2010年01月12日

OEK ニューイヤー・コンサート

今年もタダ・チケットが手に入ったので行ってきました。
会場は、紀尾井ホール

今年のOEKのニューイヤー・コンサートは全国6箇所を巡演
今日は5回目でメン八っちんとウィンナワルツの最終回のようですね。

oek_ny10.jpgメン八っちんといいうのは
メンデルスゾーンの八重奏箏曲で
この弦楽オーケストラ版が演奏。

後半はシュトラウス、レハール、
シュトルツなどのウィンナワルツなどを
メラニー・ホリディ(S)、ズリンコ・ソチョ(T)
とともに賑やかにとりおこなわれました。

昨年はオール・ベートーヴェン・プロで、少々退屈しましたけれど、
印象は昨年と変わりませんが、退屈はしませんでしたね。

良い意味でも○○な意味でもプロの演奏。
巧いし、面白く仕上げているんだけれでも感動に繋がらない・・・
ニュー・イヤーだから、そうなんでしょうけどね。

しかしOEKの演奏は響きの隙間を作ず、個人がソリストにならず、
全体が一つの楽器のようになっていて、さすがに巧かったですよ。

なお座席は1階席中央より少し後ろの左端でした。

100112_01.jpg

posted by fronte360 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜12-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

今宵はジャズ・ナイト クール・ストラッティン

今日は曇りがちでちょいと寒かったかな。
今朝は10時に川崎オフィスに出てきました。

仕事ではありません、お世話になっている元役員の方より、
自宅のノートパソコンのディスク容量が少なくなったとのこと、
データ整理を手伝って欲しいとのご依頼がありまして、
昼メシをご馳走していただけるとのことで行ってきました。

どうせ単身赴任で休日は帰省時以外は原則ヒマですからね。

そのお昼ご飯、タイ料理と昼間よりタイのビールをご馳走いただきまして、
オフィスに戻ってから、ご自宅での復習をやり、14時に退散となりました。

川崎と駒込、そして田端銀座で少々の買物をし、16時に帰還。
そして我がノートパソコンの整理、年賀状の返信などもやって一息つきました。

アンプに火を入れて、今宵はジャズ・ナイトの気分。
オイル・サーディンを仕入れましたものね。
ウィスキーを生のまま、ちびちびとやっています。

100111_01.jpg

st81588.jpg音楽はソニー・クラークの代表盤
「クール・ストラッティン」
格好良いジャケットも素敵です。

ブルース色の濃い演奏ですが
このところのディープな気分とマッチ・・
週明けはお詫びしないといけない立場
これも大事な仕事です。

数少ないジャズのレコード、とっかえひっかえかけて今宵をすごしましょう。

日本酒は大好きですけど、ウィスキーも良い、というか・・・酒類全般OK
そろそろ体力的に飲めなくなってきてますけど、飲みたい夜はあります。
毎晩ですけども・・・
posted by fronte360 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

初・上野、初・東大、初・散歩

いい天気でした。

会社の単身赴任仲間など3名と上野の西郷さんのところで待合せ

100110_01.jpg

長年こちらに移り住んでいる仲間も意外とこの場所を知らなかったりで、
迷って交番で聞いたメンバーもいましたけれど
でもちゃんと待合せ時刻に全員揃いました。

ここから寛永寺観音堂、不忍池の弁財天を巡り
切通し坂を上って湯島天神へ行きましたが、ものすごい人でしたねぇ。

混みあう境内を抜けてまた進んで本富士署の角を曲がり、
東京大学の龍岡門より構内に入りました。
三四郎池、赤門より東大を出て法真寺を見てから本郷通りに戻って
東京大学の正門よりまた構内に入ると目の前に安田講堂ですね。

この地下にある中央食堂でランチ

100110_02.jpg

麻婆茄子と牡蠣フライのCランチ(520円)にしましたが
トレーに載り切らない感じでボリュームもあり、
フライも温かさが残ってましたし、油もサッパリとしてなかなかでした。

お腹を満たしてから安田講堂下の生協購買部
仲間は子供ために東大マーク入りのチョコレートやシャープペンシルを購入
来週の帰省時のお土産ですね。 大変ですよ。

構内を北上して工学部から言問通りを農学部へ抜け、地震研究所へ。
ここから東大を出てS坂を下って根津神社、乙女稲荷にも立ち寄ってから
日本医科大学前を折れて夏目漱石の旧居跡、
ここから藪下の道に折れて、森鴎外の旧居跡の観潮楼
団子坂を下って、不忍通りを越え、谷中よみせ通りに折れ、谷中銀座。
諏訪台通りへと進んで、富士見坂ではうっすらと富士山が
諏方神社、道灌山・西日暮里公園を抜けて、開成高校脇のひぐらし坂
田端台を進んで、幽霊坂を下って我が部屋に到着。

いつもの散歩コースですね。

仲間にもこのコースを歩んでもらって、腹をこなし、喉を渇かせて
昨日より煮込んだ「おでん」とビールで乾杯。
おっさん4人でのおでんパーティーもなかなかでした。 またやりましょう。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

初・図書館

3連休ですが、中日の明日は友人達がやってくることもあり
年末にドタバタして帰省したため出来なかった拭き掃除などをし
明日のためのおでんの仕込みなどをしていたらお昼。

「うぇるカメ」の倉科カナちゃん、「龍馬伝」再放送を見ながら、既に飲酒モード
それにしても昨年末の「坂の上の雲」といい、四国は熱いですね。
高知にまた行きたくなりましたよ。 もう住みたい気分。

夕方になって、酒臭いかな、と思いつつも本駒込図書館へ。 初・図書館ですね。

明日までが期間なのですが、気になるので返却だけしに行ったつもりが・・・
またまた5枚借りてきてしまいました。

100109_01.jpg

シューマン/オーボエとピアノのための作品集(D.ボイド、M.J.ピリス)
ニーノ・ロータ 交響曲集(大友直人/日本フィル)
憂歌団/BLUE'S
続・青春歌謡年鑑'79
京山幸枝若/浪曲河内音頭「森の石松」

中学生の頃(1970年初頭)より落語が好きなのですが、
この年齢になったせいでしょうか、浪曲も面白いですね。

なお「続・青春年鑑'79」に含まれているのは、以下18曲

1. ハピネス タケカワユキヒデ
2. 関白宣言  さだまさし
3. オリビアを聴きながら 杏里
4. 夜明け  松山千春
5. ビューティフル・ネイム ゴダイゴ
6. 海岸通り イルカ
7. 夢去りし街角 アリス
8. 雨に泣いてる… 柳ジョージ&レイニーウッド
9. 夢一夜 南こうせつ
10. 性 ツイスト
11. 微笑の法則 柳ジョージ&レイニーウッド
12. 波乗りパイレーツ ピンク・レディー
13. 万華鏡 岩崎宏美
14. ホップ・ステップ・ジャンプ 西城秀樹
15. カメレオン・アーミー ピンク・レディー
16. 時代遅れの恋人たち 中村維俊
17. 君は薔薇より美しい 布施明
18. 与作 北島三郎

これらも懐かしいと思える人は同年代かもね。
posted by fronte360 at 18:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

疲れた日の夜には「榮川」、そして秋本奈緒美さん。

今朝、7時50分に出社打刻をし(始業は 8時40分ですが)
自席に着く前に親会社の管理職より呼び止められ、
昨夕のシステムトラブルについて問いただされ・・・
こんな日に限って、その他の案件も降るんですよね。

100106_01.jpg今日は資料を1枚作るだけはずが
いろいろとあって15時まで
目がまわるようでした。

しかも17時半できっかり退社予定が
19時すぎまで待機
まぁ別件の見積回答も遅れてたので
退屈しませんでしたが・・

そんなこんな、身体の芯まで疲れました。

退社後、川崎のビックカメラに足が延び
酒販コーナーで「榮川」を捕獲してきました。
「特醸酒」とありますが、1,730円でした。

「土佐鶴」を捕獲しに行ったんですけど、
こんな夜は、まろやかな「榮川」のほうが良いかもしれませんね。
飲み過ぎに注意ですが・・・

テレビも面白くないので、ステレオに火を入れ

vih28084.jpg秋本奈緒美さんのセカンドアルバム
「ONE NIGHT STAND」

1982年、秋本さん、当時まだ19才です。
聖子ちゃんカットも初々しいですね。

TEEN-AGE ROMANTIC JAZZ

こんなコピーもついているとおり
後年のポップスに移る前のジャズ路線で
生粋のジャズ・フリークには受け入れ難いかもしれませんが
個人的には面白く聴けるアルバムです。

ちなみに「秋本奈緒美」で Google ったら以下ページも出るはず・・
 ↓
http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/hirotaka/pops/akimoto_naomi.htm
posted by fronte360 at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

初出勤、夜は川崎大師へ

昨夜うまく眠れなくて、睡眠不足のままの初出勤でしたが、
運用管理しているシステム停止やら
別件の打合せは暗中模索のまま長引いて12時半まで延長線
しかも宿題ももらって、眠気などもよおす暇もありませんでしたよ。

それでも定時になんとか会社を抜け出し
会社の単身赴任仲間のオッサン3人で川崎大師に初詣です。

100105_01.jpg

新年も5日になると人通りもそれなりです。
昨年は15日頃に行ったので真っ暗でしたけどね・・・

100105_02.jpg

お参りのあとは川崎市内に戻り、
軽くビールなど飲んで帰宅しました。 これも昨年同様ですな。

しかしとにかく眠い〜、そろそろ寝ますかね。
posted by fronte360 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

戻ってきました。 そして秋本奈緒美さん。

正月4日、京都より新幹線に乗って戻ってきました。

最寄駅より近鉄特急を乗り継ぎ、
大和西大寺駅からは、伊勢志摩ライナーでした。 これは楽ちん。
京都までゆったりとすごしました。

100104_01.jpg

でも、新幹線の京都駅は1日ズラしたといえども混みあってて・・・
新幹線も4号車だったからかな、指定席なのに立っている人もいましたよ。

ということで、事前に買っていたお酒を飲むこともなく東京に到着。
自室に戻って、ちびちびやっております。

100104_02.jpg

正確には、今飲んでいるのは、白ラベルの貴仙人寿吉兆(奈良豊澤酒造)
純米吟醸、あたりまえながら美味しいですねぇ〜
調べてみたら、「豊祝」を造っている酒蔵ですか、なるほどね。

さて明日は、10時から商談、15時からオーナーと打合せ(資料作成有り)、
そして定時後は、仲間と初詣と新年会と盛りだくさん。

とにかく、今年も頑張りましょう。

vih28109.jpgなお今、聴いているのは・・・
自宅より持ち帰ったレコード
秋本奈緒美さんの「THE 20th ANNIVERSARY」
1983年のサード・アルバム、
その名のとおり20歳の記念アルバム

10代でジャズシンガーとしてデビューし
当初は、これはジャズじゃない、
なんて批判もありましたけど、これはいいアルバムだと思います。
ジャズとはやはり少し離れてしまったと思いますけどね。

今回の帰省で、秋本奈緒美さんのアルバム全部持ってきました。
全貌は、以下でご覧になれます。
 ↓
http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/hirotaka/pops/akimoto_naomi.htm
posted by fronte360 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

早朝散歩、秋篠川より秋篠寺へ

正月3日、帰省のピークとなりますが・・・
当方は明日までお休み、有給休暇をいただいております。

3日の上り新幹線、1ヶ月前の予約開始時点でめぼしいダイヤは埋まり、
当方が検索したときは、夜中に到着する便に余裕があった程度でした。
新大阪オフィスへの出社も考えましたが、お休みにしてしまいました。

さて、夜中に通り雨があったのでしょうか、
地面が少し濡れていますが、寒さはそれほどでもなく、
家人もしばらく起きてきそうもないので、一人早朝散歩に出発しました。
早朝といっても午前8時なのですけどね。

まずはご近所の団地、いわゆる公団住宅と呼ばれていたところです。
この団地、当方が知るだけで70数棟が建っていた大きな団地ですが
高齢化と老朽化で建て替えが進められています。

100103_01.jpg

昭和40年代の建造でしょうかね、5ないし4階建ての団地で、
エレベータはありませんけど、棟と棟の間の空間がたっぷりととってあります。
植物も多く、しかも年代を経て、自然が醸しだされてて、好きなのですけどね。

この団地を抜け、小学校の脇を通って坂を下ると秋篠川の源流があります。
ここから川の流れにそって下って歩くのがいつものコース。
いつもはアオサギなどがいるのですが、今朝は静かな流れのみ、
しばらく歩いて振り返るとこんな感じ。 遠くに生駒山が見えます。

100103_02.jpg

さらに下り、中学校を過ぎると、こんもりとした小高い丘があって
ここが龍王神社。 いわば氏神さまですね。 ここにお参りします。

100103_03.jpg

さらに川沿いに下り、押熊に向う大きな道にぶつかると川とはお別れ
押熊とは反対方向に上ってゆき秋篠の町に入ります。
今回は民家の中を適当に歩いてゆきましたが、なんとなく分かります。
八所御霊神社の脇に出ました。 この向こうの門より秋篠寺

100103_04.jpg

門をくぐってすぐ右側の茂みの中に塔の礎石があります。
ここを知った十代の終わりからすでに40年、変わらず佇んでますよ。
千数百年の時にしては、ほんの一瞬ですけれど・・・

100103_05.jpg

まだ9時すぎ、9時半から開くとのこと、人の気配はありませんね。

100103_07.jpg

境内を軽く散歩・・・
苔むす木立のなかの朽ちかけた石灯篭・・・

100103_08.jpg

そしてこんな石仏もあったのですね。

100103_06.jpg

しかもこの石仏の前には塔の礎石が無造作に転がっていたのに驚きました。
もう何度もやってきていますけれど。

門を出て、さっき通りすぎた八所御霊神社

100103_09.jpg

いつも綺麗にされていますが、実際に中に入ったのは初めてかな。
社殿には、古地図やら絵物語の額も掲げられていて、いい雰囲気のなか
お参りいたしました。

100103_10.jpg

奥さんとここまで散歩すると、ここから電車で帰るのがパターンですが
今日は一人なので、また歩くことします。
でも・・もうあまり見るところはありません。
足をさらに伸ばすと西大寺に行けるのですけれども・・・

住宅地を抜け、自動車の多い通りを歩いてあやめ池
あやめ池遊園地の跡は、近畿大学附属の小・中学校が移転するとのこと、
4月開校に向けて造成が進められています。

中途半端な田舎、ことにベッドタウンは好きじゃないですね。 面白くないなぁ。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

初詣、大仏殿から新薬師寺

あらためまして、明けましておめでとうございます。
本年もまたよろしくお付き合いのほど、お願いいたします。

さて新年、
昨年は長男の高校受験を控え一家4人で春日大社に初詣に行きましたが
今年は、長男が同行を拒否、大学受験を控えた長女も残し、
結局夫婦二人での初詣とあいなりました。

目指すは東大寺・大仏殿
午前0時より8時まで、中央の門が開放され、無料で大仏様が拝めます。

100101_01.jpg

午前7時半、
東大寺大仏殿の参道に到着、
この写真では判り難いのですが、初詣の看板が出て、門が開放されています。

100101_02.jpg

そして大仏殿、ここも大仏様のお顔の部分にあたる扉が開放

100101_03.jpg

外からお顔を見ることができるんですけれど・・・
この写真も判り難くてすみません。 大仏様の真正面を貼っておきますね。

100101_04.jpg

大仏殿に行った目的には、ここでしか買えない線香を買うことでしたが
売店では縁起物のみ扱ってて、お線香などが置かれた部分は閉まってました。
昨年はここで元日に買った記憶があるのですが。。

8時になって中央の門が閉門、売店が開く気配はないし
とにかく、奈良の朝は底冷えがして、ほんと寒いので歩くことにします。

次は春日大社に向うことも考えてましたが、もっと寒そうなのと、
人もぞろぞろと歩いているのでパス。

新薬師寺まで歩いて行くことにしました。

奈良・高畑にある新薬師寺は、十二神将で有名なお寺ですが、
十二神将はそれぞれ干支とも関連つけられています。
長女がまだ奥さんのお腹の中にいるときに来て、
干支にちなんだ像に拝み、干支のお守りを買いました。
そして、ここには偶然にも長女の名前が入ったお線香が売られているんですよ。

100101_05.jpg

午前9時、到着
さすがにお正月といえどもここは、
いつもと同じ時間が流れているようで、人もほとんどおりません。
600円を払って中に入りました。

100101_06.jpg

十二神将をゆっくりと拝観させていただき
目的だったお線香も購入できました。

少々風も出てきて、手足は痺れてしまいましたが、歩いて近鉄奈良駅まで
裏道をゆっくりと歩きながら、なかなか良いお正月散歩となりました。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 05〜10-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする