2010年07月31日

渡辺貞夫、カリフォルニア・シャワー

昼食時に、ビール(まがい物)で喉を潤したあと
焼酎のロック(ダブルサイズかな)を頂いてテレビを見、しばし午睡 zzz...
言い訳ですけれど、こうでもしないと睡眠不足の解消はままならないのですわ。

1時間弱だったでしょうか、それでも昼からの散歩も辞めて休養、
夕方に、田端銀座から霜降銀座まで足を伸ばした程度で戻って着ました。
それでも1時間ほどウロウロしていたことになりますが・・・
田端近辺は商店街が面白くて、アキません。

さて、夕食は、半額になっていたカレイの縁側の刺身に、
最近のお気に入りで買った、茗荷、冷奴にたっぷりとのせていただきました。

茗荷、なんともいえないスパイシーな日本の味覚ですよね。
茗荷を食べると、物忘れが酷くなる、なんて言いますけどね、好きですよ。
この時期だけの味わい、というのも心踊らされます。

正直に言うと、子供のころ、茗荷や茄子の美味しさが分かりませんでしたが、
この年齢になったせいでしょうか、無性に食べたくなるときがあります。

さて、お腹も満たされましたが、テレビは相変わらず面白くなくて・・・
ステレオ・アンプに火を入れ、黒い円盤のレコードを回してます。

vij6012.jpg今宵はナベサダこと渡辺貞夫の
「カリフォルニア・シャワー」

1978年に100万枚以上をリリースした
ジャズ=フュージョンの名作アルバムです。

資生堂の男性化粧品「ブラバス」
このCMでお馴染みの方も多いのではないかな。

デイブ・グルーシンのイントロに、よく歌うナベサダのアルト・サックス、
爽やかな風が吹くような感じです。

でも、これが流行っていた当時、
軽い音楽として、積極的に聴こうとは思いませんでしたけれど・・・
そんな肩肘張ったことを言わず、気軽に音楽として楽しむのに良いアルバム、
そんな風に思えたのは、ここ数年のことじゃないかしら。

肩の力を抜いて、やっていきまっしょい。

.

posted by fronte360 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜10-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ようやく入手できました、時計工具16点セット

一昨日夜、福山通運の不在連絡票が入ってましたが
当日配達は17時までに連絡せい、というご無体な但し書きがあって
(佐川なら20時まで連絡で21時半を過ぎても再配達してくれるのですけどね)
先ほど、ようやく受け取ることが出来ました。

ネット通販で捕獲した「時計工具16点セット」 送料込み1,480円 です。

100731_01.jpg

実は、自分へのプレゼントとして買ったウェンガーの時計ですが、
バックルの留め金が壊れたので返送したら、新しいのを送ってきたのでした。
またベルトの駒詰めで 1,000円 近く使うのなら・・・ と捕獲したしだい。
しかもポイント使ったので、タダで捕獲できましたものね。

100731_02.jpg

さっそく、ベルトの矢印↑の方向に、この工具でピンを抜き

100731_03.jpg

抜いた方法と逆、矢印↑の方向からピンを差し込んでハンマーで打ちみます。
このとき、ピンの上下にも注意する必要があります。

100731_04.jpg

要は、抜いた方向を覚えておき、またそのとおり組み立てるだけですけどね。
簡単にできあがりました。

一生に何度も使う工具ではないけど、心ときめくものを感じます。
やっぱり機械モノが好きなんですね。

しっかし、ウェンガーの時計
ミリタリィ(MILITALY)軍用と書いてますが、
1ヶ月程でバックルの留め金のピンが壊れるとはね・・・
この時計とは違いますが、クロノグラフでは、
衝撃で秒針の0秒の位置がズレたりもするそうです。

スイス軍の実力、この程度かと思う反面、それで良い、と思ってもみたり。
とにかく、腕時計の復活、よかった・よかった。

.

posted by fronte360 at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンデ、ヘンデル/ブロックフレーテ・ソナタ全集

暑さが戻ってきましたね。 慢性睡眠不足もあって、ちょっとヘバってます。

昨夜、自宅に戻ると眠くて仕方なかったのですけれど・・・
録画していた「交渉人 真下正義」を見ていたら、眠れなくなってしまいました。

映画のクライマックスを彩るクリスマスコンサートの演目が、
ベートーヴェンの「運命」、チャイコフスキーの「花のワルツ」、
そしてキモとなるメインが、ラヴェルの「ボレロ」でしたね。

誰でも知っている曲を並べた・・・って感じでしょうね。

シンバルを打つ音の周波数とシンクロして起爆装置が作動するってことなら、
ドヴォルザークの「新世界」のほうが、選曲的にはしっくりとくるかもな・・・
などと、どうでも良いことを考えてました。

あとテレビだからでしょうか、
エンドロールにオーケストラの名前が出ていなかったようです。
どこのオケだったのかな。 ちょっと気になってました。

さてさて、前置きが長くなってしまいました。

さっき、ちょっとだけうたた寝できて、ちょいと復活した感じ。
眠気覚ましも兼ね、久しぶりにアンプに火を入れ、黒い円盤を回し始めました。

uls3137h.jpgハンス=マルティン・リンデによる
ヘンデルのブロックフレーテ・ソナタ全集

ヘンデルの作品1番の表題のついたソナタ集より
ブロックフレーテのための4曲全てが収録
作品1番といってもヘンデルの最初の作品ではなく
最初に出版されたものですね。

当時のヘンデルは既にオペラやオラトリオなど
イタリアやイギリスでも人気を博していたようですが、
楽譜として出版されたのは、上流市民階級の家庭でも演奏できるもので、
作品1番には、ブロックフレーテ以外に、ヴァイオリン用のソナタが6曲、
フルート用が3曲、オーボエ用が2曲というグループに分かれているそうです。

リンデの笛は、のびやかな旋律を暖かな響きで歌って、心地よいものです。

これが録音された当時、フランス・ブリュッヘンによる斬新ともいえる
モダンで積極的な演奏が注目を浴びていたように思いますが、
リンデは、それよりも古いスタイルかもしれませんけれども、
同じ古楽器でも落ち着いた演奏ですね。 こころ休まるものを感じます。

ブロックフレーテ:ハンス=マルティン・リンデ
ヴィオラ・ダ・ガンバ:アウグスト・ヴェンツィンガー
チェンバロ:グスタフ・レオンハルト

録音:1962年

.

posted by fronte360 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

やっと終わり、平賀マリカ クロース・トゥ・バカラック

昨夜は、早めに22時に就寝したのに・・・
目覚めたのが1時半で、根性込めて寝なおして3時にまた目覚め・・・
再度寝なおして4時、つぎは4時半と、いずれも浅い眠りで朝から疲労困ぱい。

しかも今日は月末の営業日、21時半まで待機勤務
おまけに朝は7時半に出勤ですよ、長い長い1日でありました。

朝聴いていたアブラヴァネルのマーラーもよかったのですが
帰路に聞くと、そのまま寝てしまいそうで・・・
mtcj3044.jpg
平賀マリカさんと
マンハッタン・ジャズ・クインテットによる
ジャズ・アレンジされたバード・バカラック集
「クロース・トゥ・バカラック」としました。

美人ジャズシンガー
かつて流行ったフレーズですね。 しかも実力派、発音が見事ですよ。

2007年度のスイング・ジャーナル選定ゴールドディスクらしいですね。
久しぶりに聴きましたけど、キレの良い現代的なバカラック、これも良いものです。

.
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜10-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

モーリス・アブラヴァネル、マーラー/交響曲第2番「復活」

愛用のメモリ・プレーヤの内容を一新
バーンスタイン/NYPから、モーリス・アブラヴァネル/ユタ交響楽団
マーラーの交響曲全集を入れ、第1番より順次聴いています。

08_6163_71.jpg第1番「巨人」、きっちりとした演奏ですね。

けっして退屈ではありませんが、
バーンスタインのときも思ったように、
一所懸命やってまっせ
そんな真面目さを感じます。

ovc4004.jpgでもって、第2番「復活」、こちらは録音の良さもあり
もっと迫り来るものを感じますね。

各パートにスポットライトが当たって
主旋律と対旋律の絡み、
とくに第2・3楽章など惹き込まれます。

よく聴くと、ちょっとヘロいと感じる部分もないではありませんが、
先に書いた一所懸命さで、アマオケ演奏で感じるような一体感というのかな
ちょっと感動的ですらあります。

モーリス・アブラヴァネル/ユタ交響楽団のマーラー交響曲全集
これからも楽しみです。

.

posted by fronte360 at 05:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

恩田酒造・雪しずく

会社帰り、久しぶりに御徒町で途中下車、吉池に行ってきました。
連日暑いので、冷酒の紙パック製品を捕獲するつもりでしたけれど・・・

一升瓶、越後の恩田酒造という蔵の「雪しずく」  名前が涼しいですね。
逡巡したあげく、お持ち帰りとしました。 1,280円ですが、糖類無添加。

100728_01.jpg

常温でいただいていますが、これはキレもあってよいですね。
最初は濃厚? かと思いましたが、もたれずにいける感じです。
個人的には、もうちょっとコクがあったほうが好きですけど、合格ですわ。

ちなみに、今日はお昼にトンカツを食べたので、
夜は、シメサバに、冷凍ソラマメ、刺身コンニャクを柚子ミソで頂きました。

カロリーコントロールですけど、飲み過ぎは無制限なのが難点ですな。

.

posted by fronte360 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉大仏も見てきました

これが鎌倉大仏の背中・・・ 窓があって

IMGP1611
IMGP1611 posted by (C)fronte360

中にも入れます、窓と、写真の上にあるのが頭の部分

IMGP1613
IMGP1613 posted by (C)fronte360

奈良の大仏に親しんでいる人には、ちょっとビックリですわ。



.

posted by fronte360 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 10-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

鶴岡八幡宮に行ってきました

23日(金)夜に奥さんがやってきたことより音信不通状態となっていました。

で、24日(土)は、鎌倉に行ってきましたよ。
当方は鎌倉は2回目、奥さんは初めてということで、まずは鶴岡八幡宮。



以前来たときは立っていた大銀杏も倒れましたが、
今は芽吹いて、植物の生命の神秘、したたかさ、強靭さを思いましたね。

.

posted by fronte360 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 10-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

ビジネスバック 届きました

前回の帰省時、奈良市街に出たついでに会社用のカバンを見てました。

L'UOMO MUSK のビジネスバック、もう5〜6年使っているのでヨレヨレ・・
それだけならまだ良いのですが、皮の部分の色落ちするようになって、
Yシャツなどに付くようになっていたのですね。

100722_01.jpg

奥さんから mila schon のビジネスバックが届きました。
ビジネスバックを百貨店で買ったのは聞いていましたけれど、
こんな立派なバックが届くとは、ちょっと(かなり)びっくり。

さっそく使いたかったものの、バック中味の移動はなかなか大変で・・・
あちらこちらに、必須アイテム(と思っているもの)が入っているですね。

これの見直し、そして新収納場所の認識が必要なんです。
傘は当たり前として、爪切り、絆創膏、割り箸、レジ袋まで入ってますもんね。

カバンは一種、伏魔殿と化しております。

.

posted by fronte360 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ディーガ DMR-E200H いただきました

毎日暑いですね。
昨夕、汗をかきながら HDD & DVD レコーダを持ち帰りました。

100721_01.jpg

会社の単身赴任仲間が新しいブルーレイのレコーダーを購入して、
古くなったのが要らないか、というのでゴチになりました。
アナログ式なので、あと1年の命ですけれど・・・

彼の神戸の自宅に、ブルーレイの新型が設置され、
神戸の自宅にあったのが、単身赴任先の蒲田に押し出され、
そこからまた押し出された ディーガ DMR-E200H が回ってきた次第です。

これまで録画機材がなく、テレビはいつもリアルタイムで見てました。
もっとも、録画してまで観たい、そんな番組があることも少なく・・・
HDD 160GB に魅かれたのと、捨てられるのが勿体ない、そんな感じでしょうか。

「龍馬伝」を欠かさず観られるようになったことは嬉しいな。
日頃デジタルで見ているので、アナログの画質はちょっとツライ、ですけれど。

.

posted by fronte360 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする