2012年02月29日

湯島天神・梅まつり

2/20の月曜日、お休みを頂いて会社を休んでましたけれど、
湯島天神の梅まつりに行ってきました。

IMGP7850
IMGP7850 posted by (C)fronte360

こちらに来てから3回目の梅まつり。
日本各地で梅の開花が遅れているようですねぇ。

IMGP7853
IMGP7853 posted by (C)fronte360

ここ湯島も同様で・・・ 咲いていても、一分ってところかな。

IMGP7864
IMGP7864 posted by (C)fronte360

さすが拝殿の脇には太宰府天満宮からの紅白の梅鉢が置いてましたけどね。

IMGP7861
IMGP7861 posted by (C)fronte360

会期末の3/8までにはなんとかなるのかな・・・

IMGP7858
IMGP7858 posted by (C)fronte360

.

posted by fronte360 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

小台七庚申 〜 小台湯

先週の土曜(2/18)、荒川土手を降りて向かったのは小台七庚申
屋根が白いのは、光っているのではなく前夜の雪が残っていたから。
いつもと変わらず待ってくれているようでした。

IMGP7709
IMGP7709 posted by (C)fronte360

明治44(1911)年、荒川放水路の開削工事計画地にあたった庚申塔ですが
下川家の方がここに集めて祀られたそうです。 いわば民衆の記録ですね。

詳細は拙ブログの記事にあるので省略します。

ここを離れて向かったのは小台公園ですが、その前にあった銭湯・小台湯

IMGP7711
IMGP7711 posted by (C)fronte360

よく見ると・・・ 鶴の彫り物があったり・・・

IMGP7714
IMGP7714 posted by (C)fronte360

玄関、入口の真正面にあるのは・・・
傘立てですよね・・・ 1本1本、個室になってますよ、いいなぁ〜

IMGP7715
IMGP7715 posted by (C)fronte360

もとより朝の散歩中なんで入浴できませんが、
検索してみると、銭湯好きの方が入られた記事がありました。
なかはレトロなものは少ないようですが、井戸水で沸かしたお湯だそうです。

そういえば東京の銭湯も25年ほど入ってませんね。
行かなくちゃ・・・

.

posted by fronte360 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

御徒町・吉池、お酒のパラダイスが一時閉鎖

ビルの老朽化のため、本館は2月末、お魚館は3月末で一時閉鎖され、
駅の反対側での仮設店舗による営業となるそうです。

IMGP7867
IMGP7867 posted by (C)fronte360

この写真は 2/20のときのもの。
このタイル貼り(?)のビルも取り壊しなのですね・・・ 残念やなぁ。

IMGP7869
IMGP7869 posted by (C)fronte360

そして何より常時2,500アイテム以上、250坪売場に並んだ世界中のお酒。
パラダイスやったんですけどね・・・

IMGP7868
IMGP7868 posted by (C)fronte360

御徒町駅ホームからの光景もあと少しで見納めです。

.

posted by fronte360 at 05:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

今日の不忍池

土曜昼まで研修、その後の睡眠不如意でぐったりと・・
しかも今日は曇天で、昼前までゴロゴロしてましたけど思い切って外出。

部屋を出て南へ歩いてゆくと、30分ほどで上野公園に入るのですが、
今日はちょっと方向を変えて、池之端から不忍池へ

IMGP7882
IMGP7882 posted by (C)fronte360

カモメさんたちもどこか寒そうですけれど、ボートは綺麗ですよ。

IMGP7886
IMGP7886 posted by (C)fronte360

池に浮かぶボートをよく見てみると、カモメさんが羽を休めてますね。

IMGP7887
IMGP7887 posted by (C)fronte360

どおいうことなんでしょうか・・・
とにかく、ここは人も鳥もボートも共生している空間であるようです。

IMGP7890
IMGP7890 posted by (C)fronte360

.

posted by fronte360 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月の関西アマオケコンサート情報(追加)

3月に、京阪神奈滋で開催されるアマオケ演奏会について追加投稿します。


3/3:アンサンブル・ツヴァイ 創立二十周年記念演奏会
3/3:慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ 京都公演
3/4:Jフィルハーモニー管弦楽団 第18回演奏会
3/10:関西学院室内合奏団 第16回定期演奏会


我太呂さんより頂いた情報ですね。 ありがとうございました。

.
posted by fronte360 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザルツブルクのミラベル宮におけるモーツァルト音楽会

「空想の音楽会」と題されたシリーズもののレコード
1968年発売のペラジャケ仕様の国内盤レコードを聴いています。

人気があるのかCD化されて、現在もまだ Amazon で購入可能ですね。
CDでは第26巻ですが、レコードでは、シリーズ-9 となってます。

IMGP7879
IMGP7879 posted by (C)fronte360

1.ビーバー
  バス独唱,弦楽合奏と通奏低音のための「夜警のセレナード」
2.ムファット
  2つのヴァイオリン,チェロ,弦楽合奏と通奏低音のための協奏曲第11番
3.カルダーラ
  弦楽と通奏低音のためのトリオ・ソナタ ロ短調
4.M.A.モーツァルト
  ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ ホ長調
5.L.モーツァルト
  弦楽と通奏低音のための交響曲ト長調
6.M.ハイドン
  交響曲ハ長調

ヤーコブ・シュテンプフリ(B)、
ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル(vn)、ハンス・ビュンデ(vn)、
ベティ・ヒンデリックス(vc)、グンター・カーラウ(クラウザン)
カール・リステンパルト指揮ザール放送室内管弦楽団

モーツァルト父子が仕えたザルツブルク大司教、
そこの音楽家の作品集となりますが、いずれも美しい音楽たちですね。
演奏もまたリステンパルトらしい楷書タッチの名演奏だと思います。

昨夜は夕方よりうたた寝して22時に目覚めたので、案の定、睡眠に失敗して、
寝不足ではありますけども、そんな頭にも心地よく響きます。

.

posted by fronte360 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

ファブリ世界名曲集59 イタリア・ルネサンス傑作集

年末、レコファン渋谷BEAM店より救出したファブリ世界名曲集より

IMGP7878
IMGP7878 posted by (C)fronte360

●ジョスカン・デ・プレ
  「ヘキサコードによるミサ ロム・アルメ」より、あわれみの賛歌
  シャンソン「千々の悲しみ」
   プラハ・マドリガーレ合唱団
   ミロスラフ・ヴェンホーダ指揮ウィーン古楽集団

●パレストリーナ
  「教皇マルチェルスのミサ」より、あわれみの賛歌
   フェルディナント・グロスマン指揮ウィーン・プロ・ムジカ合唱団

  モテトゥス「バビロンの川のほとりにて」
   グィード・カミルルッチ指揮レッコ・アカデミア合唱団

●アンドレア・ガブリエリ
  第12旋法によるリチェルカーレ
   レナート・ファイト(ポジティヴ・オルガン)
   エミリア・ファディーニ(チェンバロ)

●ジョヴァンニ・ガブリエリ
  モテトゥス「主よ賛歌を聞きたまえ」
   プラハ・マドリガーレ合唱団
   ミロスラフ・ヴェンホーダ指揮ウィーン古楽集団

●モンテヴェルディ
  マドリガーレ「わたしの魂は」
   イタリア五重唱団

 「童貞マリアの挽課」よりマリア賛歌「めでたし海の星」
   ルチアーナ・ティチネルリ・ファットーリ (S)
   チェッティーナ・カデロ (S)
   アドロアーノ・フェルラリオ (T)
   ジュゼッペ・フェルラリオ指揮
    ポリフォニカ・アンブロジアーナ合唱団・合奏団

  オペラ「アリアンナ」より、アリアンナの嘆き
   カルラ・シュリーン(S)
   ジェヌツィオ・ゲッティ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
   マルエルラ・ソレルリ(チェンバロ)

このレコードが出ていた1973年当時のことについて、
皆川達夫さんによる平明で丁寧な解説文に以下のように書かれています。

バロック即ヴィヴァルディ、ヴィヴァルディ即<四季>の傾向があるのもまた事実でありまして、初期・中期バロックの傑作、さらにそれ以前の中世やルネサンス期の音楽というと、ほとんど聞かれもしないし、知られてもいないのも確かなようです。
たとえば、この巻に収められたルネサンスの音楽について、わが国に音楽愛好家たちはどの程度の認識をもっているでしょうか。

たしかにその通りでしたね。
今もその傾向は、多少愛好家は増えたとしても、変わっていないかな・・・
ともかく、この時代にとってこの巻は指南書であったように思います。

さて当方、昼の3時過ぎよりお刺身で日本酒を頂いて夕方には沈没してまして、
10時過ぎにようやく復活し、コーヒー片手にこの音楽に身を任せています。
本書にも、身を任せて聴くように、と書かれていますね。

これは良いものを捕獲しました。

.

posted by fronte360 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研修終って、ようやくの週末

金曜朝から研修で町田オフィス、今朝も昼まで町田オフィスでした。
天気が良いと、帰り道に寄り道し、存分にアチコチ歩き回るのですけど、
生憎の雨模様で、田端銀座の魚屋でイカとアジを買って部屋に戻りました。

IMGP7876
IMGP7876 posted by (C)fronte360

久しぶりにアジの刺身を作ってみました。
イカのお刺身は3週連続かな、休みのたびに作っている感じかな。

IMGP7877
IMGP7877 posted by (C)fronte360

そして最初の一杯は「司牡丹」ですわ。 美味しい!
あとは安酒で濁してゆきますけど、ようやくのお休みですね。

.

posted by fronte360 at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

荒川土手

18日の土曜日、キーンを空気は冷たいけれどもゴミ出しついでの早朝散歩。
富士見坂で富士山を拝めましたが、更に進んで荒川土手まで行ってきました。
ここは西新井橋、ここから北・写真で左へと進みます。

IMGP7658
IMGP7658 posted by (C)fronte360

前夜の雪化粧で綺麗ですね。

IMGP7659
IMGP7659 posted by (C)fronte360

ここから土手を歩くと・・・ 風が冷たくてかつ強い・・・
でもね、ここから富士山が見えるわけです。

IMGP7662
IMGP7662 posted by (C)fronte360

よく分からないと思いますが、アップにしました。
肉眼では、はっきりと見えたりします。

IMGP7663
IMGP7663 posted by (C)fronte360

富士山好きなんですが、やはり日頃見慣れてない関西人やからかな・・・
スライドショウを貼っておきましょう。



.

posted by fronte360 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

185系で、久しぶりの出勤

かつては7時24分発・伊東行き、521M電車で毎日出勤していましたが、
震災以後の間引運転で一時休止、以降7時1分発・小田原行きが日常となり、
先日の休日出勤時に思い立ち、久しぶりに乗ってみました。
特急「踊り子」を使った普通電車ですね。

IMGP7779
IMGP7779 posted by (C)fronte360

倒れ方は少ないけどリクライニングシート、平日は混み合いますけれど・・・
休日はこのとおり閑散とした状況。 のんびりとした休日出勤です。

IMGP7782
IMGP7782 posted by (C)fronte360

品川駅は改造工事中。 東京駅から上野への線路を敷いていて、
品川はそのための折返し駅となり、線路の敷き直しをやっているのですが、
この青いパイプが見えました。 知る人ぞ知る青いパイプですね。

IMGP7783
IMGP7783 posted by (C)fronte360

アップにすると・・・立会川・送水管・・・
品川駅工事で湧き出た地下水を立会川までパイプで運んでます。
立会川の浄化に役立てているんですね。

IMGP7784
IMGP7784 posted by (C)fronte360

立会川、京急の立会川駅前には坂本龍馬レプリカ銅像も立ってますけれど、
数年前、水質浄化の影響からかボラが大挙押し寄せたこともありました。

ここからの線路際、横浜方面に向かって左の線路脇の青パイプ、
大森の手前で見えなくなりますが、電車は蒲田を過ぎて川崎へ。
多摩川を渡るとき、生憎の曇天で富士山は霞んでいて、
この座席なら、バッチリと富士山を撮ることが出来たのですけどね、残念。

IMGP7789
IMGP7789 posted by (C)fronte360

川崎駅で 521M電車を見送りました。

.

posted by fronte360 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする