2008年11月10日

ジェラルド・シュウォーツ、ホヴァネス/交響曲第53番「Star Dawn」

週の始まり、なんだか疲れを引きづったままのブルー・マンデー
そんな朝にはアラン・ホヴァネスと・・・
de3711.jpg
先日転送したアルバム
HOVHANESS COLLECTION volume two」より
交響曲第2番Mysterious Mountain
続いて、交響曲第53番Star Dawn
を聴きながらの出勤です。

どこをとっても同じに聞こえる、金太郎飴のような音楽
などと言う方もいらっしゃいますが・・・
自分にとっては琴線に触れているのか、大好きなのですね。

最近では、ウィキペディアにも掲載されるようになりましたが
生前は、英語のページしかなくて、苦労して読んでいたものでした。

それにしては、死後人気があがるでもないのですけれどね・・
まっ、それはどうでも良いことですが
久しぶりに聴いてみた交響曲第53番Star Dawn」が素晴らしいですね。

馴染みやすいメロディが管楽器で奏されてて
特に第2楽章でのサキソフォーンによる延々と流れるソロに
気付いてうっとりと聴いてしまいました。

わずか13-4分ほどの短い曲ですけれど、いい気持ちになれるのですよね。

ジェラルド・シュウォーツ指揮シアトル交響楽団
かつては精力的にホヴァネスを録音してくれましたが、
最近ではNAXOSにベルリン放送交響楽団を振った録音があるようで
今度探してみたいと思ってます。

さきに図書館に注文してみるかな・・・
posted by fronte360 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする