最近の記事

2010年11月18日

ボレット、チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番

ノートPC、何事も無かったかのように順調に回復・・・というか、
元の環境に向けて再構築中、イメージ処理ソフトが行方不明なのが痛いなぁ。
サブで使っていたフリーソフトをインストールしておきました。

さて、帰省時にメモリ・プレーヤに詰め込んできた音源もノートPCに展開、
昨日の通勤時、久しぶりに聴いてよかったのが、コレ

uccd7013.jpgホルヘ・ボレット(p)
シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番

ともにボレットの美音が魅力的な演奏ですね。

華麗なテクニック、時に噛んで含めるようにしながらも、嫌らしくなくって、
このとき既に70歳を超えた老人(?) そんなことは微塵も感じさせないのが
凄いところでしょう。

デュトワの演奏もまた華麗でロマンティックながらも、すっきりとしていて、
特にチャイコフスキーの協奏曲、力で押してバリバリと突き進むことなく、
音楽の襞をなぞるように、ゆったりとした表現がいいですね。

ちょっと間違うと鼻につきそうになるところも
しっかりとかみ合った両者、詩情豊かに歌う演奏にちょっと酔いました。

.

posted by fronte360 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする