最近の記事

2013年01月21日

ミシェル・プラッソンのCD頂きました

ブルー・マンディ、気だるい会社での一日が終った直後
思わぬCDの頂きものがありました、いつものNさんより、8枚ものCD。

すべてミシェル・プラッソンのCD。
ということは全集でも買われたのかな・・聞くのを忘れましたけれども、
ブルー・マンディ明けもあって、喜んで、有難く頂いて帰りました。

P1213056
P1213056 posted by (C)fronte360

■EMI フォーレ/レクイエム、ラシーヌ讃歌 バーバラ・ヘンドリックス(S)、ヨセ・ファン・ダム(Br)、ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団、サン・セバスチャン合唱団(東芝EMI CC33-3513)

■EMI フォーレ/管弦楽曲集(第1集)・ペレアスとメリザント、マスクとベルガマスク、シャイロック ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ市立管弦楽団ほか(東芝EMI CE33-5136)

■EMI フォーレ/管弦楽曲集(第2集)・バラード、エレジー、子守唄、幻想曲、魔神たち、カリギュラ、抒情劇「ペネロプ」前奏曲 ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ市立管弦楽団ほか(東芝EMI CE33-5137)

■EMI オネゲル/交響曲第1、2、3番 ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・カピトール管弦楽団ほか(東芝EMI TOCE-11128)

■EMI オネゲル/交響曲第4、5番、パシフィック231 ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・カピトール管弦楽団(仏EMI CDM 7 64275 2)

■EMI サン=サーンス/糸杉と月桂樹(オルガンと管弦楽のための)、誓い(3つの交響的場面) ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・カピトール管弦楽団、マティアス・エザンベール(org)(東芝EMI TOCE-9464)

■EMI フランス名交響詩集:デュカス/交響詩「魔法使いの弟子」、フランク/交響詩「呪われた狩人」、ラッザーリ/交響詩「夜の印象」、デュバルク/交響詩「レノール」、サン=サーンス/交響詩「死の舞踏」、デュパルク/交響詩「星たちに」 ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・カピトール管弦楽団ほか(東芝EMI TOCE-9159)

■EMI ゾーゲ/バレエ音楽「旅芸人」、管弦楽のための組曲「パリの風景」 ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・カピトール管弦楽団ほか(東芝EMI TOCE-11130)


これからパソコンで録音します。 感想はそのあとということで・・・
ステレオ・サブシステムに接続していたCDプレーヤ兼用DVDプレーヤ、
諸般の事情より取り外されて、この部屋ではCDが聴けなくなっているのです。

あくまでも部屋ではアナログ・レコード、そんな拘りはないつもりですが・・・

posted by fronte360 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-CD/LP/DVD音盤捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知・青春18きっぷの旅、須崎へ

1月2日、土佐神社への初詣を終え、土佐一宮駅より高知駅へ。
駅前スーパーで食材などを調達、須崎行きのJRに乗り込みましたが・・・
思い立ち、終点の須崎まで行ってみることに、気ままな青春18きっぷの旅。

16時過ぎ、須崎に到着。

P1022935
P1022935 posted by (C)fronte360

あても無くやってきたので、まずは帰りの汽車の時間を確かめるべく改札へ。
その時、向かい側ホームに停まっていた「あんぱんまん」が出てゆきました。

30分ほどしたら戻りの汽車があるのを確認し、駅前散策するも・・・
さすが正月2日ではどこも開いてないし、時間もないのですぐに駅に戻ります。

P1022937
P1022937 posted by (C)fronte360

「かわうそのまち須崎市」の観光マップで想像を膨らませましょう。

P1022938
P1022938 posted by (C)fronte360

本当は、ここより先の土佐久礼駅に行きたかったのですけれど、
お目当てもお正月はお休みなので、良い季節を選んで行ってみたいものです。

P1022936
P1022936 posted by (C)fronte360

駅舎の脇によくあるSLの動輪が置いてありますね。
あまり興味はなく、ふらふらと近寄ってから、驚きました。 なるほどねっ。

P1022942
P1022942 posted by (C)fronte360

なんとここ須崎が土讃線発祥地。 高知県国鉄発祥の地のプレートもあります。
高知県下で初めての鉄道が敷かれた土地であることを知りました。
日下駅までの25Kmが大正13年3月30日開通(高知駅は同年11月15日開通)。
港から資材、機関車を運んだのだそうです。 先人の苦労・熱意が偲ばれます。

P1022940
P1022940 posted by (C)fronte360

「高知線の歌」
  飛魚おどる黒潮を
  わたりて来つる錦浦湾
  須崎駅より高知線
  栄ゆる港あとにして


番号がありません、ということは、きっと1番でしょう。

posted by fronte360 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする