最近の記事

2010年12月20日

オリヴィエ・メシアン 世の終わりのための四重奏曲

この前の帰省時に持ってきた黒い円盤のレコードを聴いています。

20世紀を代表する作曲家オリヴィエ・メシアンによる自作自演のレコード、
日本コロムビアのパルナス1000シリーズ、フランスのムジ・ディスク原盤です。

IMGP3263
IMGP3263 posted by (C)fronte360

メシアンは、第2次大戦中にドイツ軍の捕虜となって、捕虜収容所に入り、
そこで作曲、初演もされたのが、この「世の終わりのための四重奏曲」
ピアノ、ヴァイオリン、クラリネット、チェロによる四重奏曲です。
このレコードで、チェロを弾いているエティエンヌ・パスキエ、
彼も収容所での初演メンバーです。

曲想は、ヨハネの黙示録10章に基づくとされているようですが、
実は・・・ よく分かっていませんけれども・・・

この曲の持つ神秘的な力・色彩感覚に惹かれて、聴いております。

.

posted by fronte360 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒粕 スキー正宗

日曜日、東大を出たあと、ちょいと思案して御徒町経由で帰宅することに。
土曜は午前のみ出勤とはいえ、7:30出勤で 4:30起きでしたし、
先週は帰省していたので、身体を休めないとね。

しかし、御徒町に行ったら「吉池」は外せません。
お魚館を通り抜けて、やはりトリは世界のお酒売り場。
欲しいお酒は数あれど、今回は「酒粕」を捕獲してきました。

IMGP3261
IMGP3261 posted by (C)fronte360

しかも「スキー正宗」の酒粕。 1Kg で 400円でした。

このアヴァンギャルドなネーミングの「スキー正宗」
新潟県上越市(旧高田市)の武蔵野酒造が昭和初年ころより発売しています。

旧高田市は日本のスキー発祥の地。
明治44年オーストリア軍人レルヒ少佐によりスキーが伝えられたところで、
レルヒ少佐による2年間のスキー指導、その後は旧高田市の陸軍第13師団が、
軍だけでなく民間への普及活動も行っていたようです。

そして、日本のスキー発祥の地として、スキー振興のため、
地元産業界へスキーを冠に取った商品を作ることも奨励したそうで、
武蔵野酒造もそれまで使っていた銘柄を『スキー正宗』としたようです。

復刻版ラベルのワンカップは、以前買って飲んだものですが、
アヴァンギャルドなネーミングとは裏腹なしっかりとした芳醇なお酒
なかなかにしっかりとしたお味でしたし、
実際に酒粕そのものも食べましたが、これはイケますな。

しっかし単身赴任の一人暮らしで 1Kg もの酒粕・・・
これが、けっこう無くなるんですよね。

.


posted by fronte360 at 05:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする