2009年10月31日

有楽町、東京交通会館で各地を廻り歩き

昨夜はうたた寝をしてしまったので疲れが抜けてないのかな、
お昼前、断続的にコタツでまたうたた寝をしてしまって気付けば14時。
いい天気だし、ちょいと地方廻りに行くことにしました。

といっても行先はJR有楽町駅前東京交通会館ですよ。

091031_07.jpg

まず1階にドーンと構える北海道北海道どさんこプラザ
規模は東京駅前のフーディストには及びませんけど、よく混んでますね〜

091031_08.jpg

2階に上がると、ちょっと奥まったところに
長野県観光情報センターがあって、ここは物産品というよりも観光案内。

091031_09.jpg

そして向かい側のスペースには、滋賀県ゆめぷらざ滋賀
ここも観光が主かな、特産品もありますけどね。

091031_10.jpg

今度は地下1階にまで降ります。
あ、これは手持ちの情報にありませんでした、ザ博多
福岡県のショップですね。 辛子めんたい色で統一されてますよ。

091031_11.jpg

そして個人的にはお馴染みの、和歌山県わかやま喜集館
やはり関西のショップは嬉しいものがあります。

091031_12.jpg

この向かいには、これもお馴染みの、富山県いきいき富山館
ともに海の幸、山の幸が豊富にあるのが嬉しいところ。

091031_13.jpg

この先、地下鉄の連絡口のところに、静岡県しずおかプラザ
ここは東京観光案内所なのですね。

091031_14.jpg

さて、1階に戻りましょう。
秋田県花まるっ秋田ふるさと館、ここは物産がとても充実しています。
ちょっと馴染みのないものが多いのですが、これがまた楽しい。

091031_15.jpg

そしてトリは・・・
全国のうまいもの1,300品目を集めた、むらからまちから館

091031_16.jpg

全国商工会連合会が運営するアンテナショップです。
特に酒類が豊富で、200種ほどあるそうなんで(確かに多いですよ)
左党の方にはお勧めかもしれません。

という私は、花まるっ秋田ふるさと館、ここも酒類が豊富でして、
ワンカップ2つとわさび漬を捕獲してまいりました。

091031_18.jpg

春霞 精撰カップ(204円)
北鹿 秋田のおいしいにごり酒(180円)
秋林商事 森吉山わさび漬 35g(100円) リーズナブルでしょ。

なおこの帰り、
ご近所、昭和の臭いが色濃く残る田端銀座商店街でもお買い物。

091031_17.jpg

バナナ3袋・15本(100円)、サツマイモ1袋・4本(89円)
ダイコン1本(69円)、ニンジン1袋・4本(100円)、コンニャク(58円)
特売品狙いですけど、こちらもたいへんリーズナブル、住みやすい町です。
posted by fronte360 at 17:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご近所散歩、千駄木・根津

土曜朝のゴミ出しついでの散歩
先週、9時間かけた房総半島一周をやったので、第2弾とも考えましたが・・
逆に最近ご近所を歩いていないので、東京大学まで行って帰ってきました。

安田講堂前の銀杏並木はまだ黄葉しておらず緑のまま、
見事な黄葉はまだちょっとお預けでした。

さてその東大までの散歩コース
今回は千駄木5丁目の路地を縫うコースで、根津神社へ向います。

091031_01.jpg

昭和の時代に時を停めたような路地が色々とあるんです。

091031_02.jpg

091031_03.jpg

そしてこれを抜けると御林稲荷神社
小さな祠ですが、その前の境内は掃き清められて、信仰の厚さを感じます。

091031_04.jpg

根津神社にお参りし、S坂を登って
東大地震学研究所の門から入り、農学部弥生キャンパスに抜け、
言問通りを大学内の陸橋を使って越えると、本郷キャンパス工学部
そして安田講堂は勝手知るコース。
その安田講堂裏は理学部
ノーベル賞の小柴先生の名を冠したホールを横手に見て、
弥生門より大学を後にして帰路。

言問通りより農学部の農場の裏手へと周り込むと
サトウハチローさんの旧居跡がありますが、ここも知った道です。
異人坂を下ってまた根津神社経由としました。

091031_05.jpg

根津神社手前の根津小学校で見つけた看板、そうですね。
古くから住む人が多く、落着いた所で好きですよ。

091031_06.jpg

そして根津神社は漆の塗替え工事も終わってツルピカで
これが江戸趣味・・・
京都・奈良の古都・古寺巡礼に馴染んだ者には理解しにくいのが難点かな〜
posted by fronte360 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

ようやく一週間、終わりました

今日も東京ビッグサイトよりそのまま帰宅しましたが、
帰宅途中、会社より携帯に電話があり、月曜日に客先に行くことに・・・
新しい展開になるでしょうかね。

さて、都内在住ゆえ、部屋には7時前に到着します。
昨日は行きそびれた図書館に行ってCD6枚を返却しましたが・・・
またまた6枚を捕獲して戻ってきました。

091030_01.jpg

イタチごっこみたいですけど
これも週末の開放感かな、いい息抜きにはなったと思います。

今回はクラシック音楽が主体
アリシア・デ・ラローチャ、モーツァルト/ピアノ・ソナタ全集V
アリシア・デ・ラローチャ、モーツァルト/ピアノ・ソナタ全集W


先日鬼籍に入られたラローチャさん
我が家に始めてレコードが聴ける装置・電蓄(電蓄が判る人がいるかな)
これが来たのは小学4年の頃でしょうかね、
これとともに母親が買ったのがラローチャさんの演奏する名曲集でした。
それ以来のお付き合いだから、40年以上かしら・・ 偲びましょう。

村治佳織、シンフォニア
美人ギタリストですね、大阪のいずみホールのリサイタルに行きましたが
クラシックのコンサートとは思えない若いおにいちゃんたちが
ロビーで地ベタリアンしていたのに驚きました。

廻由美子/スカルラッティ:22のソナタ集
スカルラッティのソナタは、上記の村治さんのにも入ってますが
まとめて聴いてみたくなりました。
さん、愛聴している、清水まゆみ(vn)さんへの伴奏での
ブラームス・イン・小樽」から注目しています。

竹内まりや/デニム
仲宗根かほる/a time for swing vol.2 仲宗根かほる進駐軍時代を歌う
女性ヴォーカル、このところの定番ですね。
posted by fronte360 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

クライネルト/ベルリンRSO、シューマン/ライン

このところ、忙しくないはずだけれど、ちょいと慌しくなってきてます。

ここの書き込みは減っていますけれど、決して忙しいわけではなくて
モチベーション曲線もあいかわらずの低空飛行なんですけどね・・・
帰宅すると、すぐにアルコール注入で廃人同様になってしまうのですね。

ま、それなりに割り切ってやるのがオトナというもんです。

さて、ここの書き込み、本来なら本家のクラシック音楽のゴミ箱・・・
だったんですが、最近サボってますね。

ほぼ毎日、愛用のメモリプレーヤではクラシック音楽を聴いているんですが
あまりピンと来るものがなくて・・・

三枝さんの交響曲「イカの哲学」
なんか音楽はハチャトリアンというか、大澤壽人さんには及ばないし
ナレーションがついているぶん、また安っぽく感じてしまったり・・・

小澤征良さんがナレーションした武満徹さんの「系図」
声が落着いていて良くないですね、この曲の意図する声、
成人するまえ女の子、ちょっと甲高い声質でかつ鋭さ、が感じられない・・

でもって、いつものを繰り返し聴いていますが
昨夜、この内容を入れ替え、またもやEGR(East German Revolusion)

これも今は無きPILZの遺物で、何度も聴いていましたが・・・

44 2068-2.jpgこのところの精神状態にシンクロ?
したのかな??

ロルフ・クライネルト(Rolf Kleinert)
クライナートとの表記もありますが
この旧東ドイツの指揮者による
シューマンの交響曲第3番「ライン」
この演奏に、大きく心を打たれ、電車の中で思わず震えが止まりませんでした。

第1楽章の終結部でのホルン?のファンファーレのなんと豪快なこと。
第2楽章での、とうとうとしたラインの流れ、
涙がちょちょ切れるような感じですよね、そしてここも終結部も見事。

内面からふつふつと沸き起こるような豊かな表情と、感動。
以前から聴いていて、いい演奏だとは思っていましたが、
久しぶりに聴いて、今の自分とどこかがシンクロしたんでしょうかね、
大きな感動を覚えました。

シューマンの音楽、交響曲以外ももっと聴いてみないとダメですね。
posted by fronte360 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

古代カルタゴとローマ展ほか

昨夕、自宅に戻っての「一人おつかれさん」でまたまた痛飲してうたた寝、
夜に自宅からの電話で目覚めまたものの、またコタツで朝まで・・・
いけませんなぁ。

散歩しようにも小雨が降ってますので
朝7時半、散歩のかわりに、山手線に乗って巣鴨まで買い物に出て、
このあと近所の肉のハナマサでも色々と食材を捕獲しました。
今月も金欠になりそうですんで、ちょいと値のはるオリーブ油も調達。

オリーブ油ダイエットじゃないですが、
焼いたトーストやバケットにオリーブ油を付けて食べてますし
野菜炒め、焼きそばなどもオリーブ油・・・
というか、我が家の油は、オリーブ油しか存在しないんですね。

ちょいと話はオリーブ油のことになりますが

狭心症で心臓が止まった約10年前、
摂取する油が身体に影響を与えることを知って、オリーブ油を愛用してます。

オリーブ油は、酸化されにくいオレイン酸という不飽和脂肪酸を多く含んで
固まりにくい性質を持ち、加熱しても有害なトランス脂肪酸を生成しにくい、
そんな性質があるんですね。

また伝統的にオリーブ油を大量に使う食習慣を持つギリシャでは、
心臓病の発生率が、他の欧米諸国の約1/3ときわめて低くて、
オリーブ油が循環器系疾患のリスクを減らす可能性も注目されています。

ちなみに植物性のマーガリンは、トランス脂肪酸を多く含み、
心臓疾患の原因になる可能性があります。
日本では無規制ですが、欧米では規制されていて、
ニューヨークでは使用禁止じゃなかたかな(ウロ憶え)
輸入のクッキーなどでは、トランス脂肪酸の使用率が明示されてますね。

ということもあって、我が家ではパンにもバターまたはオリーブ油でして・・
オリーブ油ダイエット以前より愛用してますし、ほぼ毎日口にしてます。

Carthage.jpgさてさて、そんなオリーブ油の産地でもある
チュニジアの世界遺産
古代カルタゴとローマ展」に行ってきました。
東京駅に隣接した大丸東京店の10階です。

実は9月の終わりに帰省したとき
中野美術館に行ったのですけれど
ここに招待券があったので貰ってきたのですね。
ちなみに中野美術館も半額割引券で300円で入ってて・・・儲けました。

今日が最終日でしたけど、
ちょうどお昼時に行ったこともあって、ゆっくりと観ることができました。

もともと受験では世界史をとっていて、かつ得意科目でもあったことより、
カルタゴハンニバル将軍ポエニ戦争・・・
懐かしい響きですしね、興味深かったですよ。

ローマに占領されてからローマ風となってしまいますが
建物の床などを飾ったモザイクはなかなか見応えありましたね。

約1時間、ゆっくりと観てから
八重洲駅前にある北海道のアンテナショップで出汁用の昆布を購入。
これ重宝するんですね、関西人は昆布出汁が基本ですから。

次に、有楽町か新橋の他県のアンテショップ巡りでも・・・
と思いましたけど、東京の田舎、日暮里に行き、
谷中銀座〜よみせ通りを抜けて戻ってきました(金曜夜も行ったけど)。

091025_01.jpg

谷中銀座夕焼け段々の手前
トラックに野菜・果物を載せて売っていたおにいちゃんのところで
バナナ6本、80円(オマケで1本付けてくれたので7本、80円)
100円玉を出したおつりに「はい、20万円」
ベタなギャグも下町でしたね。
posted by fronte360 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

西日暮里→田端、9時間

昨日は給料日、国産原料全量仕込の麦焼酎を捕獲して帰りましたが・・・
痛飲してうたた寝、布団を敷くスペースを空けたところで力尽きてました。

ということで、4時前に目覚めて布団を敷きましたけど・・・眠れず。
結局朝になっちまいましたよ。
朝6時、いつものゴミ出しついでの散歩に出発です。

で、今日はかねてより考えていたことを実行するため、JR西日暮里駅へ。

091024_01.jpg

130円切符(ちょっとピンボケですが)でJR田端駅へ向かいます。
6時21分発の山手線で、まずは東京駅
ここで6時41分発の京葉線快速に乗り換えて蘇我駅7時29分着。

蘇我駅からは内房線、7時36分発の君津行きに乗り込み、
8時08分に木更津到着、ここで次の電車を待ちます。
待つ間に、引込み線の久留里線の車両を撮ったのがコレ。

091024_02.jpg

今日は天気がイマイチです。 小雨も降ってきました。
8時35分、館山行きの電車がやってきました。
本当は蘇我からコレに乗るつもりだったんですけど、
肌寒いので電車に乗ったというわけです。 しかしここで雨が降るとはね・・

113系電車、君津からボックス席を一人で占拠して9時52分館山到着
ここで10時12分発の安房鴨川行きに乗換えました。
211系、5両編成のロングシート車でしたが、1列まるごと占拠。

091024_03.jpg

写真のバックは館山駅です。 お洒落ですね。
さて、安房鴨川には10時53分到着。
ここから外房線、向かい側の113系に乗換え、10時57分発です。

091024_04.jpg

こちらもボックス席を一人で占領していましたが、
茂原あたりより人が増え、大網に到着する頃には4人掛が満杯、
というわけでもありませんが、予定どおり12時22分、大網で下車。

大網から東金線、113系で、12時25分発はまたガラガラ。
ボックス席を占拠して、成東に12時42分着。
到着した0番線ホームから、総武本線の3番線まで小走りで移動、
3分乗換えなんですね、12時45分発の千葉行きは、211系でした。

最初ガラガラだった電車も徐々に混んできて、千葉駅到着13時29分。
3分乗換え、4分乗換えと続いたのでトイレ休憩をして
13時40分発の総武線各駅停車に乗り込みました。

一気に戻りたいところですが、ルールがあります。

14時04分に西船橋で下車して、武蔵野線に乗換えます。
思いのほか、早めに移動でき、14時07分発の府中本町行きに乗れました。
ここは205系電車ですね。

14時50分、南浦和到着。
ここから京浜東北線、14時56分発は混んでいたので、パス
南浦和始発15時00分発、田端15時23分着で朝の散歩が終了です。

091024_05.jpg

これは愛用している田端駅南口
改札機が2つしかありません(片側しか通れないので実質1つ)。
こんな駅も山手線にあるんです。 ここが一番の田舎かもしれません。

蛇足

この改札に130円の切符を入れたらピンポーンと閉じてしまいました。
退屈そうな年配の駅員が急にシャキとし、
切符を見せたら怪訝そうに「どこに行ってたの」と、
まるで小学生に聞くような口ぶり(最近のJRでは珍しいかな)。
ポケットに忍ばせた上記の行程を書いたメモを見せて
「いいですよね」と念を押して出てきました。
西日暮里→田端、一駅に9時間かかってますもんね・・・

091024_06.jpg

posted by fronte360 at 18:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

明日は給料日

いやはや、今月は苦しい・金欠な一ヶ月でした。
今日なんて、お昼ご飯を食べたら、財布から紙幣が消えちゃいましたしね。
明日の午前中、補充するとしましょう。

昨日、町田オフィスに出張でしたが、
面白くも無い研修のあと、同僚に誘われ、ご近所の中華屋さんで飲み会。
これが、ちょいと誤算でした。

深酒はしてませんけどね、帰宅が遅くなったので、
いやぁ、仕事中の眠かったこと(昨日の研修はナニだったのかと)・・・
定時になったら、そそくさと帰宅しましたよ。

19時前だったので、返却CD6枚持って本駒込図書館へ

こんな金欠状態であっても関係ありません、
また、タダで、CD6枚を借りてきちゃいましたよ。
お金はなくとも、文化的な生活、憲法の精神でっせ! ほんまかいな?

091022_01.jpg

そして今日借りたのはクラシック1点

三枝成彰/ピアノ協奏曲「イカの哲学」
ベートーヴェン/交響曲第1番
井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢、木村かをり他


そして女性ヴォーカル大集合ですね。

このところのお気に入りの平賀マリカさんから園まりさんまで・・・

平賀マリカ/バトゥカーダ(BATUCADA) jazz'n'Bossa
中本マリ/イン スタイル(in style) featuring Del Mare
園まり/GOLDEN★BEST
倉木麻衣/ワン ライフ(ONE LIFE)  2008/1/1発売 7th
エラ&ルイ・アゲイン  1957/8/13,23 ロス・アンジェルス録音

♪ 愛した人は あなただけ
♪ わかっているのに
♪ 心の糸がむすべない ふたりは恋人


お酒が進みます。

posted by fronte360 at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

戻ってきました、文京区

金曜日に両国に出張し、午後より帰省し、
今日は新大阪オフィスに出社し、夜に戻ってきました。

思いもかけず多忙で、振り回されましたけど、
なんか、問題点ばかり見えてきたようで、充足感は感じませんね。
これって、危ない兆候だと、常々思ってますけどね・・・

で話は変わって、今回の帰省時の収穫はプリンタでしょうかね。
プリンタと言っても、いわゆる複合機、
もっぱらスキャナとして利用しているんです。

じつは前回帰省時、
自宅にあった古い方の複合機を修理に出し、
今回の帰省時、修理完了で取ってきましたんで
新しいほうを、こちらに持ってきました。

091019_01.jpg新しいといっても2年ほど前の製品ですよ
(修理したのは5年前の製品かな)
宅配便で送っても良かったけど、
一人暮らしでしょ、受け取りが面倒なんです。

重いけれど、手に提げてもってきましたよ。
まだまだ若いね。

そしてさっそくスキャンしたのがコレですね。

文京区立本駒込図書館のスタンプです。
CDを借りると、こんなスタンプがジャケットなどに押してあります。

さすが神明都電車庫跡公園に隣接しているので、
都電があしらわれているのが嬉しいところです。

ちなみにこのCDは、中森明菜さんのベストアルバムですね。

091019_02.jpg
posted by fronte360 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

枚方フィルハーモニー管弦楽団 第70回記念定期演奏会

ベートーヴェンの第九
hirakata_phil_70th.jpg
このオケの紆余曲折は公式HPの年表
これを見ていただくとして

第70回の祝祭にふさわしい、
力強い演奏に新しい枚方フィルを見た!聴いた!
そんな印象を受けました。

簡単ですが、取り急ぎ、以上

posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜11-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

「ベニスの愛」〜ジャズとバロックの対話

今日はこれから都内某所で催される某シンポジウムに行くので
部屋でのんびりとしてます(本日もまた5時前に起床ですが)。
最近、このパターンが多いですね(出社拒否症ですかね)。

今日のシンポジウムは文書管理というよりも資料保存なのですが
聞いてみたい講演があるし、業界調査といった面でも興味ありますね。

でも今日は午後から退散させていただいて、そのまま帰省しちゃいます。
そして月曜日は新大阪オフィスに出社、1ヶ月ぶりに自席を暖めます。

本当は、月曜日をお休みにして火曜日に新大阪出社のつもりでしたが、
この時期、早々にやらないといけないこともあるので月曜は新大阪、
でもって、火曜日は川崎、水曜日は町田となってしまったので
今日は半日休暇としたしだいです。
全部休んでも支障ないと思いますけど、シンポジウムも捨てがたいので。

さてさて、そんなこんなで、とにかく時間に余裕があるんで
またまた、ステレオに火を入れて聴いているのが

「ベニスの愛」〜ジャズとバロックの対話pl1009.JPG

これも1977年発売の1,000円盤レコード
販売促進用みたいな存在
グロリア・パイロット・シリーズです。

バロックの名曲を1曲毎に
スィングル・シンガーズのコーラスと
クラシック演奏を並べて演奏してゆくもの。

一見取り止め無さそうにも思いますが、これもいい線いってるアルバムです。
曲・演奏が良いからだと思いますけど、いずれもすんなりと入ってきます。

スィングル・シンガーズといっても今の人は知らないかもしれませんが、
スキャットでダバダバと歌うフランスのジャズ・コーラス・グループですね。
1970年頃には大いに人気があったので同年代の方ならご存じでしょう。

バロック音楽が、即興性に飛んだ独自の小宇宙を持っているからこそ、
いつの時代も人を惹きつけてやまない・・・
そんなことがどこかに書いてました。 まさしくそのとおりですね。

さて、そろそろ出発準備しましょう。
posted by fronte360 at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする