最近の記事

2013年01月10日

春鹿(はるしか)・酒粕

奈良を代表する酒蔵のひとつ今西清兵衛商店
その代表的銘酒「春鹿」の酒粕がご近所スーパーに並んでいたので迷わず捕獲。

P1093009
P1093009 posted by (C)fronte360

300グラム、262円。
これで酒粕といえども純米の春鹿をいただけるのですから有難いものです。

自宅では、昨年の手術騒ぎ以来、当方には禁酒の刑が執行中なんですけど、
酒粕は大丈夫なんです。 看守の目の前で美味しく頂いております。


posted by fronte360 at 19:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 13-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知・青春18きっぷの旅、大晦日の商店街

12月31日、早朝より年末の片付け、掃除などをしていたら昼前になりました。
みずほ銀行の支店が堀詰にあるので、土電に乗って高知市街へ。
堀詰の一つ手前、大橋通りの商店街入口

PC312786
PC312786 posted by (C)fronte360

何やら看板が立ってますよ。 顔を覗かせる穴まで開いてますね。
「大橋通り仮面」

PC312787
PC312787 posted by (C)fronte360

主演は、広末涼子ならぬ、広末遼子
他のメンバーもよく見ると文字が違いますけど高知県人ですね。 郷土愛。

PC312788
PC312788 posted by (C)fronte360

商店街の中に入ってみると、観光客はほとんどおらず
地元の方で賑わっているようです。

PC312789
PC312789 posted by (C)fronte360

帯屋町の商店街へと曲がって歩いているときに、思い出しました。
商店街を抜け、電車道を渡り、はりまや橋商店街に入って進むと、ありました。
「魚の棚商店街」

PC312790
PC312790 posted by (C)fronte360

同じ名前の「魚の棚商店街」、明石にもありますが、ここは実にこじんまり。
しかも大晦日だから、ほとんどお店も開いていなくて残念。

PC312794
PC312794 posted by (C)fronte360

案内板には以下のように書かれていました。
寛文年間(1661-1671)、三代藩主山内忠豊によって開設され、藩政時代の台所をあずかる町としてにぎわいをみせた。
開設時に西側の屋根から日覆けを掛け渡すことを特に許されたのはこの地だけであった。
以来、三百数十年今なお道幅天幕とも昔の名残りをとどめる町として今日も皆様から愛され生き続けています。


PC312795
PC312795 posted by (C)fronte360

店舗数は28ほど、魚を扱う店が多くあって、
数百種類のコロッケを販売する惣菜店も人気なんだそうです。 → ココ
今度また来てみましょう。

posted by fronte360 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする