2011年03月09日

万葉文化館・井上稔展に行ってきました

日曜日、奈良の橿原神宮前駅よりバスに揺られて奈良県立万葉文化館
井上 稔展 −奈良に魅せられて− 」という展覧会を見てきました。
(写真をクリックすると拡大します)

inoue2011-tsuika-L.jpg

ちょうど最終日、井上さん、ご本人の講演も2時からありましたが、
おっとり刀で出かけたので3時到着、しかも食事をしてから
4時頃からのゆっくりと鑑賞となりました。

IMGP3921
IMGP3921 posted by (C)fronte360

奥さんが図録を買おうといったん会場を出ると、
井上さんのサイン会、しかももうひとしきり終わった最後だったようです。
一人の方がサイン受けておられただけで、先生のサインいかがですか・・
と言われるままに、奥さんも買った図録にサインをもらってました。

サインをもらったあと、もう一度、展示をゆっくりと鑑賞。
奈良を題材にした日本画、初期のエネルギーあふれるものから、
現在の写実的なものまで、回顧展的な感じにも思えました。 いい展示でした。

個人的には、新発見の《肥後橋》、
油絵みたいでしたけれど、若さからくる、ひたむきさ、みたいなもの
それが画面から出ていて、一番惹かれるものを感じました。

ちょっと薄暗くなったころに会場を出ると・・・せんとくん

IMGP3922
IMGP3922 posted by (C)fronte360

見慣れる、ってことは恐ろしなぁ、って改めて思いますよね。

小雨そぼふるなか、またバスに乗って戻りました。
天気がいいと、飛鳥寺、石舞台、橘寺、甘樫丘、雷丘などなど
歩いて回りたいところです。

IMGP3923
IMGP3923 posted by (C)fronte360

この写真の先には、酒船石もあるようなんですけどね・・・
またやってきましょう。

.

posted by fronte360 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする