最近の記事

2010年02月14日

西洋美術館、そして、吉池で

お昼までゴロゴロとし、昼すぎに田端銀座に買物に行って戻ったあと、
ふっと思い立ち、本日3回目の外出は、京浜東北線の快速に間に合いました。

京浜東北線の快速なら上野は一駅
本日までの国立西洋美術館の常設展示の無料公開をまず楽しみましょう。

100214_12.jpg

午後3時も過ぎると、帰路を急ぐ人も多いみたいですが、流れに逆らって
西洋美術館に・・・ ここを歴史遺産って、ま、無理と思ってますけれど、
無料公開は何はともあれ有難いですわ。

100214_13.jpg

カペーの自画像が、こちら、という感じですけれど・・・

100214_14.jpg

若干22歳になるかならないかの女流画家カペーを案内板に持ってくるなんて
やっぱり時期早々じゃないかということかな・・と勘ぐってしまいます・・
けど、この絵はなかなか面白いと思ってますけどね。
ちなみに奈良県は3つの世界遺産がありますが、大阪もゼロ、そんなもんです。

100214_15.jpg

最終日、しかもバレンタインだからかな、ちょいとした人手が多いかも・・・
何はともあれ、ゴーギャンやクールベの絵が観れてシアワセでした。
絵画や彫刻を見て、日頃使わない脳ミソの刺激になりましたね、これが大切。

そして、このあとは御徒町の吉池に行って
このところお世話なっている小山本家酒造の「宮正宗」を捕獲しました。
帰りに近所のマーケットに戻り、刺身用のアジ3尾を買い求め・・・

100214_16.jpg

2尾は塩焼き、1尾はアジを捌くのは初めてですが自分で捌き、刺身に。
小骨を毛抜きで取ったりし、手間取りましたけどね・・・
これも単身赴任の道楽であります。

で、肝心の「宮正宗」、糖類添加なんで、少々まとわりつきますけど、
芳醇な味わいは嫌な感じではないですね。
純米辛口と言えども美味くない酒もありますから、そこそこでしょう。

とにかく今宵もまた・・・こうしてこの世の人ではなくなります。
posted by fronte360 at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの早朝散歩、根津〜本郷〜湯島

昨夜はコタツで飲んだくれたまま、うたた寝・・・
誰も起してくれない(電話が鳴った形跡もありましたが)気楽な単身赴任。
朝6時50分、外も明るくなったので、久々の早朝散歩に出発。
お馴染みの森鴎外の観潮楼跡より藪下の道を通って、まずは根津神社。

裏門より入って右手に、庚申塔と、その右側には塞(さえ)の大神碑。

100214_01.jpg

塞の神とは、邪霊の浸入を防ぐ神で、道行く人を災難から守るものだとか、
駒込にあった日本橋から最初の一里塚跡に明治6年に建てられた碑だそうで、
道路の拡幅工事のため、根津神社に移されたとのこと。

ちなみに日本橋から2番目の一里塚は、以前も紹介した、西ケ原一里塚。
都内で唯一現存する一里塚で、道路が一里塚を避けるよう拡幅されてますね。

100214_02.jpg

根津神社の境内にある乙女稲荷も貼っておきましょう。
根津神社の境内を抜け、これもいつもどおりのS坂を登って東大地震研究所
いつもはすぐに中に入りますが・・・今日はちょっと先にある願行寺

100214_03.jpg

江戸時代に流行った西国三十三観音霊場巡り
これに行けない人のために立てられた各寺院の名が彫られた石仏の塔ですね。
後ろの赤いのは出世不動尊のお堂、ここも早朝なので落着いています。

東大地震研究所の門に戻って、東大構内に入ります。
これまたいつもどおり農学部の弥生キャンパスから構内の陸橋を渡って
本郷キャンパスの工学部へと入り、法文館、安田講堂前を通って
弓道場の前あたり

100214_04.jpg

前期試験の選抜合格者の掲示がありましたね。
センター試験での足切りを抜け、晴れて前期試験を受けることが出来る人たち
自分は一期校・二期校時代の最後だったので、いまいちピンと来てませんが・・
でもこうやって毎度大学構内を歩くと、学生に戻りたくなる気がしますよ。
龍岡門より東大を出て、春日通りを切通し坂に向って歩くと

100214_05.jpg

湯島天満宮、いま文京花の五大まつりの「梅まつり」の最中ですが
さすがに朝7時半すぎだと、人もほとんどおりません。

100214_06.jpg

湯島の白梅、そして石碑は、泉鏡花の筆塚です。
湯島天満宮を出て真っ直ぐ南下すると、今度は神田明神まで足を伸ばしました。

100214_07.jpg

ここもまたひっそりとしてますね。
そして境内裏手にいろいろとある末社も丹念に見て回りましたが、
ここもまた地元の信仰を集めておられるようですね。

100214_08.jpg

ここを出ると、向こうあるのが湯島聖堂、江戸幕府の昌平校跡ですが

100214_09.jpg

ここまで行くと、聖橋を渡って、ニコライ堂まで行ってしまいそう・・・
今日はよく歩いたし、今日はここまでとし、左に折れて坂をくだると

100214_10.jpg

右手に聖堂の敷地の向こうにニコライ堂が見えました。
坂を下ると秋葉原ですが、ベルサール秋葉原ではこんなものが・・・

100214_11.jpg

宇宙戦艦ヤマトの YAMATO EXPO'10 だそうです。
さすが秋葉原という感じかしら。 でも8時半まえなので人はおりません。

秋葉原から山手線の乗っての帰宅としましたが、
空気が冷えて、汗もかかず、1時間半たっぷりと歩き、いい運動となりました。
posted by fronte360 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

小雪そぼ降るなか、桜が咲いてました

昨夜は、帯広での学生時代の友人と久しぶりに会い、旧交を温めました。
一人とは20年ぶりかしら、もう一人とも10年ぶりくらい会ってなくても、
一気に学生時代に戻れた楽しい時間を共有できました。 また、会いましょう。

帯広という極寒の地ほどではありませんが、
東京も今朝から小雪が舞っていて、どんよりとした寒い日ですね。
昨夜のアルコールを抜きたくもあり、また雪の中を歩きたくもあって、
朝10時、小石川図書館へ借りたレコードなどを返しに行くことにしました。

お馴染みの道も面白くないので、東洋大学の裏手など、白山の裏道を通って
小石川植物園に突き当たって、いつもの御殿坂を下って植物園の入口を見て、
左折するとき、ビルの入口の中に・・・

100213_01.jpg

ミロのヴィーナスが、植物園を覗き込むようにいらっしゃいます。
以前から気になっていたんですがね。 なんか変ですよね。

播磨坂の桜並木は、文京花の五大まつりのひとつでもありますが
この小雪そぼ降る寒いなか、1本の木が満開ですよ。

100213_02.jpg

梅ではなく、れっきとした桜、カワズサクラ(河津桜)というのだそうです。

100213_03.jpg

1月下旬から蕾をつけ、2月上旬に花を咲かせて、ほぼ1ヶ月間咲くとのこと
ひと足早い春の訪れですが・・・寒いのに頑張ってます。

100213_04.jpg

なお東京の下水のマンホールも桜(と銀杏)ですね。
ちなみに奈良は鹿で、大阪は大阪城ですよ。

さて図書館でレコードとCDを返却した返り討ちで・・・

100213_05.jpg

 J.J.ジョンソン/ダイヤルJ.J.5
 ポール・チェンバース/ゴー(GO)
 カーティス・フラー/ジ・オープナー
 トミー・フラナガン/ジャズ・イッツ・マジック
 バッハ/幻の結婚カンタータ(2005/3/20,23 サントリーホール)
 シューマン/交響曲全集(ジョン・エリオット・ガーディナー)
 aiko/夏服

やはりジャズはレコードで聴くのがいいですわ。 図書館さまさまです。
posted by fronte360 at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

冷えますね、こんな日はおでんに、ジャズ

先ほど買い物に行って、おでんを作り始めました。

100211_01.jpg

明日夜、我が家に二人の来客があることに急きょ決まりましたので
そのための準備ですね。 帯広での学生時代の友人たちです。

帯広とは比べものにならない、気温ですけれど、
こんな冷える日に煮物などをすると、部屋が温まります。
暖房を使わずに済む・・・エコというか、ケチというか・・・
まぁ、後者でしょう(笑)。

さて、午前中に、甘酒もちゃんと造ってありますが、
先ほどの買い物で補充してきたウィスキー
すでにチビチビとやっております。
おでんは明日の楽しみ(お預け)で、チョコをつまんでます。

sr3158.jpgそして、アンプにも火を入れ・・・
こんな日に聴くのは、やはりジャズですね。

先日、図書館より借りてきた
アート・ペッパー・コレクション

ペッパーというと個人的にワン・ホーンばかり
でもここでは、ワーン・マーシュ(ts)と共演、
彼とのセッションによる「恋のためいき」
これが軽やかながらも静かに熱い演奏ですねぇ。

ウィスキーの力だけでなく身体も心も温まってきましたよ。
あとは流れにのってA面一気・・ 未発表テイク集ですが、これはいいな。

B面2曲目の「枯葉」はワン・ホーン、これも素晴らしい演奏ですね。
マイルスのようなトリッキーな演奏とは違っているようでいて
似てもいるのはとてもセンシブルな演奏だからでしょうか。
とても魅力的な Autumn Leaves (枯葉) ですね。

とにかく明日が楽しみです。
posted by fronte360 at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

彼女

実はこのところaikoさんの「彼女」にハマってまして・・・

1曲目の「シャッター」は名曲と思ってますし(ブラスもカッコ良いし)
3曲目の「キラキラ」はいつも元気を頂いていたりします。

シャッター(静止画ですが)
歌詞はこちらから → ココ


キラキラ



どの曲を聴いても同じとか
絶対音感のある方からは気持ち悪いと言われそうですけれど・・・
(aikoさんは大阪音楽短期大学卒業なんですね〜)

とにかく音楽は嗜好、自分が好きだというものを信じて楽しみたいのですわ。

posted by fronte360 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ふきのとうの辛口味噌漬いただきました

川崎オフィスに出勤したら、机の上に置いてありました。

今日もまた慌しい一日となりましたが、定時になって早々に退社
帰路、御徒町で途中下車して、吉池で「越後辛口」を捕獲して帰宅しました。
鮭を焼きつつ、胡瓜に冷やっこなど、これに合うものを用意・・・

100209_01.jpg

おっ、お世辞ではなく、このふきのとうは美味しいですね。
何もなくても、いいお酒のアテ(肴の意)になりますわ。 有難うございました。

そうして今宵もまたこの世の人ではなくなるのであった。
posted by fronte360 at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

戻ってきました

今朝は新大阪オフィスに出社、自席を暖めてきました。
メールと電話で川崎と連絡しつつ仕事進めれば、大阪でも仕事は可能ですよ。
何のために川崎にいるのか・・ な〜んて最近考えちゃいます。

それはさておき、定時を過ぎ、少々時間が押しましたが18時に職場を退散。
18:07には間に合いませんでしたが、お弁当を買って18:17に乗れました。
なんか通勤電車並みのダイヤですよね。

100208_01.jpg

さてお弁当は、いつもの和風お弁当がなかったので、お寿司にしました。
そして日本酒もいつも賀茂鶴なので、今回は松竹梅の白壁蔵・特別本醸造、
そしてビール(まがい)の代わりに、角ハイボール。

ささやかな楽しみですが、いつまで続く単身赴任・・・ってな感じ。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

嵐山に行ってきました

義母の一周忌の法要のため京都に行きました。
そのまま帰るのものナニなので、北野白梅町より京福電鉄(嵐電=Randen)

100207_01.jpg

これに乗って嵐山に行ってきました。 高校の遠足以来かしら。

100207_02.jpg

ここに着いたのが16時だったので、嵐山を眺めて渡月橋を渡り

100207_03.jpg

夕暮れの渡月橋を眺めたあと、嵐電・嵐山駅で甘酒とうどんを食べてから
JRの嵯峨嵐山駅まで歩いて戻ってきました。

100207_04.jpg

これは嵯峨嵐山駅前で見つけたD51
後ろに動輪がV字型になっているのが??ですが・・・
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

西ノ京に行ってきました

風が強く、とても寒い日でしたが、奥さんと西ノ京に行ってきました。
長女がまだ保育園の頃、この辺りの小児科に通って以来でしょうか、
電車の中からは見てはいるのですけれどね。

近鉄西ノ京駅を降り、少し歩くと薬師寺なのですが・・・
「玄奘三蔵院伽藍」というのが出来ているのを知りませんでした。

100206_01.jpg

玄奘塔には「不東」の額が掲げられていて、
東には戻らないという、玄奘の不撓不屈の精神であるのだとか、
なおこの後ろには、平山郁夫画伯の壁画が大唐西域壁画殿がありました。

100206_02.jpg

薬師如来のいらっしゃる白鳳伽藍(と最近は呼ぶのですね)
東塔は、調査・解体修理のために工事の覆いが施されていました。
何でも、屋根にある法輪のところに傘マークの落書きがあったとか・・・
面白いですね。

薬師寺は、中学生の頃だから、今から38年位前より来ておりまして、
当時まだ西塔は無く、そして伽藍も無く、薬師如来は仮金堂にいらして、
カメラ小僧で写真を撮っていた頃が懐かしいですねぇ。

その後も冒頭に書いたように、長女の通院の帰りに薬師寺に寄りましたが
お隣の唐招提寺には行ったことがなく、今回初訪問となりました。
今回の西ノ京訪問も唐招提寺に行きたかったからです。

100206_03.jpg

エンタシスの柱に手を置き、ぬくもりを感じたのは
和辻哲郎の「古寺巡礼」だったでしょうか、堀辰雄の「大和路・信濃路」・・・
いずれもかつて読んだはずですけれど、記憶がおぼろで、情けない。

100206_04.jpg

鑑真和上像は6月3〜7日に公開されるとのことで拝観できませんでしたが
金堂の千手観音が堂々としていて圧倒されましたし、
新宝蔵の天平のトルソーとも言われる如来形立像も鑑賞できました。

100206_05.jpg

とにかく風が強くて寒かった。 暖かくなったらまた来たいな。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

500系で帰省しました

今月末で東海道より姿を消す500系のぞみで帰省と洒落込みましたが・・・
平日の12:30発というのに、新幹線ホームは凄い騒ぎでした。
これは上り電車として入線したところ。 停車後は先頭車に人だかりでした。

100205_01.jpg

皆さん車両を写していますが、ちょいと視点を変えてこんなのいかが?

100205_02.jpg

ホームも凄い人だかりですが、車内もすぐに満席になってしまいましたよ。

100205_03.jpg

今日もいい天気、富士山が綺麗でしたね。

100205_04.jpg

さすがに新大阪まで来ると落着いております。

100205_05.jpg

東京はすぐに、わっ〜 と人が集まって、なんだか変な感じですね。
かくいう自分も、ちゃっかり自由席で1号車狙いで並んでいたわけですけども。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする