2009年03月14日

ウィルヘルム・ケンプ、ベートーヴェン/3大ピアノ・ソナタ

1967年度ADFディスク大賞受賞
smg2002.jpg最高のベートーヴェン奏者ケンプの最新録音

ベートーヴェンの3大ピアノ・ソナタ
《悲愴》《月光》《熱情》


レコードの帯には上記のとおり書かれてます。

これもまたレコファン渋谷BEAM店の100円救出品
自宅にも持っていたかもしれませんが・・・

ダブル・ジャケット仕様のデラックス・シリーズで
とても状態の良いレコードで、演奏もいわずものがなの名演。

格調高く、また暖かな人間味も見えてくるようで、
いわゆるドイツ風だけれども豪胆さ力強さとは違う深い味わいが魅力的。

とくに《悲愴第2楽章、香るような瞑想的な美しさが素晴らしいなぁ。

さて、先週は結局1日も会社には出勤できず、
お客さま先で個人の携帯電話を酷使しての不自由な環境での対応に終始・・・
しかも、先週の土日は長男がやってきたので疲れが溜まってます。

ようやくの休日となりましたけれど、これより休日出勤をして事務作業。
見積書も作らないといけないし、旅費精算もしたいし・・・

とにかく今は、休日出勤前のリラックス・タイム

東大寺大仏殿で売っているお線香「薫風」を焚き
くゆる紫煙をながめながら、ケンプのピアノを聴いておりました。

090314_01.jpg

残り少なく短くなったお線香
自分の人生の残り時間と重ね合わせてしまいますねぇ。
充実した時間をすごしましょう。
posted by fronte360 at 10:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

柳ジョージ&レイニーウッド、Woman and I

柳ジョージ&レイニーウッド
l6305a-6a.jpg
1980年 アトランティック・レーベルへ移籍
その後に発売された2枚組オリジナル・アルバム
Woman and I

サブ・タイトルは
OLD FASHIONED LOVE SONGS

ヒット曲「青い瞳のステラ」「テネシー・ワルツ
これ以外もみな男臭くて、渋い音楽がまたカッコイイなぁ!

飲んでいたワインをウィスキーに切り替えました。
(実はワインを飲み干しただけなのですけどね〜)

これもレコファン渋谷BEAM店のゴミ同然の100円レコードですね。
紙ジャケで完全CD化されたので放出したのでしょうね・・・
2つ見つけ、状態の良いほうを連れて帰りました。

拾う(貧乏)神・・ですかね。

さてお仕事、実行することは規定路線なのですけれど・・・
肝心の書類が出てこないため、手配がかけられない状態なんです。

派遣会社2社のせめぎあいの調整もしないといけなくなっており・・・
(これは自分の心変わりの影響も大なのですけれど・・・)
あまりいい精神状態ではありませんけど、やるしかない、これですねぇ!!
これで乗り切りますよ。

悩んでなんかいませんよ(鈍感ですし、単純思考なんです)。
できる、そう信じてやるだけですから。 迷いはありません。

今回、一緒に仕事している会社のメンバ2人が信頼できるのは幸いです。
これ以上のメンバが会社に残っていないのは悲しいところですけれども・・・

とにかく、柳ジョージ&レイニーウッドを聴き、
ウィスキーを飲みながら、明日への英気を養っております。
posted by fronte360 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

渡辺貞夫、ORANGE EXPRESS

25h1280.jpg1977年の「マイ・ディア・ライフ」より続く
1981年発売のナベサダのフュージョン・アルバム

草刈正雄とのコンビで出演した
資生堂ブラバスのCMでヒットしたタイトル曲

この曲には当時人気絶頂のギタリスト
ジョージ・ベンソンも加わった豪華キャスト
歌心に溢れた音楽が、これも心地よいですね。

これもレコファン渋谷BEAM店のゴミ同然の100円レコードですよ。
捨てる神あれば、拾う(貧乏)神あり・・ってことです。

お金がなくて、買いたくても買えなかったレコード、
ヒットしていた頃にはミーハーみたに思われて買い難かったレコード、
チャラチャラした歌謡曲でも気になっていたアイドルのレコードなどなど・・
100円ならば買ってみよう、てな気持ちになりますものね。

さて、今日は嵐の前の静けさで平穏にすぎました・・・

早々に帰宅し、部屋でのんびりとしていましたが、
いきなり、お客さまより、個人の携帯に電話がありましたよ。

急きょ上司や同僚、親会社の営業に連絡をとり
明日以降の手はずを整えて・・ なかなか休まりませんね。

明日からそろそろ戦場の様相を呈することになるでしょうか、
お客さまとしても電話は当然のことなのでしょう。

しっかし、こんなときに我が社の役員
一度現場を見たい・・ と言って来るのが明日の早朝なのですね。

物見遊山、遊びになら来るな、とも言えずOKしたものの・・・
微妙な関係の中で動いてます。
悪いバランスにならないよう、明朝早々にクギを打たせてもらいます。

こうなると、上司や役員といえど、関係ないですからね。
仕事がうまくいく、これがすべてですから・・・

そんなこんなを考えるより、気楽にナベサダを聴きましょう。
ワイン片手にね バー ルネッサンス〜
posted by fronte360 at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

渡辺貞夫、California Shower

ナベサダの「カリフォルニア・シャワー

vij6012.jpg1978年に100万枚以上をリリースした
ジャズ=フュージョンの名作アルバム

デイブ・グルーシンのイントロ
ナベサダのアルト・サックスの歌・・
タイトル曲「カリフォルニア・シャワー
どこかで一度は耳にしているメロディ
(資生堂ブラバスのCMだったかしら?)

歌心あふれたアルバムですね。 気持ちも軽くなりますよ。

今週、お客さま・親会社・派遣会社2社、そして自社上司の間を取り持ち、
お客さま先より、自費の携帯電話を酷使して調整をしてます。

携帯電話の代金も気になりますが、
それよりも微妙な人間関係、お客さま内部のパワーバランスに気遣い
精神的にとことん疲れています。

これが仕事・・・と言われればそれまでですけれど。
せめて自宅ではアルコールをたしなみながら(注入しながら)音楽を聴く
これが挽回策ですわ。

そしてこのレコードもまた
レコファン渋谷BEAM店のゴミの中より救出した100円レコードですね。

掃き溜めにツル、当方の境遇もまた同じであると信じたいな。
posted by fronte360 at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

バロック・ハープシコード名曲集

疲れてますね・・・なんだか気だるいな。

長男は昨夜23時過ぎに帰宅したと電話がありましたが
その時すっかり寝てましたけど、今朝もまだ疲れが抜けてません。

fcca280.jpg久々の一人の落着いた朝
バロック・ハープシコードによる音楽
これを集めたレコードを
ステレオのヴォリュームを絞って聴いてます。

A面のヘンデルの「調子のいい鍛冶屋
サラバンド」などよりも
B面のスカルラッティのソナタ「パストラーレ
バッハの「プレリュードとフーガ」などがいいな。

このレコードもレコファン渋谷BEAM店の100円レコード
ソニーファミリークラブのバロック音楽を集めたレコードの1枚ですね。
CBS-SONYレーベルだけでなく、エラートのものも含まれてて
多数ころがってましたが、試しに捕獲してみました。
100円ですから、冒険しても知れてますし。

演奏は、イゴール・キプニス
よく知りませんが、ベルリン生まれながら幼少時にアメリカに渡り
アメリカで学んだ人だそうです。 よく知りません。
18世紀のフランスの大型ハープシコードの復元モデルを使っているそうで
小曲の多いA面にはスピネットのような小型のを使って欲しかったなぁ。

さて、今週もまた波乱の一週間でしょう。

前向いて進むしかない・・・そんな感じなんですわ。 では

posted by fronte360 at 06:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

長男がやってきました

結局、金曜夜22:03着の新幹線に乗って長男がやってきました。

目的は本日東京ビッグサイトで開催されるヲタク系同人雑誌の即売会
あとはオヤジがどんなところに住んでいるかの見学ですね。

ということで、この土日はのんびりもしておられず、
今朝は長男をビッグサイトまで連れていったあと大井町経由で川崎に移動
休日出勤もしてきましたぜ。 忙しいんだから・・・

ところで昨日、長男を連れ、いつもの散歩コースを巡回しました。

延命地蔵尊→富士見坂→谷中銀座→観潮楼→藪下の道→根津神社→
そして東京大学

東大の構内を30分以上にわたって案内しましたが・・・
立派な建物に驚いていたものの、ここにはあまり興味ない模様
なんたって学力が全然足りませんしね。 孟母三遷の教え・・は遠い。

東大を出ると、菊坂下道の樋口一葉の旧居跡を見せてから昼食、
このあと、本命の湯島天神へのお礼参りです。

高校合格のお礼にダルマの絵馬に片目を入れるだけか・・・と思いきや、
親子そろって神殿にあがってお祓いを受けちゃいましたよ。

090308_01.jpg

今度は、昨年末に長男のために合格祈願の絵馬をかけた長女のため
来年の大学合格を祈願する絵馬が必要です。

昨年末は長女の小遣いで長男の絵馬をかけてくれたので、
今度は長男の小遣いで長女の絵馬をかけさせましたが・・
何やら色々とあるみたいで、ぶつくさ言ってましたけどね。

090308_02.jpg

このあとは、湯島聖堂から御茶ノ水の聖橋を渡り、秋葉原へと。

秋葉原では、まず電子辞書を安く購入したあと
長男好みのヲタク系のお店(情けないないなぁ)をいくつか巡り、
結局ラジオ会館には2回入って、友達への土産を買ってようやく退散。

疲れましたねぇ〜
なんたって秋葉原が一番疲れましたよ。 ふぅ〜

posted by fronte360 at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ランパル、モーツァルト/フルート協奏曲

ms1131n.jpgジャン・ピエール・ランパル
言わずも知れたフルートの名手

度重なる来日公演をしていますが、
東京オリンピックの年である1964年
42歳での来日時に録音されたものです。

このレコードは、1972年に発売された
コロムビア・ダイアモンド・シリーズによる廉価盤、
いわゆる1,000円盤というやつです。 懐かしいレコード盤ですね。

これもレコファン渋谷BEAM店のゴミ同然の中より救出した100円盤です。

ランパルの小気味良い演奏に、
ウィリー・シュタイナー指揮読売日本交響楽団の伴奏、
やや四角四面ながらも、けっこううまくつけていると思います。
何より安心して聴けますものね。

さて、今週も終わりますが
お仕事は急転直下、先日の偉い人のメンツもかかっているらしく、
思わぬ方向で業務範囲拡大となりました。

早急に人員や機器を入れ、5月までかなり忙しくなる方向ですね。
今日は実務担当の課長さんとの事前打ち合わせ、
来週早々にはお客さん先の会議にも出るよう打診もありました。

こんなとき、高校に合格した長男が今夜遊びに来ると昨夜言ったものの、
いつどうやってくるかも決めておらず、
母親にもまだ具体的に何もしゃべっていないという無計画ぶり。
そもそもやって一人で来れるかのか、心配でもあります。
どうなることやら・・・ややこしいなぁ。

posted by fronte360 at 06:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

渡辺貞夫、Morning island

vil6018.jpgナベサダこと渡辺貞夫
日本のトップ・サックスプレーヤ

デイブ・グルーシンと組み
フュージョン音楽を確立した
といっても過言ではないと思います。

モーニング・アイランド
1曲目の表題作はフルートで演奏され、
2曲目ダウン・イーストはソプラリーノ、
爽やかながら、気持ちの乗ったソロが気持ちいいなぁ。

軽薄で平板で単調な感じでフュージョン自体は好きではないですが
このレコードは別格ですね。

これもレコファン渋谷BEAM店のゴミの中より救出した100円レコード
いいものを拾いました。

さて、昨日は15時にお客さま先を出て川崎に移動
途中から雨になって、なんか疲れながらの移動をしてましたね。
事務作業のためと、歯医者のための移動でしたし・・

今日は1日中お客さま先となります。
昨日、親会社より提出された概算お見積りはどうなったでしょうねぇ・・
気になります。
posted by fronte360 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ハラシェヴィッチ、ショパンの心

fg99.jpgアダム・ハラシェビッチ
1955年の第5回ショパン国際コンクールで
ポーランド出身の若手ピアニストとして優勝
このときの2位がアシュケナージでした。

2位のアシュケナージに比し
ハラシェヴィッチの活躍は聴こえてこないが、
廉価盤フリークにとってこのショパン
お馴染みのレコードではないでしょうか。

1973年、日本フォノグラムのフォンタナ・レコード
グロリア・パイロット・セブンとして発売された1,000円盤ジャケットが懐かしい。
当時はショパンのピアノ曲に興味ありませんでしたが、見慣れたレコードです。

これもレコファン渋谷BEAM店のゴミ同然の中より救出した100円のもの。
ショパンの祖国ポーランド出身らしく、自然体での演奏ですね。
技巧よりも郷土色と言っていいのでしょう、しみじみと感じさせます。
朝のしっとりとした時間をすごすのにいいですよ。

さて今週のお仕事は月曜夕刻より激震が走ってます。

月曜は21時までお客さま先で検討作業でしたし、
昨日は11時にお客さま先の偉い人に説明および現物もお見せして、
昼から場所を川崎オフィスに移し、親会社営業と資料作成を手伝い、
やはり21時に会社を退散してました。

こちらとしては、現在の作業は作業として、粛々と進めるのみ。
しっかし、やはり疲れますねぇ。 なんかぐったりとしてますよ。

とりあえず今日もお客さま先に行きますが、
昨日手をつけられなかった諸雑事のために昼過ぎに川崎オフィスですね。
気合入れなおして頑張りましょう。

posted by fronte360 at 06:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

カーラ・ボノフ/ささやく夜(Restless Nights)

昨日は、昼から川崎オフィスに行ってました。
こちらに単身赴任してから初めての、休日出勤、というやつですね。

早めに切り上げて・・・という思いもむなしく、18時を過ぎて退散。
内心、渋谷に移動してレコード探索、と目論んでいたのですけれど・・・

そんなこともあって、また今日は天気がイマイチでもあるし
軟弱にJRに乗り、渋谷まで行ってきました。

渋谷の目的地は唯一、レコファン渋谷BEAM店、ですね。
3時間近くいたでしょうか。

100円でゴミ箱同然の投売りのダンボール箱すべてをサルベージし、
このゴミ同然の中より12枚、正確には2枚組も2つあるので14枚
救出してまいりました。

25ap1699.jpgそして今、その救出品より
カーラ・ボノフの名盤
ささやく夜(Restless Nights)
を聴いています。

彼女のことは知らなくても
このジャケット写真はどこかで見た・・
そんなことはないでしょうか。

1979年に発売された彼女のセカンド・アルバムですね。

どこか切なげで、懐かしさを感じさせ、でも芯の通ったヴォーカル
かつてウェスト・コースト・ロックを愛した人には忘れられないのでは・・

ああ、ワインが美味しいな〜(結局、酒飲みですね)
救出したレコードについてはまたおいおいアップしたいと思います。 では〜
posted by fronte360 at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする