2012年10月08日

マヌーグ ・パリキアン、モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3・4番

ステレオ・サブ・システム稼動記念、コンサートホール・ソサエティ盤大会。
シックな色合いにヴァイオリンの駒のストロボ撮影、粋なジャケットです。

モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
 マヌーグ ・パリキアン(vn)
  ワルター・ゲール指揮 ハンブルグ室内管弦楽団

PA051960
PA051960 posted by (C)fronte360

マヌーク・パリキアンもコンサートホール・ソサエティで見かけますけれども、
ロンドンフィルやフィルハーモニア管弦楽団でコンサートマスターを務め、
かのデニス・ブレインや、ピアニストのコリン・ホースレーと組み、
室内楽でも活躍したアルメニア出身の名ヴァイオリニスト。

ワルター・ゲールのサポートにもよるのでしょうが、しっかりとした構成感、
軽快さもあるので古臭いという感じはしませんけれど、モーツァルトとしては、
やや前時代的な演奏のような気がします。 きちっとした演奏です。

第3番の序奏、ゲールのしっかりとした演奏が終ると、満を持しての登場、
勢い込んで飛び出すパリキアンの響きがやや上ずって聴こえるように思います。
しかしこの艶やかな響きがパリキアンの特徴でしょう。

響きに色香があり、艶かさを感じますけれど、ちっともいやらしくなく、
とても聴きやすい音楽を作って、曲の魅力とも相俟った第3番が好きかな。
第2楽章の囁くようなソロは逆に落ち着いた語らいにも好感が持てます。
第4番はより落ち着いた演奏であるように思いますが悪くないです。

ステレオ録音。 ジャケットに「full STEREO」の赤いシールが貼ってますが、
レコードのレーベルには「LONG PLAYING STEREO」と書かれています。
正真正銘のステレオ録音には違いありませんが、
ソロ楽器にスポットライトを当てたようなコンサートホール盤らしい録音かな。

posted by fronte360 at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若江岩田・点景

10月6日(土)、近鉄奈良線・若江岩田駅に降り立ちました。
この駅もいつも通過するばかり、降りたのは始めてです。
東花園駅で乗り換えた普通電車を見送ります。

PA061963
PA061963 posted by (C)fronte360

奈良方面・下り線が高架となり、難波方面・上り線も来年には高架になります。
上り線に残っていた懐かしい木製の長ベンチ、河内花園にも残っていますが、
高架駅になるまであと少しの命となってしまいました。 温もりが有るのですが・・・

PA061964
PA061964 posted by (C)fronte360

地下改札を抜け、踏切を渡って高架線路沿いに八戸ノ里方面に歩きます。

PA061966
PA061966 posted by (C)fronte360

高架工事用のフェンスには、近畿日本鉄道奈良線・連続立体交差事業の看板。
看板によると、八戸ノ里〜瓢箪山を、第1〜第5工区に分けて工事されており、
ここは第1工区で、若江岩田駅を含む950mの高架工事とのことです。

PA061968
PA061968 posted by (C)fronte360

各工区には、それぞれキャラクターが居るようです。
東大阪らしくそれぞれラグビーの格好をしているキャラなんですけど、
特に印象に残ったのは第3工区担当の「アメノコヤネノカミ」(天児屋根神)
天の岩戸にお隠れになった天照大神、しかしあまりにも美しい声に聴きほれ、
ついに岩戸を開けさせたという美声の持ち主のカミサマであります。

PA062016
PA062016 posted by (C)fronte360

藤原氏(中臣氏)の祖先神で、春日大社を造ってお祀りされたことから、
この地にある吉田春日神社(通称ラグビー神社)にもおられます。
その縁で第3工区を担当されているようです。
しかし、どの工区も神話のカミサマが担当されているわけではなく、
単なる若者だったり、伏字になったキャラもいるようで、ちょっと謎・・・
ちなみに第4工区担当は「津原神社の亀」がイメージされていました。

PA062017
PA062017 posted by (C)fronte360

津原神社は、河内花園駅の南側にある式内社だそうで、今度訪問しましょう。
さて、そろそろ目的地に到着しますけれども、それはまた次回・・・

posted by fronte360 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

中森明菜 / ファンタジー〈幻想曲〉

以前より気になっていた、単身赴任時代より放置されていた庭木の剪定・・・
というと上品ですが、要するに伐採を断行しました。 荒れ放題だったので。
朝9時前から11時半まで、まだまだ遣り残していますが、疲れたので終了。

昼メシ食ったら、急激に睡魔が襲ってきて、午睡。
身体の節々はまだ少々痛いですが、いい運動と睡眠補給になりました。
検定試験の勉強はまったく進んでいませんけれど・・・

昨夜、一昨夜とユーミンを聴いていたので、今宵はハイファイセットか・・・
いえいえ、中森明菜さんを出してきました。

PA072022
PA072022 posted by (C)fronte360

中森明菜さんの3枚目のアルバム「ファンタジー〈幻想曲〉」
1983年3月23日発売。 3枚目のシングル「セカンド・ラブ」を収録しています。

でも一番聴きたかったのは・・・

 過ぎ去りし夢の間を泳いでゆく私
 こんなにまだ好きでごめんね
 目をとじて小旅行(イクスカーション)


B面1曲目「目をとじて小旅行(イクスカーション)」
やわらかく歌って素適ですが、翳りを感じさせるあたり、とっても魅力的です。

そしてA面3曲目「アバンチュール」

 軽いサンバのリズムによって ウウ
 アバンチューに
 あなたに抱かれ踊るなんて
 しゃれた気分ね


しっかりと伸びやかに歌っていて、巧いなぁ。
そして軽く、明るいアレンジ、バックの演奏も好演です。

どの曲を聴いても、声にはまだ若さ(幼さ)が残っていますけれど、
ロングトーンでの伸び、語るような歌、巧さが光っています。
そしてA面1曲目のナレーションもまた印象的です。

なおバックの演奏ではベースラインがよく聴こえてきますけれど、
岡沢章、高水健司、渡嘉敷祐一、島村英二などがしっかりと脇を固めています。
歌謡曲アイドルのアルバムですが水準高いです。

Side A
 明菜から……。    作曲:萩田光雄
 瑠璃色の夜へ     作詞:来生えつこ、作曲:佐瀬寿一
 アバンチュール    作詞:岡崎舞子、作曲:森一海
 にぎわいの季節へ   作詞:大津あきら、作曲:木森敏之
 傷だらけのラブ    作詞:伊達歩、作曲:芳野藤丸

Side B
 目をとじて小旅行   作詞:篠塚満由美、作曲:茂村泰彦
 セカンド・ラブ    作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお
 思春期        作詞:売野雅勇、作曲:芹澤廣明
 Moreもっと恋して   作詞:伊達歩、作曲:米倉良広
 アイツはジョーク   作詞:中里綴、作曲:福島邦子

posted by fronte360 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メナーエム・プレスラー、ショパン/ピアノ協奏曲第2番

ステレオ・サブ・システム稼動記念、コンサートホール・ソサエティ盤大会。
このジャケットのデザインもシンプル、黄色地に白い鳥と青い文字のインパクト。

ショパン/ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 op.21
メンデルスゾーン/ピアノ協奏曲第1番ト短調 op.25
 メナーエム・プレスラー(p)
  ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団

PA051959
PA051959 posted by (C)fronte360

メナーエム・プレスラーもコンサートホール・ソサエティでは見かけますが、
一般的にはあまり知られていないピアニストではないでしょうか。
ジャケットの解説では以下のとおり。

イスラエル系のピアニストであるが、ドイツに生れ、今次大戦中はアメリカに渡って同地で活躍した。1946年にはサンフランシスコのコンクールで、ドビュッシー賞を受けている。シューマン、ショパンなどのロマン派ピアノ曲の他、ドビュッシーやバルトークも得意のレパートリーとしている。

ショパンのピアノ協奏曲第2番、2番ながら第1番よりも先に書かれた若い作品、
それだけにピアノ独奏部分の独りよがり度の高い作品であると思いますけれど、
プレスラーは、やや強いタッチで歌い上げていって、結構面白く聴けます。
こんな感じの曲だったかな、と新鮮な感じも受けます。

新鮮なといえば、伴奏のスワロフスキーも管楽器を追加しているのでしょうか、
伴奏部分に耳なれないクラリネットの響きが聞こえたりもして面白く、
また覇気の感じる伴奏は、スワロフスキーにしては良い伴奏かもしれません。
ただし第1楽章終結部の後奏をカット、あっという間に終って吃驚しました。

メンデルスゾーンのピアノ協奏曲、粒立ちの良いタッチで進む両端楽章の迫力、
しかし荒々しくはなくて、第2楽章の細やかな表現でも線が細くならず、
凜とした上品さも感じられ、いいと思いました。
伴奏はやや硬直気味のようで、これはスワロフスキーらしさでしょう。

ステレオ録音ですが、あまり奥行きが感じられないような感じだけれども、
特定の伴奏楽器がやや浮き上がるように聴こえてきたりもして、
これもまたコンサートホール盤らしい録音のような気がします。

posted by fronte360 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長榮寺(ちょうえいじ)

29日、式内鴨高田神社を出て向かった先は北隣にある、百済山・長榮寺。

聖徳太子による開基と言われ、太子自ら本尊十一面観世音菩薩を刻んで安置、
百済からの渡来僧の入法をもって創建、よって山号を百済山と称されるお寺です。
考古学者には、聖徳太子が四天王寺と飛鳥寺を建立した後、
その中間にあたるこの地にも建立した説を唱えておられる方がいるようです。

P9291926
P9291926 posted by (C)fronte360

境内の中に入って真っ直ぐ先には護摩堂

P9291940
P9291940 posted by (C)fronte360

この手前、本堂前には立派な山門があります。
長栄寺の境内全体が大阪府文化財保護条例で史跡に指定されているそうです。

P9291939
P9291939 posted by (C)fronte360

中世に戦火で荒廃するも江戸中期・延享元年(1744年)高僧慈雲尊者により再興、
本堂を造営するも文政8年(1825年)に全焼し、同年に再建されたとのこと。
その本堂の前には、慈雲尊者の像が威厳正しく据えられております。

P9291935
P9291935 posted by (C)fronte360

慈雲尊者は、江戸時代後期、大阪が生んだ真言宗の高僧です。
若くして、顕教、密教、神道と宗派を問わず学び、密教の呪術的解釈を排し、
梵語の文法を研究、梵文で書かれた仏教教典を正しく読解することに尽くして、
戒律を重視する「正法律」(真言律)を提唱されました。
その初めて戒律の講義を行なったのが、この長榮寺であったそうです。

しかしながら、境内には色々な像が並んでおります。 厄除けもあれば

P9291928
P9291928 posted by (C)fronte360

水掛不動さんもおられますし、

P9291929
P9291929 posted by (C)fronte360

この方は、福禄寿でしょうか。 木彫りですね、それも立ち木で彫った??
北海道で見たらコロポックルと間違えられそうですよ(失礼)。

P9291930
P9291930 posted by (C)fronte360

涅槃堂の上には、優しそうなお顔ですが、不動明王でしょうか。

P9291937
P9291937 posted by (C)fronte360

ペット供養もされるそうで、多彩です。
あと、境内の奥に行かなかったので「雙龍庵」を見逃してしまいました。

「雙龍庵」は、慈雲尊者が宝暦8年(1758年)生駒山中・長尾の滝の上流に隠棲、
修行のために建てられた草庵で、ここに移築、保存されているのでした。
ここで千巻にも及ぶ梵語研究の大著『梵学津梁』を著されたとのこと。

なお境内に入ったすぐ脇に開山堂があります。

P9291941
P9291941 posted by (C)fronte360

失礼して扉の隙間より中を写させてもらいました。

P9291942
P9291942 posted by (C)fronte360

中央に慈雲尊者の像が据えられております(合掌)

P9291943
P9291943 posted by (C)fronte360

なお扉の脇には、こんな貼り紙もありました。

P9291945
P9291945 posted by (C)fronte360

http://twitter.com/jiunsonja
今流ですが、惜しむらくはガムテープで貼らないで欲しかったことかな。

長榮寺、慈雲尊者のことも勉強できて、色々と興味深いお寺でありました。
(おしまい)
posted by fronte360 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

荒井由実 / YUMING BRAND (ユーミン・ブランド)

昨日の反省で、午前中というか正午間近でしたけれど、若江岩田を散歩、
なかなか良い神社にもお参りでき、そればまた後日紹介したいと思いますが、
1ℓの野菜ジュース×2本、1ℓの牛乳×1本、重い買物をして戻ってきました。

そろそろ本腰を入れて検定試験の勉強もせねばならないのですけれど・・・
昨夜「MISSLIM」を聴いたので、今宵は「YUMING BRAND」(ユーミン・ブランド)

1976年6月20日発売、荒井由実名義での初のベストアルバム
「COBALT HOUR」(1975年)と、「14番目の月」(1976年)の間に出てました。

PA062018
PA062018 posted by (C)fronte360

このアルバムを聴くと思い出すのは札幌のユースホステルかな、
所属していたクラブでの遠征で宿泊したとき、朝に流れていたように思います。
それまでラジオで単発で耳にしていた曲が一気に流れてワクワク・・・
ベスト盤なんで当たり前なのですけれど、いいなぁ、と思ったのでした。

帯広で誰からレコードを借りたのかな(アームの持ち主Yくんだったかな)
カセットテープに録音したもので長く聴いていました。

ああっ、それからもう35年もの歳月が流れているのですねぇ。
ちぃっとも成長しないうちに朽ち果てようとしているようで愕然とします。

Side A
 あの日にかえりたい
 少しだけ片想い
 やさしさに包まれたなら
 魔法の鏡
 ルージュの伝言

Side B
 12月の雨
 瞳を閉じて
 きっと言える
 ベルベット・イースター
 翳りゆく部屋

posted by fronte360 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オッテルロー、ベートーヴェン/交響曲第7番

ステレオ・サブ・システム稼動記念、コンサートホール・ソサエティ盤大会。
ジャケットのデザインも可愛いですが、色使いがまた落ち着いて好きです。

ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調 op.92
ベートーヴェン/序曲「シュテファン王」op.117
 ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団

PA051958
PA051958 posted by (C)fronte360

オッテルローもコンサートホール・ソサエティには多数録音を残していますが、
残念ながら日本では一般的には人気の無かった指揮者の部類に入るでしょう。
オランダの実力派指揮者ではあったのですけれど。

ベートーヴェンの交響曲第7番、いわゆる「のだめ効果」でよく耳にしますが、
天邪鬼なんで、レコードで落ち着いて聴いたのは、久しぶりな気がします。

気を衒わず、正面をしっかりと向いた演奏ながら劇的であり、
しなやかさをも感じさせるのは、オッテルローの特質であると思いました。
ウィーン音楽祭管弦楽団、実際はウィーン交響楽団の録音用名称なので・・・
と解説に書かれているように、引き締まった低弦などに安定感を感じます。
なかでも第3・4楽章に彼の上手さがよく出ているのではないかな。

手持ちの盤はややスクラッチノイズを拾いますけれども、
モノラル録音ながら全般的に細部までよく捉えられた録音であると思います。
ただし残念なのは第4楽章、ホルンの強奏が引っ込んでしまって聴き取り難く、
フィナーレでは、録音レベルが急に下げられ、音像が急に遠のいてしまいます。
ちょっと興ざめ・・・、それだけ燃え上がった演奏を拾いきれなかったのか・・・
とにかく残念な録音でした。

なお「シュテファン王」序曲は、躍動感あるプレスト部分のノリの良さ、
管楽器ソロは少々チープで朴訥とした味わいながら、弦との絡みの妙も味わえ、
この曲をこんな風に面白く聴いたのは初めてかもしれません。

posted by fronte360 at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

式内鴨高田神社

9月29日(土)、週末に台風接近との報が流れていましたので、
晴れ間がまだ見えているうちにと、 近鉄奈良線・河内永和駅に降り立ちました。
目的地は、駅の北方に鎮座している式内鴨高田神社

P9291902
P9291902 posted by (C)fronte360

「式内」とは延長5年(927年)に編纂された「延喜式神名帳」に記載されている、
つまり当時より存在している古い神社ですよ、ってこと。
全国で2861社が記載されているそうです。

P9291904
P9291904 posted by (C)fronte360

創建は白鳳2年(673年)、鴨(賀茂)氏の一族が祖神を祀ったに始まるそうで、
祭神に速須佐之男命及び大鴨積命(素盞鳴命の十一世孫で、鴨氏の開祖)。
中世に岩清水八幡宮領となり、神功皇后・応神天皇を合祀、八幡宮と称した、
との記載がありました。

P9291917
P9291917 posted by (C)fronte360

この近辺、こちらに戻ってからの散歩を始めて知ったのですが、
先の大戦での空襲による被害ではなく、元和元年(1615年)の大坂夏の陣
この兵火で社殿等が焼失している例が多く、この神社も例外ではありません。

P9291906
P9291906 posted by (C)fronte360

大坂夏の陣ののち数年を経て再建とあるので、地元の信仰の厚さが伺えます。
なお現在の社殿・拝殿は、明治14年(1907年)の再建によるものとのこと。
昭和38年に花火の失火で本殿・檜皮葺屋根が半焼、銅板による葺き替え修理、
また阪神淡路大震災での被害より、耐火・耐震補強も行われたそうです。

P9291907
P9291907 posted by (C)fronte360

拝殿の前の狛犬は新しいものでパスしましたけれど、
入ることが出来ない本殿前の狛犬、これがなかなかの迫力、力作です。

P9291908
P9291908 posted by (C)fronte360

さて、お参りを済ませて、境内を散策。
女性の方がお一人で掃除をされており、掃き清められた境内が気持ち良く、
陳腐な表現になってしまいますが、心も洗われるようです。

P9291915
P9291915 posted by (C)fronte360

本殿は、樹木と玉垣に囲まれ、荘厳な雰囲気を醸し出しています。
先日伺った神社の工事用フェンスはいただけませんでした。

P9291914
P9291914 posted by (C)fronte360

境内にある末社の鴨戎社。

P9291918
P9291918 posted by (C)fronte360

単なる石造かと思いきや、これがご祭神、裸のままむき出しで祀られています。
戎さんの傍らの鯛も、そう言われて見ると、なかなかの迫力。
ご利益ありそうな感じ。

P9291920
P9291920 posted by (C)fronte360

拝殿西側の樹齢約1000年といわれる樟(クスノキ)、
雷が落ちたのでしょうか、焼けた跡があって幹が残る程度になっていますが・・・

P9291923
P9291923 posted by (C)fronte360

通称「お駒樟」と呼ばれ、その昔、お駒狐が棲んでいたとか、
お駒という女性がこの木に呪詛の釘を打ち込んで願が叶えられたのだとか。
そう言われてみると、そんな雰囲気ありますね。

P9291921
P9291921 posted by (C)fronte360

鴨高田神社、駅から200mほどの近さなのに落ち着く場所でした。
さて、次の目的地はこの神社の北側にありますが、それはまた後ほど・・・

posted by fronte360 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

荒井由実 / MISSLIM (ミスリム)

臨時休業日、結局どこにも出かけず、玄関に新聞を取りに出ただけの1日。

ステレオ・サブ・システム稼動記念のコンサートホール・ソサエティ盤大会・・・
これも少しやりましたけれども、今聴いているのはユーミン・荒井由実

1974年10月5日発売、荒井由実名義でのセカンドアルバム「MISSLIM」

PA051962
PA051962 posted by (C)fronte360

A面、2曲目の「瞳を閉じて」から「やさしさに包まれたなら」
「海を見つめていた午後」「12月の雨」と続くあたり、ぐっ、ときますね。
一気に高校生時代に戻ってしまいます。

「やさしさに包まれたなら」、『魔女の宅急便』のエンディングテーマではなく、
不二家のソフトエクレアなんかを思い出してしまう世代なんです。

「海を見つめていた午後」、1975年にハイ・ファイ・セットが歌ってました。
こちらのほうが正直印象が強いですけどね、青春の曲に違いありません。
ちょっと背伸びしたかった高校生には・・・

Side A
 生まれた街で
 瞳を閉じて
 やさしさに包まれたなら
 海を見ていた午後
 12月の雨

Side B
 あなただけのもの
 魔法の鏡
 たぶんあなたはむかえに来ない
 私のフランソワーズ
 旅立つ秋


posted by fronte360 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012-11月の関西アマオケコンサート情報(追加)

11月に、阪神で開催されるアマオケ関連の演奏会について追加投稿します。
芸術の秋が深まっていますね、今月も色々とあります。

11/4:三田市民オーケストラ 第14回定期演奏会
11/18:加東フィルハーモニー管弦楽団 第6回定期演奏会
11/18:箕面市民オーケストラ オータムコンサート

我太呂さん。 いつも有難うございます。

 ●

今日は臨時休業、お休みを頂きました。

3連休に1日加えた4連休、高知に行くつもりでしたが、諸般の事情で取止め、
(土佐鶴の新酒が出るのは11月が理由ではありません)自宅に引篭り中。

休みというのに午前3時半に目覚めて起きてしまったので、少々眠いですが、
コンサートホール・ソサエティ盤大会でもしましょうかね・・・
いい天気なのになぁ。