 AKAI GX-R70 より俄かにカセットがマイブーム。

分解前の点検時、操作を誤って録音ボタンを押してしまい、
確認用テープに変な録音・・・というか無音部分を録音してしまいました。

確認用のテープといっても、たまたま近くにあったカセットで、
かつてレコードからダビングして聴いていた大貫妙子さんなのですけど、
これが傷モノになったので、修復するついでにdbxを使ってみました。

P3313824
P3313824 posted by (C)fronte360

お恥ずかしながら、ノイズリダクションのdbxって使ったことがなく、
どれぐらいの能力があるか知ってみたくもありましたけれど、効果は絶大。
ヘッドフォンで聴いてもテープのヒスノイズは無くなりましたし、
何より音の再現性が向上したようです。

テープはノーマルタイプ、TDKのADなので高域の伸びはイマイチですが、
これまで高音域につきまとっていた音がまるくなる傾向は解消したようで、
中低域もすっきりとし、ダイナミックレンジが随分と向上したみたい。
普通に音楽を聴くにはこれで充分すぎる感じでしょう。

これまでノイズリダクションってドルビーBしか選択肢が無くて、
これはウォークマンやカーステレオで聴いていたからなのですけれど、
ウォークマンやカーステレオって雑音環境で音楽を聴く事になるので、
再生時にノイズリダクションを外して高音域をキンキンさせるほうが
聴感上曲が判りやすくもありました。 邪道な聞き方ですけれど・・・

しかし今、カセットに録音してもこのデッキでしか再生環境がないので、
どっちのノイズリダクションを取るか、と言われるとdbxしかないですね。

とにかくこんな細い磁気テープのトラックにこんな良い音が録音できるとは、
今更ながら当時の技術の凄さに驚きます。

P3313823
P3313823 posted by (C)fronte360

なお写真に写っているカセットデッキのパネル
片方しかレベルが上がっていないのはスペクトラム表示にしているからです。
中低域は下、高域が上、それぞれの帯域のピークレベルが表示されています。

 ●

A面を録音したのをヘッドフォンで聴いて判ったこと、
微妙に左右の録音レベルが動くのと、微妙な音ゆれがあるみたい。
前者はOUTPUTのスライドヴォリュームの掃除が行き届いていないこと、
後者はベルトの伸びでしょう。

やっぱりベルト交換と掃除が必要ですね。
ということでB面は以前の録音のままとしておくことにしました。



posted by fronte360 at 14:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 貧者のオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の関西アマオケコンサート情報

5月に、京阪神で開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしています。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います(が、なかなか意気込みに反して動けないのが実情ですが)。

とにかく、出発!!

5/3:待兼交響楽団 第26回定期演奏会
5/4:関西グスタフ・マーラー交響楽団 第2回演奏会
5/4:かぶとやま交響楽団管楽ゾリステン&クランクレーデ 演奏会
5/11:京都府立大学交響楽団 第31回定期演奏会
5/12:芦屋交響楽団 第79回定期演奏会
5/19:八尾フィルハーモニー交響楽団 第44回定期演奏会
5/19:アンサンブル・ヴィオ神戸 第13回定期演奏会
5/19:枚方フィルハーモニー管弦楽団 第77回定期演奏会
5/19:宝塚市交響楽団 第53回定期演奏会
5/19:和歌山大学交響楽団 第38回プロムナードコンサート
5/26:オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ 第17回定期演奏会
5/26:西宮交響楽団 第101回定期演奏会
5/26:八幡市民オーケストラ 第41回定期演奏会
5/26:交響楽団ひびき 第9回定期演奏会



posted by fronte360 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

オイストラフ & バルシャイ、モーツァルト/協奏交響曲

コンサートホール・ソサエティ盤大会・番外編
木製譜面台にヴァイオリンとヴィオラを載せたお洒落なデザインが秀逸

 モーツァルト/ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調 K.366
  ダヴィッド・オイストラフ(vn)
  ルドルフ・バルシャイ(va・指揮) / モスクワ室内管弦楽団
 シュポーア/ヴァイオリン二重奏曲第2番ニ長調 op.67-2
  ダヴィッド・オイストラフ(vn)
  イーゴリ・オイストラフ(vn)

P3303818
P3303818 posted by (C)fronte360

先日の日本橋遠征で立ち寄った中古店にて発見した捕獲品(300円)。
メロディア原盤による借り物音源、1960年録音によるものということを
後付けで知りました。 原盤LPは1万円位で売られていて吃驚。
いつもながらコンサートホール盤には面白い物があるのだと実感したしだい。

ターンテーブルに載せて、冒頭の重い響きにちょっと面食らいました。
モーツァルトの協奏交響曲、パイヤールに代表されるロココ調の明るい響き、
これをイメージしていていたので古典様式のしっかりとした重い出だしに、
こんな曲だったか・・とも思ったのでした。

曲が進むに連れ、聴き手も馴染んできたのでしょう、
第1楽章のカデンツア前から俄然面白くなってきました。
しっかりとした造詣ながらもイキの良い掛け合いで、バルシャイのヴィオラ、
くっきりとさせた響きでなかなかの好演で、オイストラフに絡んでいます。

オイストラフ、この曲を演奏するときは学生時代にやっていたヴィオラに回り、
ヴァイリンで演るのは珍しいそうですが、豪放な演奏とはちょっと違って、
主導権を握りながらも曲に寄り添うような感じで進めているようです。

第2楽章の彫りの深い落ち着いた演奏から、盤面をひっくり返してB面、
第3楽章での元気の良い演奏、ここも古典的な造詣ながら躍動感があって、
堂々たるモーツァルト。 バルシャイも雄弁で、濃密な演奏といった感じ。
これは素晴しい演奏です。 ホルンも落ち着いた響きで古典的な感じ。

シュポーアの二重奏曲は、父子による競演。
息子の演奏の線の細さがよく言われることですが、よく言えば対比になり、
ここでは親父が低音部を受け持っているようで、がっちりと曲を支えており、
お釈迦さんの手のひらで踊っているようにも感じますけれど・・・
先入観が強すぎでしょうか。

録音はモノラルながらしっかりとしたもので、割りあいと奥行き感もあり、
最新録音に比すと可哀想ですが、同時代のコンサートホール盤と比すならば、
上々の出来だと感じます。


カセットウォークマン SONY WALKMAN WM-F606 分解

カセットデッキ AKAI GX-R70 復活よりカセット・マイ・ブーム

カセットテープを探しては、あれこれと聴いていますけれども、
カセットウォークマン SONY WALKMAN WM-F606 も発掘しました。
オートリバース、かつ、今では電波法改正で姿を消したワイヤレス機で、
初代ウォークマンに搭載されていた会話用マイクも付いている機種です。

P3293809
P3293809 posted by (C)fronte360

レシーバが見当たりませんが、PHONO端子も付いているので、
期待を膨らませて電源を入れたもの動きません。
モーターは回っている音がするけど・・・、う〜ん、これはベルトやな・・・
そう思えるのは、AKAI GX-R70 復活作戦で培った知識です。

P3293806
P3293806 posted by (C)fronte360

このウォークマン、ヒンジ部分のピンが片方取れていることから、
会社の同僚より安く譲って貰ったのでした。 ちょっと浮いていますね。
これも修理するとともに、ベルトの状態も見てみましょう・・・と分解開始。

P3293810
P3293810 posted by (C)fronte360

スイッチ類にひっかかったりして、苦労して底蓋をなんとか開けました。
でも、基盤が乗っかってて、ベルトが溶けているのは見えるけれども、
ベルト交換なんて出来そうにありません。 困った。

P3293811
P3293811 posted by (C)fronte360

とりあえず基盤を外そうと、テープ収納するところのネジ2本外しました。
あとで判ったけれど、このネジ、モーターの固定ネジだったのですね。

P3293812
P3293812 posted by (C)fronte360

モーターを基盤の外側に引っ張り出してみました。
プーリーの縁が黒いのは、溶けたゴムがこびりついているからです。
モーターを元通り付けたいけど、それではゴムが通せない、困った・・・

P3293813
P3293813 posted by (C)fronte360

やりたくなかったけど、半田コテを出してきました。
15年ぶり位かな、ひさしぶりにコテに通電し、電源コードを外しました。
本当はモーターの結線を外したいところなんですけど、ちょっと自信なし。
とにかく基盤が動かしやすくなったので、モーターを元の位置に固定。

P3293814
P3293814 posted by (C)fronte360

蓋の部分にもリボンケーブルが出ていて邪魔なんですね。
蓋の裏側のネジを外したら、蓋の基盤ごど外れるかな・・・と思いましたが、
残念、基盤は蓋に固定!! リボンケーブルも半田付けされているため、
これは諦めて、すぐに元に戻しました。

仕方ないので、基盤を浮かした隙間を使って溶けたゴムを取り除き、
ゴムのかけ方を観察しますが、ゴムが溶けて無くなっているので ???
ネットで情報収集し、なんとかゴムのかけ方が理解できたかな。

ゴム長もオリジナルが溶けてしまって不明です。
でも他機種で、70φとの情報があり、これも多分そんなもんでしょう。
千石電商で捕獲するまで、いったん元通りにしましょう。

おっと、ヒンジ部分の修理もしないと・・・
部品(ピン)が無いので、ゼムクリップを切って、頭も作ってみました。

P3293815
P3293815 posted by (C)fronte360

半田付け部分は外したままとしましたが、それ以外のネジは全部留めました。

P3293816
P3293816 posted by (C)fronte360

分解したことで、変な自信がついたみたいですけど、動く保障なし。
今は電源部分の結線も外したままですしね、動くわけなし。
ああっ、疲れた・・・



posted by fronte360 at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 貧者のオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

大貫妙子 / クリシェ(Cliché)

ようやっと一週間が終りました。
おまけに今日は年度末、会社にとっての大晦日でもあって、
来たる4月1日は会社にとっての元日、その準備でばたばたとしてました。

家に戻って、ほっとひと息ついて聴いているのは、
1982年9月21日発売、大貫妙子さんの6枚目のスタジオ・アルバム。

P3293805
P3293805 posted by (C)fronte360

帯広での学生時代、リアルタイムで発売即購入したように記憶しています。
当時ようやく大貫妙子さんが注目されて始めていた時期でしたけれども、
デビューアルバムから聴いていた者としてはちょっと複雑な心境・・・
自分だけの楽しみが拡散してしまったような気分ですね。

「ピーターラビットとわたし」も可愛らしい曲ですけれど
「色彩都市」が好きですね。
ともに当時流行っていたテクノポップ調のアレンジも秀逸です。


Side A
 黒のクレール
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一
 色彩都市
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一
 ピーターラビットとわたし
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一
 LABYRINTH
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一
 風の道
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:Jean Musy

Side B
 光のカーニバル
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:Jean Musy
 つむじかぜ
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:Jean Musy
 憶ひ出
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:Jean Musy
 夏色の服
  作詞・作曲:大貫妙子、編曲:Jean Musy
 黒のクレール
  作曲:大貫妙子、編曲:Jean Musy










posted by fronte360 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四天王寺・中央伽藍より

3月23日(土)、日本橋での買い物帰り、大江神社から愛染さんへと歩き、
四天王寺の境内を進みますが、西大門が見えたので、いったん外に出て・・・

P3233747
P3233747 posted by (C)fronte360

境内へと入り直しました。 こっちが正門みたいなんで・・・

P3233750
P3233750 posted by (C)fronte360

西大門の柱には、転法輪というのが4つの柱にそれぞれ付いていて、
ここを通る人はこれをクルクルと回転させて祈っておられます。

P3233752
P3233752 posted by (C)fronte360

法輪は、お釈迦様の教えが他に転じて伝わるのを輪にたとえたもの。
いわば仏教の象徴で、合掌して「自浄其意」(じじょうごい)
すなわち「心が清浄になりますように」と唱えて右に回すのだそうです。

P3233751
P3233751 posted by (C)fronte360

いよいよ中央伽藍、この日はお彼岸なので拝観無料でした(通常300円)

P3233758
P3233758 posted by (C)fronte360

四天王寺の建築物は、第二次大戦・大阪大空襲で伽藍北一部の建物を残し、
ほぼ全てが灰塵に帰してしまったので、新しいものが大半です。
ちょっと有難味に乏しい、そんな風に思ってましたけれど・・・

P3233759
P3233759 posted by (C)fronte360

飛鳥時代の創建当時の様式で再興されていることに信仰の力を感じます。
それは、なんたってこのお参りする人の多さが証明しています。

P3233761
P3233761 posted by (C)fronte360

そんなことを考えながら、中央伽藍を出て西大門をくぐって、石鳥居です。
寺院に鳥居、アンマッチに思いますが、元来鳥居は聖地結界の四門として、
古来インドより建てられたもので神社に限ったものではないそうです。
そして扁額の文字は「釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心

P3233762
P3233762 posted by (C)fronte360

「おシャカさんが説法を説く所であり、ここが極楽の東門の中心である」
とのことだそうで、額のカタチがチリトリのようになっていて、
これは全ての願いをすくいとって漏らさない・・・阿彌陀如来の本願である、
とのことでした。 分かりやすいけれど、奥が深い世界です。

おしまい


posted by fronte360 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

ムラヴィンスキーのCD頂きました

いつものNさんが昼休みにやってきて、SACDを買ったので・・・
と持ってきてくださいました。 ムラヴィンスキーの輸入CD-BOX(7枚組)。

P3283804
P3283804 posted by (C)fronte360

最近、カセットデッキを分解してから、カセットに凝っていて・・・
と、ひとしきり懐かしいオーディオ、音楽の話題を楽しみました。

■SCRIBENDUM the art of MRAVINSKY in moscow 1965 & 1972 ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 (SCRIBENDUM SC503)

7CD SET
includes works by Beethoven, Warger, Brahms, Shostakovich, Tchaikovsky
and more

CD1
・グリンカ:『ルスランとリュドミュラ』序曲
 1965年2月26日
・ムソルグスキー:モスクワ河の夜明け
 1965年2月21日
・リャードフ:バーバ・ヤガー
 1965年2月21日
・ショスタコーヴィチ:交響曲第6番
 1965年2月21日
・グラズノフ:『ライモンダ』第三幕への前奏曲
 1965年2月21日
・ムソルグスキー:モスクワ河の夜明け(別テイク)
 1965年2月21日 
・リャードフ:バーバ・ヤガー(別テイク)
 1965年2月26日
・ワーグナー:『ローエングリン』より第三幕への前奏曲
 1965年2月
・ワーグナー:『ワルキューレ』よりワルキューレの騎行
 1965年2月

CD2
・モーツァルト:『フィガロの結婚』序曲
 1965年2月23日
・モーツァルト:交響曲第39番
 1965年2月23日
・シベリウス:トゥオネラの白鳥
 1965年2月23日
・シベリウス:交響曲第7番
 1965年2月23日
・ワーグナー:『ローエングリン』より第三幕への前奏曲(別テイク)
 1965年2月23日
・ワーグナー:『ワルキューレ』よりワルキューレの騎行(別テイク)
 1965年2月23日

CD3
・ヒンデミット:交響曲『世界の調和』
 1965年2月26日
・ストラヴィンスキー:バレエ音楽『ミューズの神を率いるアポロ』
 1965年2月26日

CD4
・ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
 1965年2月28日
・バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタの為の音楽
 1965年2月28日
・オネゲル:交響曲第3番『典礼風』
 1965年2月28日

CD5
・チャイコフスキー:幻想序曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 OP.32
 1972年1月27日
・チャイコフスキー:交響曲第5番 OP.54
 1972年1月30日
・ワーグナー:『神々のたそがれ』-「ジークフリートの葬送行進曲」
 1972年1月26日
・ワーグナー:『ワルキューレ』-「ワルキューレの騎行」
 1972年1月26日

CD6
・ワーグナー:『タンホイザー』-「ヴェヌスベルクの音楽」
 1972年1月27日
・ブラームス:交響曲第3番 OP.90
 1972年1月27日
・ショスタコーヴィチ:交響曲第6番 OP.54
 1972年1月27日
 
CD7
・ベートーヴェン:交響曲第4番 OP.60
 1972年1月29日
・ベートーヴェン:交響曲第5番 OP.67『運命』
 1972年1月29日
・ワーグナー:『神々のたそがれ』-「ジークフリートのラインへの旅」
 1972年1月26日


これからPCに録音し、メモリプレーヤでせっせと聴かせて頂きましょう。
我が家でCDを聴ける環境は・・・

ステレオ・メインシステムに接続されたレーザディスク・プレーヤーと、
このノートPCだけなんです。

しかし、いつもながら有難いことです。 感謝しています。


posted by fronte360 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-CD/LP/DVD音盤捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四天王寺へ

3月23日(土)、日本橋での買い物帰り、大江神社から愛染さんへと歩き、
いずれも聖徳太子と縁のある寺社、ここまでくれば四天王寺を目指します。
四天王寺は、聖徳太子建立七大寺の一つであります(四天王寺さん)。

P3233732
P3233732 posted by (C)fronte360

谷町筋に建つ歴史の道の標識。 道の向こうに見えるのが天王寺のハルカス
すぐ近くに見えますが、1.5Kmほど離れているはずです。 大きいなぁ。

P3233733
P3233733 posted by (C)fronte360

谷町筋を渡り、参道を進みます。 徐々に人が多くなります。
中之門より境内に入りましたが、けっこうな人出です。
よく考えたら、23日はお彼岸ですもんね。

P3233734
P3233734 posted by (C)fronte360

中之門をくぐった南側には、地蔵堂

P3233736
P3233736 posted by (C)fronte360

明治時代に近郷などより集めた有縁無縁の地蔵尊がここに合祀されていて、
廃仏毀釈によって捨てられたものも多くあるのでしょうか。
今は綺麗に手入れされておられ、この日も数名が手入れされていました。
だから近くに寄っての撮影はちょっと遠慮したしだい、また来ましょう。

P3233737
P3233737 posted by (C)fronte360

境内の中には、沢山の露店が出ていますねぇ・・・
リサイクル品を扱うお店が多いあくのが目につきました。

P3233744
P3233744 posted by (C)fronte360

中央伽藍に向かって進みますけれども、それはまた次回ということで・・・

P3233745
P3233745 posted by (C)fronte360

P3233741
P3233741 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

カセットテープ考

カセットデッキ復活作戦 AKAI GX-R70 より俄かにカセットがマイブーム。

埋もれていたカセット・キャビネットよりテープを発掘しては聴いてますが、
当時のカセットテープのなんと多彩なこと。 そして色々な発掘があります。

P3273802
P3273802 posted by (C)fronte360

SOUND BREAK と書かれたこのカセットは、日立家電販売株式会社製。
オープンリールのごとく、カセット内でテープがリールに巻かれています。
ちょっと(かなり)珍しいテープですが、性能はイマイチ・・・

このテープ、リール部分の重量が負荷になるのでしょうか、
トルクが弱くなった(ベルトの伸びた)このデッキでは途中で止まってました。
今は、なんとか動いているって感じかな、時おりアレっ・・・
音揺れがあるか? 気のせいか?(前科があるので) って感じです。

TDKがカセットテープ製造から撤退しましたが、
日立マクセルやソニーのブランドは今でも健在のようです → ココ
(ソニーは、日立マクセルのOEMになったようですけれど)

かつて買ったレコードはカセットに録音、カセットばかり聴いてました。
レコードが減るのが嫌だったので・・・

そしてカセットケースには、嗜好を凝らしたレーベルを挿入し、
背ラベルはケント紙を切って作ったラベルに手書きで書いたものでした。
これは、松任谷由実 REINCARNATION をダビングしたもの

-DOLBY- は、DOLBY-B のノイズ・リダクションをかけたもの
ETP-90221 は、レコード番号
C-52 は、カセットテープの規格・52分用のテープってこと。
(C-52 って珍しいですね)

背ラベルをきちんと体裁を整えて書くことに慎重になってましたね、
ケースを並べるときちんと見えるので、そんな体裁にこだわってました。

P3273803
P3273803 posted by (C)fronte360

カセットデッキの復活で懐かしいことを思い出します。



posted by fronte360 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 貧者のオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛染坂・愛染堂勝鬘院

3月23日(土)、日本橋での買い物帰り、大江神社へお参りしたあと
愛染坂を振り返ります。

P3233712
P3233712 posted by (C)fronte360

愛染坂の由来となった愛染堂勝鬘院(通称:愛染さん)

P3233713
P3233713 posted by (C)fronte360

この寺は聖徳太子が開いた施薬院に始まると伝えられ、四天王寺別院。
寺領は、鎌倉幕府5代執権・北条時頼から寄進されたそうです。

P3233715
P3233715 posted by (C)fronte360

施薬院が勝鬘院と呼ばれるようになったのは、
このお寺で聖徳太子が勝鬘経というお経を人々に講ぜられていたため。

P3233720
P3233720 posted by (C)fronte360

金堂には愛染明王が祀られており、愛染明王信仰の普及とともに、
勝鬘院全体が「愛染堂」と通称され、親しみを持って「愛染さん」に。
愛染明王は「恋愛・縁結び・家庭円満」などをつかさどる信仰の対象ですが、
この桂の霊木の前で語り合った男女は、何があっても幸せな結末が訪れる・・・
そんな伝説が残る「愛染かつら」とはこの木

P3233716
P3233716 posted by (C)fronte360

このハートマークで縁どられたいかにもな木札がありまして、
大阪大空襲で表面は焼けたものの、生き残ったことなどが書かれてました。
とにかく、「愛染かつら」って本当にあったんですね。

P3233717
P3233717 posted by (C)fronte360

さて、この愛染堂勝鬘院の金堂裏にあるのが、多宝塔。

P3233723
P3233723 posted by (C)fronte360

推古天皇元年(593年)に聖徳太子による創建と伝えられ、
慶長2年(1597年)、豊臣秀吉によって再建された大阪市最古の木造建造物。
国の重要文化財に指定されています。

P3233725
P3233725 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする