最近の記事

2010年10月23日

西島三重子、「Bye-Bye」(1981年)

池上本門寺に行ってきたこともあって、
「池上線」を歌っていた西島三重子さんの黒い円盤「Bye-Bye」をかけました。

1976年、「池上線」をヒットさせた西島三重子さんですが、
このアルバムは、1981年、テイチク・コンチネンタルレコード移籍第1弾で
ニューミュジック系統に分類されるように思います。

hl2007.JPG冒頭の「Lonely Girl」「Bye-Bye」のみ
西島三重子さんが共同作詩し、
全曲、門谷謙二作詩/西島三重子作曲

全10曲、すべて別れ歌となっています。
晩秋にふさわしい選曲でしょうか。

細やかな心情を描く門谷氏の詩と、
その心の襞をゆったりと歌う西島三重子さん、それがマッチした名作ですね。

冒頭の「Lonely Girl」と、ラストの「One O'clock Rhapsody」
どの曲も素晴らしいですが、これらはしみじみとした素晴らしい作品です。

「手をふればさよなら」「面影通り」「あきらめてサンバ」
「いらいらトワイライト」「Because」「愛にながされて」

根暗かもしれませんが、好きです・・・  西島三重子さんの「Bye-Bye」

.
posted by fronte360 at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンペ、ブラームス/交響曲第4番

秋も深まってきましたね。

今朝は池上本門寺に行ってきましたが、そのことはまた後ほどとして、
早めに部屋に戻り、久しぶりにアンプに火を入れ、黒い円盤のレコード鑑賞。

ulx3175b.jpgルドルフ・ケンペ指揮
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ブラームスの交響曲第4番

写真左上の赤いマークは懐かしい「BASF」
テイチクの国内盤ですけれどもね。

小型スピーカのテクニクスSB-X1では低域不足が否めませんけれども
もとよりケンペの演奏は、正統派、正攻法などと書かれていますが、
渋いブラームスではなく、流麗で、自然体なのが魅力です。

.
posted by fronte360 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

品川界隈、子供の森公園

東海寺大山墓地に向う途中、道路の反対側に恐竜を発見!
墓地からの帰り、さっそく寄ってみましたら
子供の森公園といって、ここも品川百景に選ばれていましたよ。

IMGP2754
IMGP2754 posted by (C)fronte360

肉食恐竜のティラノザウルス、草食恐竜のステゴザウルスでしょうか。

IMGP2750
IMGP2750 posted by (C)fronte360

こちらは・・ 自分の時代にはブロントザウルスといってましたが、
最近は、アパトサウルスといわれているものでしょうかね。
長い尻尾の上に橋がかかってますよ。

IMGP2762
IMGP2762 posted by (C)fronte360

あと、こんな可愛いいのも・・・

IMGP2763
IMGP2763 posted by (C)fronte360

恐竜だけでなく、竜の頭を付けた船もありまっせ。 バイキングの船かな〜

IMGP2759
IMGP2759 posted by (C)fronte360

そして、公園の端、グランドの近くには「中学生」

IMGP2756
IMGP2756 posted by (C)fronte360

君よ
なやみ考えよう
そこから
希望と明日への
力が生まれてくる


と台座に書かれていました。
中学生時代、これを読んでもフンってなものだったと思いますが
こう言いたくなる年齢になってしまいましたね。

.

posted by fronte360 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする