2009年02月14日

ソニー・ロリンズ/ドント・ストップ・ザ・カーニバル

rgp1161.jpg今日の音楽は
ソニー・ロリンズが1962年に録音した
WHAT'S NEW
邦題が「ドント・ストップ・ザ・カーニバル
を聴いています。

右スピーカより豪放磊落なロリンズのソロ
左スピーカより洒落たジム・ホールのギター
伸びやかなアドリブが心地よく、気分も明るくさせてくれます。

ジャズはラテン音楽の一変種である--という説を裏づけるかのように、ロリンズのテナーが描きだすラテン的アドリブはたいへん心地よい。

解説の油井正一さんが書かれていますが、まさにそのとおり。

さて、いろいろとあった今回の帰省
我が長男にとっても、高校入試と祖母の通夜・葬儀が見事にブッキング
未曾有の事態に直面してしまいましたが・・・

希望どおりの高校のコースに合格することができました。
合格したことを何より安心し、一番喜んでいるのは母親でしょう。

祖母(義母)のことも確かにありましたけれど・・・
入試直前、年末に長男の成績が急降下し、基礎も危ういことが発覚。
年始、両親揃って本人と塾の先生とで特別に懇談をしていただき、
塾を辞めることを決断、自力学習に切り替えての今回の受験でした。

この時期に塾を辞めることについて、迷いは大いにありましたが、
結果的に塾を辞めて正解という結果に結びつきましたものね。
当然、これは単身赴任している自分は外で見ているだけですから・・・

でも、とにかく、音楽聴いて、琥珀色のお水もたいへん美味しく感じられます。
posted by fronte360 at 18:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする