最近の記事

2010年10月09日

ブロムシュテット/SKD、シューベルト/交響曲第4番

ブロムシュテットのシューベルトの交響曲は、やはり素晴らしい。

第1番から始まって、第6番まで立て続けに聴いてしまいましたが、
いずれも納得度の高い演奏ですけれど、
tkcc70261.jpg特に驚いたのは、第4番でした。

特に第1楽章、強烈な一撃で開始
序奏のあとスピードを上げてゆきますが、
低弦がぐいぐいと強く弾き、
何よりティムパニが重い響きの強打
これがが印象に残ります。

しかし、これらが波打つように襲ってくるので、
単なる重厚感としてでなく、覇気を持ったしなやかさ、みたいに感じます。

実際かなり力がこもっていて、圧倒させられながら聴き進みました。

「悲劇的」と題された交響曲第4番
この標題や、また暗い感じの序奏で始まるため、ちょっととっつき難い・・・

そんな感じもしていますが、ダイナミックな第1楽章の演奏を耳にすると
ちょっと病みつきになってしまいますね。

シュータツカペレ・ドレスデンで使っているティムパニって、
羊の皮を張っていると聴いたことがあります(普通はプラスティック?)。
ウィーン・フィルもまた革張りのティムパニらしいですけれど、
だから強打しても刺激的な響きに聞えない、のかもしれません。

もちろん管楽器や高音弦楽器も、SKDらしく、刺激的に響くことがなく、
全曲通しても聴き応えのある演奏です。

結局、病みつきになって、第1楽章は3回も聴いてしまいました。

 ●

昨夜無事帰宅して「探偵ナイトスクープ」も堪能しましたが、
本日は朝から雨雨雨・・・

薬師寺に行こうと思ってましたけれど、思案中です。

.
posted by fronte360 at 12:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする