最近の記事

2013年01月22日

南 沙織、ひとかけらの純情

奥さんが先週末より風邪で寝込んでいて・・・ ついに・・・
うつったのでしょうか、何となく気だるく、熱っぽくもありますけれども、

「風邪なんかひかない」「ひいてたまるか」そんな強い思いで退治しましょう。
基本、風邪薬は服用しないんです。 だって風邪薬を服用すると風邪をひくし、
インフルエンザの予防接種なんてもっての他です。 気合で乗り切りましょう。

さて、気合だけでは疲れるので、緊張と緩和・・・
今宵は、南沙織さまの8枚目のスタジオ・アルバム「ひとかけらの純情」

P1223058
P1223058 posted by (C)fronte360

1974年2月21日発売。 10枚目のシングル「ひとかけらの純情」も好きですよ、
イントロのコーラスから始まるのが、印象的ですね。

 恋のはじめの日を 誰かここへ連れてきてほしいの・・・

P1223059
P1223059 posted by (C)fronte360

でもシングルB面としてリリースされた「透き通る夕暮れ」がまた名曲です。
個人的には、こちらの方が好きなくらいです。

 愛してさよならをして
 今もまだ待ち続けてる
 待つだけですべては 行くかもしれないけど


そしてB面は、外国曲のカバー集となっていますが、これがまたいいんですね。
このことについては、また別途述べたいと思います。

side A
 ひとかけらの純情
  作詞:有馬三恵子、作曲・編曲:筒美京平
 音楽会場にて
  作詞:有馬三恵子、作曲・編曲:筒美京平
 いとしい傷
  作詞:有馬三恵子、作曲・編曲:筒美京平
 涙のひとつふたつ
  作詞:有馬三恵子、作曲・編曲:筒美京平
 透き通る夕暮れ
  作詞:有馬三恵子、作曲・編曲:筒美京平
 殉愛
  作詞:有馬三恵子、作曲・編曲:筒美京平

side B
 TOP OF THE WORLD
  作詞・作曲:John Bettis・Richard Carpenter、編曲:水谷公生・矢野誠
 AND I LOVE YOU SO
  作詞・作曲:Don Mclean、編曲:水谷公生・矢野誠
 HARLEM SONG
  作詞:Michal Kricorian、作曲:Miroslav Konecny、編曲:水谷公生・矢野誠
 AUBREY
  作詞・作曲:David Gates、編曲:水谷公生・矢野誠
 HALF-BREED
  作詞・作曲:Al Capps・Mary Dean、編曲:水谷公生・矢野誠
 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG(やさしく歌って)
  作詞:Norman Gimbel、作曲:Charles Fox、編曲:水谷公生・矢野誠




posted by fronte360 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知・青春18きっぷの旅、須崎にて

1月2日、土佐神社への初詣のあと、気の向くまま須崎へやってきましたが、
お正月だし、時間もなく駅前散策の続き

P1022944
P1022944 posted by (C)fronte360

貨物駅の雰囲気がありますね。
かつて、ここから水産物を始めとする貨物が出ていったことを想像させます。
目を転じると、駅舎にそびえる椰子の木も印象的ですけれど、

P1022946
P1022946 posted by (C)fronte360

駅舎の手前、イラストが描かれている建物が目につきますよね・・・
須崎駅開運トイレ はぴれっと だそうです。
埋め込まれた案内板を読んでみます。

P1022943
P1022943 posted by (C)fronte360

ようこそ!須崎駅開運トイレ・はぴれっとへ
こちらは、須崎のパワースポット「須崎駅開運トイレ・はぴれっと」です。
平成22年3月に市民の活動と協力により「日本一、運が付くトイレ!」として誕生しました。
金運、恋愛運、合格運、健康運、総合運といった開運にちなんだモチーフを運気向上に役立つと言われるパワーストーンを使って表現しています。使用している天然石(パワーストーン)はヒラオカ宝石より寄贈してしただき、壁面のレリーフは須崎工業高校のユニバーサルデザイン科の生徒がデザインと製作を行いました。
神秘的な力を持つパワーストーンの効能により運気向上への期待ができます。
災い流して運がつく、皆様の運気が上昇しますことを願っております。

須崎駅前開運隊


P1022949
P1022949 posted by (C)fronte360

さっそく中に入ってみると、こんな感じ。
小用のみ借用させていただき、個室に入らなかったので運がついたかどうか??

P1022948
P1022948 posted by (C)fronte360

ということで、汽車の時間も近づいてきたので改札を抜けてホームへ。
向こう側のホーム、須崎にやってきた汽車が折返し、土佐山田行きとなります。

P1022951
P1022951 posted by (C)fronte360

陸橋を渡っていると、下りがやってきました。 おもちゃのような1両編成。

P1022952
P1022952 posted by (C)fronte360

P1022953
P1022953 posted by (C)fronte360

窪川行き、これに乗ると土佐久礼にも行けますけれども、今度にします。
写真の手前、左側の土佐山田行き(3両編成)に乗り込みます。

P1022958
P1022958 posted by (C)fronte360

さすがに誰もおりませんので、車内の記念撮影です。
都会で生活している方には、珍しい座席配置かもしれませんね。

P1022961
P1022961 posted by (C)fronte360

この先にはまた今度・・・ 須崎よさらば、また来る日まで。

posted by fronte360 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする