2012年06月15日

難波神社(なんばじんじゃ)

坐摩神社を出て、御堂筋を少し南にゆくと難波神社(なんばじんじゃ)

P6090555
P6090555 posted by (C)fronte360

ここの境内には、花菖蒲(ハナショウブ)がたくさん綺麗に咲いてました。
後で分かったのですが、前日8日が「菖蒲(しょうぶ)神事」だったそうです。

P6090558
P6090558 posted by (C)fronte360

神社の御神紋が花菖蒲であることより、
境内で育った花菖蒲を御神前に御供えする神事なのだそうです。
菖蒲を刈り取る所作のある神楽「菖蒲刈り」が二人の巫女が舞うのだとか。

P6090556
P6090556 posted by (C)fronte360

境内には、大きなクスノキもあって、市内中心部最古の楠だそうです。
戦災で火傷を負いながらも逞しく生き残っていることより、
この木に触れると力が頂けるとのこと。

P6090561
P6090561 posted by (C)fronte360

なお、難波神社の主祭神は仁徳天皇、配祀は素盞嗚尊(すさのおのみこと)。
反正天皇(はんぜいてんのう)が父・仁徳天皇を祭神として創建されたとか、
在任期間 406〜410年の頃でしょうか。

古事記・日本書紀の世界ですね、あまりピンときませんが・・・

なお今年は古事記編纂1300年、8年後に日本書紀が編纂1300年を迎えるため、
平成32年までの9年間は「記紀編纂1300年」プロジェクトが催されてます。

奈良でも「なら記紀・万葉プロジェクト」を地味にやってますよ。
これを機会に幕末から離れ、ちょいと興味を持って勉強しましょうかね。

.

posted by fronte360 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする