最近の記事

2011年08月11日

男と女のお話

世間はお盆休みですが、明日も(明後日も)出勤で、そろそろ寝よう・・・
と、思いながらも、長女に帰省のバス切符を予約をしていて、
ついでにネットのニュースを見ていたら・・・
日吉ミミさんがお亡くなりになったようそうですね。



64歳、膵臓ガンだそうです。
日吉ミミさんというと、この動画「男と女のお話」で突き放すような歌唱、
これがセールスポイントでしたけれど・・・

大阪人にとっては「虹のまち」のテーマソング、ではないでしょうか。

検索してみましたが、権利関係で削除されているようです。 残念。
♪おぉ〜さかぁ、みなみのぉ〜、にじぃの〜まちぃ〜♪

また聴いてみたいものです。

.


posted by fronte360 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 11〜12-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月末で公開休止「船の科学館」・青函連絡船「羊蹄丸」

帯広での学生時代、津軽海峡のこの船上・後甲板で撮った写真があります。
青函連絡船もよく利用していて、羊蹄丸のマークとともに撮ったものです。

IMGP5915
IMGP5915 posted by (C)fronte360

十和田丸、八甲田丸、摩周丸、大雪丸、松前丸とかありましたけど、
羊蹄丸のマーク、イルカと蝦夷富士・羊蹄山、これが好きでした。

IMGP5942
IMGP5942 posted by (C)fronte360

船内はパビリオンと化してますけど、この船に乗るために歩いてきた・・・
といっても過言ではありません。

IMGP5938
IMGP5938 posted by (C)fronte360

昭和30年代の青森駅の様子を体感できる「青函ワールド」

IMGP5940
IMGP5940 posted by (C)fronte360

会社の同僚にはイマイチだったようですが、
昭和50年代の青森駅を知る者としては、当時の青森駅にも、
これらの空気がまだ残っていたように思います。

IMGP5936
IMGP5936 posted by (C)fronte360

ここにはディーゼル機関車や、客車も状態よく保存されていますが・・・
引き受け手が無いと、やはりスクラップなのでしょうか。

IMGP5934
IMGP5934 posted by (C)fronte360

とにかく、9月末までにはまた来よう!!

 ●

暑いですねぇ〜 今日を乗り切れば・・・お盆休み・・・ではなく、
システムの移行作業ですわ。

お盆に予定されている同窓会もパスし、出勤・出勤・予備日?・お休み?

.

posted by fronte360 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

9月末で展示公開休止「船の科学館」・南極観測船「宗谷」

南極観測船というと今年1月30日に乗船した「SHIRASE」こと「しらせ」

IMGP3662
IMGP3662 posted by (C)fronte360

でも・・・ その初代は、なんたって「宗谷」ですね。
同年代にとって南極観測船というと「宗谷」が真っ先に思い浮かぶはずです。

IMGP5932
IMGP5932 posted by (C)fronte360

「船の科学館」に係留してある「宗谷」に乗船してきました。

IMGP5918
IMGP5918 posted by (C)fronte360

こんな小さな船でよく南極まで行ったものだという感じですけれど、
そもそも南極観測船として作られたものではなく、本来商船として造られ、
戦時中は軍艦としても利用された船とのことだそうです。

IMGP5920
IMGP5920 posted by (C)fronte360

船内もかなり小さくて、今の日本人なら窮屈な感じですね。

IMGP5919
IMGP5919 posted by (C)fronte360

ここでもエンジンに興味がありました。
8気筒エンジン、2,400馬力の2ストロークでしたね。

IMGP5926
IMGP5926 posted by (C)fronte360

今でも船籍を有しているそうです。

IMGP5927
IMGP5927 posted by (C)fronte360

大海原を泳ぐこともできるのでしょうけれど、
肝心の「船の科学館」の公開休止でどうなることでしょうね。

IMGP5924
IMGP5924 posted by (C)fronte360

カモメも心配してます。

IMGP5917
IMGP5917 posted by (C)fronte360

.

posted by fronte360 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

もう立秋なんですね

日曜日、皇居・東御苑を通って東京国立近代美術館に向かっているとき、
ツクツクボウシの鳴き声に、我が耳を疑いましたが、もう立秋なんですね。

IMGP5955
IMGP5955 posted by (C)fronte360

この二の丸庭園、人も少なく、花も少ない季節ですが、
それがかえって癒される感じもしました。 ちょっとした森林浴気分。

IMGP5958
IMGP5958 posted by (C)fronte360

汗を拭い、ゆっくりと歩いて、ゆったりとした時間を味わいました。
ツクツクボウシの季節なんですね。

IMGP5959
IMGP5959 posted by (C)fronte360

そして向かったのは江戸城の天守台

IMGP5963
IMGP5963 posted by (C)fronte360

この向かいにあるのが「桃華楽堂」

IMGP5964
IMGP5964 posted by (C)fronte360

音楽好きの香淳皇后(昭和天皇の皇后)の還暦記念として建設された音楽堂、
鉄仙の花弁を形どった屋根と八面体の珍らしい建物ですが・・・
よく見ると、正面に雛人形を発見しました。

IMGP5965
IMGP5965 posted by (C)fronte360

調べてみると、鬼瓦の代わりとして金色の雛人形が飾られたのだそうです。
後方のホール壁面は、有田焼や信楽焼などが用いられているそうです。

日月星・衣食住・風水火・春夏秋冬・鶴亀・雪月花・楽の音・松竹梅など
これらがあしらわれているとのこと。 小宇宙ですね。

.

posted by fronte360 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

9月末で展示公開を休止の「船の科学館」

先にも書いたとおり、土曜日に会社の同僚とともに行ってきました。

IMGP5944
IMGP5944 posted by (C)fronte360

これは裏側から見た写真、手前に南極観測船「宗谷」が係留されてますが、
建物も船の形をしていて、なかなかに個性的ですよね。

入口手前に置いてある、超伝導を利用した実験船ヤマト1の推進装置
電磁石の原理で水を排出して動くようです。

IMGP5908
IMGP5908 posted by (C)fronte360

館内では、その動く原理をフレミングの法則を用いて説明してましたし、
こちらはジェット機のエンジンを使ったタービン・エンジンですね。

IMGP5910
IMGP5910 posted by (C)fronte360

こちらも半分は透明にしていて、判りやすい説明音声が流れてました。
その後方には、巨大なディーゼルエンジン。
窓のような中に、巨大なクランク・シャフトが見えて、少々興奮。

IMGP5909
IMGP5909 posted by (C)fronte360

前にも書きましたが、落ちこぼれながら農業動力学研究室に居ましたし、
クラブは自動車部に所属して、エンジンの整備もやってましたしね。

IMGP5911
IMGP5911 posted by (C)fronte360

これは帆船を上から撮ったところ・・・ これも動力ですな。
あとで気付いたら、沢山の展示のなかで写真撮ったのは動力関係ばかり。

IMGP5912
IMGP5912 posted by (C)fronte360

潜水艦、こちらも潜水艦が沈んで、浮かぶ仕組みを示したパネル
これが判りやすくてね、吉村昭さんの小説「深海の使者」を思い出しました。

IMGP5907
IMGP5907 posted by (C)fronte360

いろいろと発見もあった「船の科学館」
9月末まで、通常 700円だった入館料金が 200円になってます。 お勧めです。

.

posted by fronte360 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

サッポロ・クラシック、北海道三昧

今朝、東京駅から皇居・東御苑を抜けて竹橋の東京国立近代美術館まで歩き、
帰りも東御苑を通って東京駅、一足伸ばして八重洲側まで歩いて戻りました。

八重洲では北海道のアンテナショップ、ここに行って以下を捕獲。
サッポロ・ビールの北海道限定「サッポロクラシック」

IMGP5989
IMGP5989 posted by (C)fronte360

麦芽100%生ビールだからだけじゃなく、コクがあって、美味しいんですね。
まだ明るい時間ですけれど、部屋に戻って、冷凍室でキンキンに冷やしましたよ。
一緒に買った「粒うにいかさし」、まろやかなイカとウニで、絶妙マッチング!!

IMGP5991
IMGP5991 posted by (C)fronte360

ビールに枝豆はつき物ですが、右側に写っているのは鳥の砂肝を焼いたもの。
これも美味いんですよね。 小皿には、高知のゆず塩を入れて、頂いています。
北海道も高知も美味いものが多いのが共通点。 幸せな土地ですね。

IMGP5992
IMGP5992 posted by (C)fronte360

とにかく、これだけで収まるはずもなく、それを見越して買ってきた
オホーツク珍味「ホタテ貝ひも」、帆立貝のミミの部分を干したものですよ。
これに日本酒、今は大関の純米生貯蔵酒とともにいただいています。

本当は帆立貝のミミの部分、生、お刺身で頂くと美味しいんです。
帯広時代はスーパーで買った帆立、自分で捌いて、生食としてましたね。
酢醤油で食べるとコリコリとして美味しくて貝柱の部分よりも好きでした。
懐かしいなぁ〜

.

posted by fronte360 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 11-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸城

110807_1051~0002.jpg天守台、いい天気

posted by fronte360 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

船の科学館

JR田町駅より歩いてレインボーブリッジを渡り、お台場に行き、
ちょっとその先にある、船の科学館まで、会社の同僚と歩いてきました。

IMGP5907
IMGP5907 posted by (C)fronte360

この施設、仕事で何度かやってきましたけれど、展示を見るのは初めて。
でも、予想以上にメカニカルな内容に驚きました。

日頃、江戸の名残のある所を歩き、美術館に行き、音楽を聴いてますが、
農業動力学研究室に居た(落ちこぼれ)理系人間だったこと、
思い出しましたね。

この施設も9月末で展示公開を休止するそうで、
青函連絡船の「羊蹄丸」は引き受け先がなければ、解体されるそうです。

IMGP5943
IMGP5943 posted by (C)fronte360

残念なので、今度は一人で歩いて来て、心ゆくまで観てみたいと思います。
なお、今回のこともまた後日ということで・・・ 

.

posted by fronte360 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はし

110806_1415~0001.jpgお台場に向かって

posted by fronte360 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パガニーニ / ヴァイオリンとギター 第1集

昨夜は、ようやっと一週間終えた開放感に浸りながら、
残り少なくなったバーボンを頂いて、サラ・ヴォーンを聴いてましたが・・

IMGP5890
IMGP5890 posted by (C)fronte360

アップロード記事を入れている最中、誤操作で記事が飛んで、力尽きました。

2日連続、部屋の中で行き倒れ状態・・・ 畳の上でうたた寝ですわ。
でも今日は夜中になんとか布団を敷いて、寝直しできましたけどね。
でも慢性の早朝覚醒なんで、うつらうつら、で7時には起床し、ゴミを出し、
早々に巣鴨のマーケットに行ってきて、9時前に戻ってきましたよ。

IMGP5891
IMGP5891 posted by (C)fronte360

シャワーを浴びてサッパリとし、アイスコーヒーを頂きながら、
今朝は、パガニーニのヴァイオリンとギターの音楽集にしました。
なかなか綺麗で気にっているジャケットです。

このレコード、いつどこで買ったのか記憶が定かではありませんけど、
ジャケットを見た瞬間に購入を決めたものです。
レコードの楽しみは、ジャケットを眺める楽しみもありますしね。

演奏も、軽やかさと伸びやかさがあります。
伸びやかに響くヴァイオリンが旋律を歌い、ギターの撥弦が心地よく弾んで、
そしてパガニーニらしいエキゾティックな雰囲気も漂ってワクワク・ウキウキ。
意外といっては失礼ですが、上品な音楽ですよ。

こらから午前中はゆっくりと休み、午後のお出かけに備えましょう。

.

posted by fronte360 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-LP/CD/DVD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする