最近の記事

2010年10月19日

山川出版 世界史

世間では「もういちど読む山川世界史」がヒットしているようですね。

自分も受験生の頃、山川出版の世界史の教科書を使って受験しましたし、
何より世界史は得意科目でもあったので、教科書を隅から隅まで読み、
また参考書より、色とりどりの書き込みもして、覚えたものでした。

その時代から、すでに30年以上が経ってしまいましたが、
今また、世界史の教科書を読んでいたりします。

IMGP2790
IMGP2790 posted by (C)fronte360

これは30年前のものではなくて、長女が昨年使っていた教科書ですね。
日本史で受験するとか、不要になったので、先日の帰省時に貰ってきました。

この他にも、生物T・Uの問題集も要らないのがあったので貰ってます。
生物も得意科目でしたけれど、長男の生物Uの教科書を見たら、
まず最初、「生物多様性」が載っているのに、驚きました。

この教科書は貰ってませんが(「しっかり使え」、と言っておきました)
世の中は、知らないうちに、微妙に変化しているのですね。

世界史、自分が覚えた時とは名称等が微妙に変わっているものもあったり、
より詳しくなっていたりと、ふむふむと思いながら、読んでいます。
ただし、読む速度は、亀の歩みよりもノロいのですけれど・・

とにかく、新しいことを覚えること、この年齢ではとても大変で、
硬くなった頭に、新たに知識を注入することは、容易ではありません。
せめて、かつて覚えていたこと、それを少しでも掘起して、脳の活性化・・・
それを図りたい、なんて思っているのですわ。

アルコールを止めれば、脳細胞はもっと活性化するかもしれませんけど・・・

.

posted by fronte360 at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

品川界隈、品川富士

品川神社の前に、富士山です。
といっても、富士山を模した富士塚、ここへの登山がしたかったんです。

まず、第一京浜から見ると、こんな感じ。

IMGP2727
IMGP2727 posted by (C)fronte360

立派ななもので、これが出来たのが明治2年(1869年)だから驚きます。

富士塚とは、江戸時代の身禄に代表される富士山信仰によるものですが
明治にも続いていて、しかも大正11年(1922年)、第一京浜国道の建設のため
西に数10メートル移動してこの地に移ったそうです。

さて登りましょう。

IMGP2694
IMGP2694 posted by (C)fronte360

品川神社への階段の中腹、この左側に登山口があり、
入口脇には、導きの神である猿田彦神社が祀られています。

IMGP2696
IMGP2696 posted by (C)fronte360

ここから1合目、2合目・・・と階段を登ってゆきます。
5合目はちょっとした踊り場になっていますね。
ここから急峻な階段。

IMGP2699
IMGP2699 posted by (C)fronte360

頂上はあと少し・・・

IMGP2700
IMGP2700 posted by (C)fronte360

登頂 !!

IMGP2706
IMGP2706 posted by (C)fronte360

見事な見晴らし、ですね。 遠くに、レインボーブリッジも見えますよ。

IMGP2704
IMGP2704 posted by (C)fronte360

下を見ると、今来た道がこんな感じに見え、なかなか見晴らしよろしい。
気に入りました。

IMGP2707
IMGP2707 posted by (C)fronte360

下山道もあって、立派な富士山。
ただここの階段の石は丸くなっているのもあり、ちょっと注意が必要ですね。

IMGP2709
IMGP2709 posted by (C)fronte360

でも、富士山の裏には「ぶじかえる」とカエルさんが待ってますよ。

IMGP2719
IMGP2719 posted by (C)fronte360

そして富士山といえば浅間神社も立派です。
品川富士、ここお薦めですね。

.

posted by fronte360 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする