2009年11月08日

本駒込、文京グリーンコート裏通り

昨夜、久しぶりに寝るのに失敗。 朝まで起きてしまって・・・
ようやく眠れたのが朝7時半で、起きたのが10時15分でした。
一度目覚めるともう眠れないしね、睡眠不足で身体がなんだか熱っぽく、
午前中は静養時間、ごろごろとして潰しちゃいました。

結局、それからも眠ることはできませんでしたが、午後2時をまわって、
ようやく復活!!かな? やっとこ散歩に出発です。 動坂を登りました。

小石川図書館へと進路を定めましたけど、途中で気が変わり・・・
本郷通りに出てから北進、ご無沙汰している千石図書館に向かいます。
ちょっと遠回りですけれどね。

091108_01.jpg

本郷通り、徳川将軍が日光に参詣するときに使った道で将軍御成道です。
八百屋お七の舞台ともなった吉祥寺の前を通りすぎ
不忍通りの手前の道を左折しますが・・・

091108_02.jpg

その角にある、骨董屋といっていいのかな
店の前のタタキのところに、皿や鉢、絵画などを並べています。

091108_03.jpg

回り込んだショーウィンドゥにも雑多に置いてあって
適当な紙切れにマジックインキで2,000円とか50,000円とか書いてて
ガラクタ屋にしか見えない・・・といっては失礼か、でもねぇ・・・

091108_04.jpg

さてこの道を進むと左手にロシア正教会の建物があります。
モスクワ総主教庁駐日ポドヴォリエなんて書かれてますけど、
何かはよく知りません。

091108_05.jpg

この向かい側には、理化学研究所駒込分所の建物
理研は文京区駒込で1917年に設立されて、1967年に和光市に移転していて、
この建物の沿革は不明ですが、古くて壁が剥落するのでしょうね、
ネットがかけられてます。

091108_06.jpg

そして文京グリーンコートの花壇には、何の花でしょうかね、
いっぱい咲いていて綺麗でしたよ。

この先には、ABK(アジア文化会館)、村田女子高、駕籠町小学校、
そして都立小石川高校も近くにあって、文京区らしく、学生の町ですね。

ABK学生食堂は平日のみの営業ですが、一般も利用可能で、
タイカレーやベトナムのフォーなど、エスニック料理が安くいただけます。
なかなか機会がなく、まだ食べたことないんですが・・・

さて、白山通りに出て北進すると不忍通りとの交差点、
この左手に入った裏手に千石図書館があるんですね。

ここでは、文京区の図書館で唯一、VTRやDVDの貸出しがあります。
DVDの数自体かなり少ないのですけどね。
なおDVDの貸出しは一人1点のみ、1週間借りることができます。

今回「美の巨人たち4浅井忠・青木繁を借りました。
テレビ東京で放映されているものですね。

あとCDを6点、クラシック、ジャズ、ロック、J-POPS といつもながら雑多ですね。

091108_07.jpg

カール・リヒター(hpsi)、J.S.バッハ/ゴルドベルク変奏曲(1956年録音)
熊本マリ(p)、スペインの熱い夜 スペイン・ピアノ名曲集
中本マリ(vo)、VOICE
ピンク・フロイド、原子心母
岡本真夜、Soul Love
岡本真夜、もう一度あの頃の空を・・・

posted by fronte360 at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

「枯葉」の季節

夕方、このブログのテンプレートを変更しました。
北斗星も気に入っていたのですけれど・・・気分転換も必要です。
枯葉の季節、色合いも黒にして冬への装いではないかと・・・

ejc801.jpgちょうど今、聴いているのが
キャンノンボール・アダレイの
サムシン・エルス(Somethin' Else)」

キャンノンボール・アダレイ名義ですが
契約の関係でのマイルス・デイヴィスによる
リーダ・アルバムといっても良いでしょう。

ところでこのCDはエコー・インダンストリー社製、
知る人ぞ知るバッタもんCDの販売会社ですね。
いまでもあるかしら・・・

せっせと買ったものが自宅にあるので取りに帰りたいな・・・
posted by fronte360 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりのレコード捕獲、3点

上野公園でアテが外れてしまって思案した結果、秋葉原に行くことに。

また歩き始めましたけれど・・・
上野の山からアメ横方面を見て、人の多さに散歩は中止。
先週からこっち休みの日に歩き続けているので、
無理はやめて、電車に乗りました。 通勤定期区間だからタダだし。

お目当てはラジオ会館5階の中古オーディオの老舗・清進商会
中古オーディオではなく、中古レコード漁りが目的ですけどね。

レコードの絶対量は少ないのですけれど、
たぶん中古オーディオ処分時に添えられて出てきたものでしょうね、
意外と掘り出し物の確率が高いように思います。
それに、1枚200円均一、これが嬉しいところです。

久しぶりということもあり、日本コンサートホール盤を2枚に
輸入盤1枚を捕獲しました。

■日本コンサートホール シベリウス/交響曲第2番 クリスチャン・ヴェッヒティンク指揮ウィーン音楽祭管弦楽団(M-2281:200円)

m2281.jpg

初めて聞く名前の指揮者ですが、なかなか堂々としてますよ。
第4楽章など、オケの非力さが露呈してしまうのもまた面白いかも。
けっこう面白く聴けました。

■日本コンサートホール ワーグナー名曲集 歌劇「タンホイザー」序曲と大行進曲、歌劇「さまよえるオランダ人」序曲、楽劇「神々のたそがれ」夜明け、ジークフリートのラインへの旅、葬送行進曲 カール・バンベルガー指揮バーデン国立歌劇場管弦楽団(M-2147-A:200円)

m2147a.jpg

コンサートホール盤ではよく登場するカール・バンベルガーさん。
ここでもちょいと遅いテンポかな、悠揚で堂々としたワーグナー。

■英ロンドン ラヴェル/ボレロ、道化師の朝の歌、ウェーバー(ベルリオーズ編曲)/舞踏への勧誘、ファリャ/三角帽子〜隣人たちの踊り・粉屋の踊り・終幕の踊り アルベルト・ヴォルフ指揮パリ・コンセルヴァトワール管(CS6077:200円)

cs6077.jpg

お馴染みffss録音で盤質良好。
ジャケットに米国印刷の文字がありますが、
レコード盤と内袋には英国製と書かれていました。
演奏もよくて、これは掘り出し物でした。
posted by fronte360 at 18:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 05〜11-LP/LD/CD/DVD音源捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野・池之端界隈

休日なのに午前4時起き・・・
目覚まし時計よりも早く目覚めてしまうのが定番化してますね。

平日のほうが、会社行きたくない、との思いがあるからでしょうか
目覚まし時計で起されたり、軽く2度寝してしまったり、といった感じ。
困ったものだな。

さて午前中も散歩したんだけれども・・・
お昼に、冷蔵庫の掃除も兼ねて焼きそば2人前をたいらげてお腹いっぱい、
血糖値を下げるため、天気もいいし、またもや散歩に出発しました。
今度は上野公園を目指します。

よみせ通りを抜け、そのまま南下するのは文化の日と同じコースですが
今日はそのまま南進することにしました。

よみせ通りや、谷中銀座など谷中界隈
マップ片手に散策してる観光客や、アベックが多くいますが、
さすがに池之端までくると落着いた下町ですよ。

091107_01.jpg

谷中では観光客向けっぽい雰囲気を漂わせているお菓子屋さんも
ここ池之端では、時を止めたように佇んでいますね。

091107_02.jpg

急に道が細くなりますが・・・
おばさんが出てくるので、先はあると思って、この道を行きましょう。

091107_03.jpg

けっこう長い道ですねぇ〜 でも、なんとか向こうも見えてきましたよ。
ここを出ると、T字路で、左に行くのが近道と思いますが、
右手に都電が見えたので、右に曲がるしかないですね。

091107_04.jpg

池之端児童遊園、旧都電停留所・池之端七軒町のあったところとか。
3つの路線が走っていた大きな停留所だったようですね。

091107_05.jpg

今はバス停でしょうか、おばさん方が楽しそうに待っておられます。
その前を線路のレールが残っているのも嬉しいな。

さて、不忍通りに出て南進しようと思って歩き始めましたが、
不忍通りの向こう側、ちょっと奥まったところにレトロな石の建物・・・
レッテル」の看板も見えて、何かな?、と思って通りを渡ってみたら

091107_06.jpg

印刷工場ですよ。「レッテルは両山堂」だったのですね。

091107_07.jpg

振り返ると、住宅風の建物も石造りで立派なものです。

091107_11.jpg

進路を不忍通りへと戻し、南下を続けると、上野動物園の池之端門、
さらに南に進むと、不忍池が見えてきて、ここから上野公園に入ります。

いい天気ですねぇ〜
池の中に打たれた杭の上でユリカモメがひなたぼっこ・・・と思ったら、
1羽ハトが混じってました。

091107_08.jpg

暑くなってきましたんで、ウィンドブレーカを脱ぎ、腕まくりもして
弁財天の脇を抜け、階段の登って観音堂を経由
そして、上野の西郷さん、鹿児島では「せごどん

091107_09.jpg

毎朝の通勤時、JRの車両から見ていますが、後姿も立派。
青空に映えてます。

そして、国立西洋美術館に到着ですが、あれ〜、なんでかな〜
あ、今日はまだ第1土曜日でした!!

常設展を観て休憩しようと思っていたんですけどね・・・
第2・4土曜日なら常設展が無料公開されているんですけど、
1週間違えてました。 いやはや。

悔しいので、ブールデルの弓を引くヘラクレスでも撮っておきましょう。

091107_10.jpg

でも45分しっかり歩きました。
今日の散歩BGMは、倉木麻衣さんの「ワン ライフ(ONE LIFE)」
ほぼこのCD1枚聴く時間でしたね。
posted by fronte360 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

アート・ペッパー/モダン・アート

やっと一週間が終わりました。
久々にステレオで黒い円盤のレコードを聴いています。

リラックス・タイムには
アート・ペッパーでしょう。
ilp606.jpg
1989年当時、ブルーノートをリリースしていた
東芝EMI株式会社による「LP最後の復刻
という帯も懐かしい「モダン・アート

1956年〜1957年録音のモノラル盤ですが
さすが、音質良好です。

A面1曲目「BULE IN」など
uls1534v.jpgかつてテイチク・レコードで
ALL TIME JAZZ 1500 SERIESとして出た
Art of Pepper Vol.2
にも含まれていたのではないかな〜
自宅にレコードを置いているので確証ありませんが

とにかく、艶やかなペッパーのアルト・サックスで、
軽やかなブルース・フィーリングに魅せられて、
この1週間にアレコレとあった出来事にも心が軽くなります。

今週は行ったり来たり、毎日外出していましたし、
新たな日報作成というノルマのような作業も増えました。
日報の半分は同僚にお願いしていますけれども・・・

すでに司牡丹を2合飲みましたしね
もう廃人同様ざんす。
posted by fronte360 at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

文京ふるさと歴史館、湯島天神、そして吉池

文化の日、お休みというのに、朝4時20分に目覚めてしまいましたよ。
いつもどおりといえばそれまでですが。

朝からシーツの洗濯やら、セーターを出しての冬支度、
そして、のびのびにしていた演奏会感想文もなんとか書きましたしね、
明日からの仕事のワイシャツにもアイロン掛けもやったし・・・
これでこころおきなく散歩に出られます。

ということで11時に出発。 今日の目的地は、文京ふるさと歴史館

ちょいと遠回りになりますけど、天気も良いので、谷中よみせ通りへ。
ここを通り抜け、さらにそのまま南下しますと、へび道。
細い道路がくねくねと曲りくねっているのは谷田川藍染川)だったから。
そして、ちょいと道幅が広くなって見通しが良くなって右折すると、
不忍通り根津神社前の交差点へと出ました。
S坂を登り、東大地震研究所から東大の敷地に入るのはいつものコース。

安田講堂前に着いたのが11時半。 ちょいとお腹すいたみたい・・・
地下の中央食堂に行こうかと迷いましたけど、ダイエット中なのでパス。
赤門から東大を出て、本郷通りを南下して、菊坂通りもいつもの道ですが、
菊坂下道に入らず、左折して本妙寺坂を上ってみることにしました。

091103_01.jpg

これが登ってから菊坂通りを振り返ったところ。
ちょっと歩いて右側を見ると、おや、路地がありますね、入ってみました。

091103_02.jpg

正面に見える大きなビルが文京区役所シビックセンターですけれど
路地を抜けたところにある4階建ての建物が、文京ふるさと歴史館でした。

091103_03.jpg

これは歴史館の前から、ここに来るとき、いつも利用する炭団坂方面、
いい天気ですね。 歩いていても爽やかでした。

今年の企画展「実録!”漫画少年”誌−昭和の名編集者・加藤謙一伝−
通常なら300円の入館料が、文化の日の今日はタダになるんですよね。
これは利用しないテはありません。

地下の企画展示室、そんなに広い所ではないのですが、
いつもながら、気合の入った展示物とパネルがあって、
真剣に読んでいたら、あっという間に1時間が経過してしまいましたねぇ。
2階と1階の常設展示、いつも見てますけど(いつもは入場料100円です)
これらもしっかりと見て出てきたら1時半じゃないですか。

さて、次はどこに行くか・・・春日通りに出て、思案。

東大の中央食堂は2時まで、行ってみるか、との誘惑もありましたけど、
東大には戻らず、かねやすの前をそのまま切通坂へと向って湯島天満宮へ。
この道ももう何度歩いたことでしょうねぇ。
かつて若き日の石川啄木、逆に深夜この切通坂を登って帰ったそうです。
だから何だってことありませんが・・・

やはり予想通り湯島天満宮では、
文京花の五大祭の最後を飾る菊祭りが開催されていましたよ。

091103_04.jpg

個人的には菊の花には良い思い出はなかったのですけれど・・・
ゆっくりと境内を回って菊の花を愛でるのもいいものでしたね。

091103_05.jpg

黄色で尖がっているのが江戸黄八丈という品種だそうです。 面白いなぁ。

やはりお腹も空いてきたし(今日はこればっかりやな)帰るとしましょう。
ここから帰るなら御徒町・・・

そうそう、いつも通勤電車の中から見ている吉池、探検してみたくなりました。
特に2階お酒売場

091103_06.jpg

大お酒売場、250坪 4,000アイテム、これが気になってたんですが、
ほんとここは素晴らしいところでした。
何より、日本酒のワンカップが見事なまでの品揃えでして、嬉しくなりました。

特に、司牡丹ほろよいカップ、これが懐かしかったなぁ〜
高知出張時、地元スーパーのエースワン(ACE ONE)でよく買ってきて
ホテルの部屋で土佐鶴とともに毎晩飲んでましたからね。

ということで、このワンカップも懐かしかったけど、やはり一升瓶でしょ。
金鳳・司牡丹捕獲しちゃいました。 1,887円。
高知出張時には、同じ金鳳の紙パック(1.8ℓ)がエースワンにあって
よく自分用の土産として買って帰ったものでした。

高知のお酒というと土佐鶴が有名で、これも辛口で美味しいのですけれど
個人的には司牡丹のやわらかで華やかな味わいが好きなんですね。

091103_07.jpg

さっそく、萩むらさきの預け徳利とぐい飲みを使って頂くとしましょう。
先日買った愛媛でびらかれい秋田わさび漬けもありますしね。
そうだ、冷蔵庫の隅に、わかやま喜集館で買ったうるめも残っていたはず。

文化の日、各地の名産を頂いて、食欲の秋といたしましょう。
ではでは、これから廃人になります・・・
posted by fronte360 at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

今週が始まって、せとうち旬彩館

飛び石連休のハザマ・・・のんびりとした出勤のはずでしたが
先週末、セミナー聴講&ショウ視察の帰り、17時半頃に携帯に連絡あって
夕方15:30より蒲田に出張してきました。

17時、そのまま返ってもバチは当たらない・・・と思いましたが、
川崎オフィスに戻って状況報告、休み明けの午後は町田出社しないとね。

社外のお客さんと話しているときは活き活きとしているんだけれど・・・
社内の人間と話すと気が滅入るんですよね、なんか悪いイメージ覚えてます。
で、帰宅途中、19時を回ってましたけど、気分転換に新橋で下車。

愛媛県と香川県のアンテナショップ、せとうち旬彩館に寄り道

091102_01.jpg

梅錦辛口カップ(190円)、でびらかれい(525円)
捕獲してまいりましたが、梅錦の値段に似合わず美味しいこと。
サラリとした口あたりにフルーティな味わいがほのかに拡がって
そりゃあ吟醸なんかには及びませんが、この値段でこの味は見事だな。
糖類も添加されていますが、やはり基本は味わいですよ。
吟醸でもまずいものはまずいし(嗜好の問題ですけど)。

今回は愛媛県でまとめてみましたが、
四国4県のうち、愛媛県だけ宿泊していないのではないかな・・・
高校生時代より通過はしているんだけれども。

やはりお遍路さんだな。
posted by fronte360 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

田端から東京駅まで、皇居経由

今日は第1日曜日、竹橋の東京国立近代美術館の常設展が無料になる日。
ちなみに今月は・・・
3日の文化の日、12日の天皇陛下御在位20年の記念日も無料ですよ。

ということで11時半、東京国立近代美術館に向って散歩に出発!
まずは本郷図書館でCDを返却して身軽になりました。

まず目指すは東大ですが、根津神社を経由せず、ほぼ最短と思われるコース
30分で本郷の正門前を通過、ちょいとペース速いかも・・

本郷通りから菊坂通りへと折れ、こんにゃくえんま
ここまでは勝手知る道ですが、実はここから南はちょいと不案内

091101_01.jpg

東京ドームシティはまだ大丈夫ですが、ここから小石川後楽園沿い
この道は始めてですが、なんとなくで方向を定めます。

091101_02.jpg

小石川後楽園を回り込んでJR飯田橋駅を目指します。
ここから九段下までは仕事で何度かうろうろしたことあるのですね。

そして九段下から竹橋に方向を定めます。
途中まで東京法務局への道なのでこれも仕事で通った道、
そしてここから、また始めて、清水門から北の丸へと入りました。

091101_03.jpg

すると吉田茂の銅像がいましたよ。

091101_04.jpg

科学技術館の前を通って、これが国立公文書館

091101_05.jpg

ここも仕事でお邪魔しましたが、仕事できるといいな。
この隣が、お目当ての東京国立近代美術館

091101_06.jpg

知らないうちに、出発してから、なんと1時間半が経ってました。
しんどいはずですね。
まずは、4階の休憩コーナーで持ってきたお茶を飲んで休憩。
これが4階から大手町方面の写真。 汗もひいたので鑑賞開始です。

091101_07.jpg

もう何度も来てますので見慣れた展示と思いつつも・・・
ときに目新しい作品もあって、結局1時間半、たっぷりと鑑賞しましたよ。

さて、ここから帰路ですが、平川門から皇居東御苑に入ります。
これは平川門へのお堀から国立近代美術館を見たところ。

091101_08.jpg

桃華楽堂香淳皇后の還暦記念の音楽堂で1966年に建設されたもの
香淳皇后の印を使われていたのでそれにちなんだイメージですね。

091101_09.jpg

天守台、江戸城の天守閣の跡ですね。
2代秀忠の時代に完成したあと3代家光の時代に大改築したものの
19年後の明暦大火振袖火事)で消失、その後は再建されなかった
その跡ですね。

091101_10.jpg

上るとこんな感じ。 見晴らしは、やはりいいですよ。

091101_11.jpg

芝生の中を突っ切って歩くと、やはり気持ちがいいですし、
足元がクッションなんで、歩いているも楽ちん!
その芝生が終わると、サクラが咲いていますよ。

091101_12.jpg

ジュウガツサクラ(十月桜)という品種だそうです。

091101_13.jpg

番屋も3つほど残っていて、これは百人番屋。 一番大きなのです。

091101_14.jpg

三の丸尚蔵館にも立ち寄って皇室の品々を鑑賞。

091101_15.jpg

大手門から皇居東御苑を出る途中、南の方を見ると東京タワー
ちょいと雲行きも怪しくなってきたので、急いで帰るとしましょう。

東京駅よりJRに乗って帰ってきました。
結局、田端から東京駅まで歩いたのでしたね。

これは最長不倒距離かも。
最終的には渋谷まで歩くことを考えてますけれど・・・
大航海時代、航路を開発しているような気分で毎度歩いていますね。
posted by fronte360 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする