2011年03月26日

バーボン、テキーラ・ムーン、べっぴんさん

せっかくの休みなのに体調イマイチですけれど、
久しぶりに御徒町の吉池に行き、バーボン「Ancient Age」を買いました。
今年になって洋酒を買ったのは初めてですし、バーボンは半年ぶりでしょうか。
でもって、鮮魚館を通り抜けていたときに、ふっと目に付いたのが「小鯛煮干」

IMGP4058
IMGP4058 posted by (C)fronte360

コレってバーボンに合うかもね、とさっそく購入しました。
こんな感じになりました。

IMGP4059
IMGP4059 posted by (C)fronte360

レコードは、桑名正博の「テキーラ・ムーン」をかけてます。
バーボンなんですけどね。

桑名正博、帯広での学生時代より聴いてますけれど、カッコイイですね。
父親の急死によって家業の桑名興業(荷役の会社)を継いで社長さんですが、
今でも関西ローカルで歌っているようです。 とにかく懐かしいな。

しっかし、この小鯛ちゃん、見れば見るほど可愛いですよ。 べっぴんさん。

IMGP4060
IMGP4060 posted by (C)fronte360

このような煮干があるの知りませんでした。

,

posted by fronte360 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 11-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倉敷にて、大原美術館分館、倉敷市立美術館

遊心亭にて休憩のあと、お庭の向こう側にある大原美術館分館へ

IMGP4003
IMGP4003 posted by (C)fronte360

ここは、いつもながら近代日本絵画が置いてあるところですが、
今回は「生誕130年 児島虎次郎」という企画展一色でした。
児島は、自身も画家であったのですが、
依頼されて大原美術館の礎となる西洋美術のコレクション収集をした人です。

学生時代、旅先でキャンバスと油絵具がなく白木綿にペンキで描いた肖像画や
欧州で光と色彩を得て、更に晩年は中国・朝鮮を訪れて描いたものまで、
彼の画業を回顧する展覧会、分館全部を使っての展覧会でした。

IMGP4004
IMGP4004 posted by (C)fronte360

個人的には、少々暗いけれども欧州こ渡る前、日本での作品が好きでした。
カラフルなのは、ちょっとしんどくって(すみません)・・・
本当はね、ここの古賀春江の絵を見たかっただけに、ちょっと残念でした。

IMGP4005
IMGP4005 posted by (C)fronte360

せっかく倉敷まで来たので、美観地区もちょっと覗いてみました。

IMGP4006
IMGP4006 posted by (C)fronte360

いつもながらの賑わいですので、ささっとここを通って、
倉敷駅から伸びて中央通りを渡って、先に進むと、倉敷市立美術館

IMGP4009
IMGP4009 posted by (C)fronte360

平成21年度新収蔵品を中心にした「肖像画は語る」というコレクション展
常設展示ですね。 入館料 200円というのも可愛いところです。

IMGP4008
IMGP4008 posted by (C)fronte360

正直、大原に比べると見ごたえは・・・ですが、落ち着いた場所です。
ちょっと閑散としすぎ、ということも言えますけれどね。

IMGP4007
IMGP4007 posted by (C)fronte360

ここを出て、倉敷市立自然史博物館、ここも可愛くて素敵な所ですが・・・
この建物に併設されている無料休憩所で持ってきたお茶を飲み、また休憩。

まったりとしたので、商店街を抜けて駅へ向かって、帰路としました。
なんか休んでばかりの日帰り倉敷旅行でした。

.

posted by fronte360 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする