最近の記事

2010年09月06日

ムーティ、シューベルトの交響曲第4番「悲劇的」

このところ、久しぶりにリッカルド・ムーティがウィーン・フィルを振った
シューベルトの交響曲を順次聴いてます。

いずれも指揮者とオーケストラ双方の美観が融合した素晴らしいシューベルト
明るく伸びやかなのは、ムーティならでは、でしょうね。

全集を買ったのではなく、コツコツとバラで集めたのは10年ほど前でしょうか。
その当時もワクワク感もありましたけど、そんなにも強い思い入れは・・・
無かったようにも思いますけど、それはムーティとの縁なのかも。

オペラは積極的に聴かないし、万年青年みないな風貌したムーティって、
なとなく馴染みがなく、今でもちょっと疎遠な指揮者なのですけどね。

でもこのシューベルトの交響曲は聴き込むほどに良さが伝わってくる・・・
そんな感じがします。
toce4088.jpg
この第4番「悲劇的」の演奏も
弦と弦、弦と管の受渡し、
聴けば聴くほどニュアンスのつけ方出
というのかな、ウキウキしてきます。

颯爽と進めていますが、
強引にオケを鳴らしてもいて、推進力のあるカッコ良い音楽を展開しています。

シューベルトは生粋のウィーンっ子
ウィーン・フィルの演奏から迸り出てくるシューベルトの音楽
一味違うものが含まれているのかもしれませんね。

.

posted by fronte360 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春18 円覚寺・舎利殿へ

「青春18きっぷ」の旅で降りた北鎌倉駅に話を戻して・・・
ここから久里浜方面の線路にそって100メートルほど歩くと、円覚寺。

開門すぐなので、お寺の方が綺麗に掃除をされていて清々しい気分になり
拝観料 300円を払うとき、掃除を続けておられる受付の方に思い切って
「おはようございます」と、こちらから声をかけると・・・
明るい声で「おはようございます」と返ってきました。
うん、晴れやかな気持ち。

IMGP2109
IMGP2109 posted by (C)fronte360

外人さん、お爺さん、すでにお参りに来られていました。 早いなぁ〜

IMGP2114
IMGP2114 posted by (C)fronte360

ベンチに座って、お爺さんの長いお祈りのあと、仏殿にお参りします。
ご本尊は宝冠釈迦如来というのだそうです。 天井に龍が描かれていますよ。

IMGP2115
IMGP2115 posted by (C)fronte360

仏殿の横には選仏場と呼ばれる座禅道場。 中には仏像もありました。

IMGP2116
IMGP2116 posted by (C)fronte360

ところで円覚寺に来た目的は、舎利殿を見たかったんです。

IMGP2129
IMGP2129 posted by (C)fronte360

中学生の頃、美術史の教科書(副読本)に載っていた仏像やお寺を
カメラ片手に巡ってました。 大半が奈良・京都なので、ご近所なんですが、
これは鎌倉だったので、ずっと興味を持ったままだったのですね。

その舎利殿、近くで見られるともっとよかったのですが、
円覚寺は、とても閑静でよいところでした。 また来たいですね。

まずは舎利殿までをスライドショウで・・・



国宝の梵鐘などは、また追って紹介したいと思います。

.

posted by fronte360 at 05:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする