最近の記事

2011年02月22日

北の蔵人、ふたたび

青森県上北郡おいらせ町の蔵・桃川の「北の蔵人」
御徒町の吉池で、ふたたび捕獲して帰りました。 一升瓶で 950円です。

IMGP3880
IMGP3880 posted by (C)fronte360

今宵は砂肝を焼いたのに、野菜の煮物もありますが、砂肝は・・・
静岡の「塩の茶」、高知の「ゆず塩」、モンゴルの「岩塩」で頂きました。

風邪なのかも・・・ まっ、酒は百薬の長ですものね、風邪薬ということで・・・

.





posted by fronte360 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 11-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都水道歴史館・その1

土曜日、簡易書留の不在票を持って本郷郵便局に行き、
磁気が切れたキャッシュカードの交換品を受け取ってきました。

本郷郵便局、本郷通りの東京大学正門前にあります。 本郷6丁目。
ここから本郷通りを南下、本郷2丁目・壱岐坂上の交差点より入ったところ、
東京都本郷給水所の脇に、東京都水道歴史館があるので見学してきました。

IMGP3828
IMGP3828 posted by (C)fronte360

入場すると、こんなキャラクターが迎えてくれます。

IMGP3848
IMGP3848 posted by (C)fronte360

入場は無料、受付でパンフレットを頂いて、2階から見てくださいとのこと。
階段を上ると、木製の水道管(木樋)がデーンと据えてあります。

IMGP3831
IMGP3831 posted by (C)fronte360

2階は、江戸時代の展示。

IMGP3830
IMGP3830 posted by (C)fronte360

徳川家康が江戸城に入ると同時に、良質な飲料水を得るために上水が造られ、
家光の時代に参勤交代が確立すると、更に多くの人が住むようになって、
そして玉川上水の開削となるのですね。

IMGP3832
IMGP3832 posted by (C)fronte360

工事請負人の庄右衛門、清右衛門兄弟が、開削して通水してみたものの
関東ローム層に染み込んでしまって失敗、次は大岩にぶち当って2度目の失敗。
これで資金が底をついて、自宅を売って資金を作り、ようやく出来たとのこと。

なかなかに興味深いお勉強もできました。

IMGP3829
IMGP3829 posted by (C)fronte360

地中に埋められた木製の水道管(木樋)、船釘を使い、木の皮で隙間を埋め、
なかなか精巧に作られて、明治30年頃まで使われていたようです。

IMGP3833
IMGP3833 posted by (C)fronte360

江戸の長屋、井戸端風景も再現されていて、なかなか凝ってますよ。

IMGP3834
IMGP3834 posted by (C)fronte360

鳥居の向こうにある小屋・・・
何か分かりますかね、厠(かわや)、トイレですね。

.

posted by fronte360 at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする