最近の記事

2010年11月30日

サンソン・フランソワ、ショパン/ピアノ協奏曲第1番

ブルーマンデーの気が重い出勤の朝、ショパンのピアノ協奏曲をチョイス
でも、正統というか、異色というか・・・

cc33-3486.jpgサンソン・フランソワ

ルイ・フレモー指揮
モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団

ピアノ協奏曲第1番・第2番

久しぶりに聴きました。
あまりにも遅くはじまる第1番にのけぞりそうになりながら・・・
しかも個性的なテンポというか、即興みたいにも聴こえてくるフレーズ。
計算しているのでしょうか・・・ 

ルイ・フレモー指揮モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団による伴奏
1965年録音ですから、高音弦はやや痩せた音みたいに聴こえますが
これもまた意外と、豪放磊落といった感じ。 重厚ですね。

かつては酔いそうになりながら聴いたように思いますが、
今回は第1番第1楽章の遅さも、けっこう面白く聴けました。 成長したのかな・・・

 ●

今週は月末月初の月次決算の週。
今宵から残業しての待機、定例チェック処理などを行います。
そして明日1日夜は、23時半〜26時頃まで月次締めのチェック処理ですね。

さて、出勤準備しますかね、気合入れてがんばりまっしょい。

.

posted by fronte360 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする