2009年03月04日

ハラシェヴィッチ、ショパンの心

fg99.jpgアダム・ハラシェビッチ
1955年の第5回ショパン国際コンクールで
ポーランド出身の若手ピアニストとして優勝
このときの2位がアシュケナージでした。

2位のアシュケナージに比し
ハラシェヴィッチの活躍は聴こえてこないが、
廉価盤フリークにとってこのショパン
お馴染みのレコードではないでしょうか。

1973年、日本フォノグラムのフォンタナ・レコード
グロリア・パイロット・セブンとして発売された1,000円盤ジャケットが懐かしい。
当時はショパンのピアノ曲に興味ありませんでしたが、見慣れたレコードです。

これもレコファン渋谷BEAM店のゴミ同然の中より救出した100円のもの。
ショパンの祖国ポーランド出身らしく、自然体での演奏ですね。
技巧よりも郷土色と言っていいのでしょう、しみじみと感じさせます。
朝のしっとりとした時間をすごすのにいいですよ。

さて今週のお仕事は月曜夕刻より激震が走ってます。

月曜は21時までお客さま先で検討作業でしたし、
昨日は11時にお客さま先の偉い人に説明および現物もお見せして、
昼から場所を川崎オフィスに移し、親会社営業と資料作成を手伝い、
やはり21時に会社を退散してました。

こちらとしては、現在の作業は作業として、粛々と進めるのみ。
しっかし、やはり疲れますねぇ。 なんかぐったりとしてますよ。

とりあえず今日もお客さま先に行きますが、
昨日手をつけられなかった諸雑事のために昼過ぎに川崎オフィスですね。
気合入れなおして頑張りましょう。

posted by fronte360 at 06:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする