2008年11月09日

根津神社境内庚申塔、湯島天神

今日は寒いですね・・・でも郵便局に行かなくては。
今朝は散歩してませんし、正午に本郷郵便局に向けて出発です。

途中、根津神社に寄ってお参り。
いつもの日本医科大学側から入ったのですが、えっ・・
庚申塔を見つけました。

案内板によると・・・

明治以降、道路拡張などのために、根津神社に納められたものである。
正面から左回りに刻まれた像、名文を見ると、
@青面金剛・猿・鶏・寛文八戌申(1668)・駒込村・施主十五名
A観音像・庚申供養・施主十二名
B日月瑞運・青面金剛・鬼・鶏・元禄五壬申(1692)施主二十六名
C日月・青面金剛・猿・延宝八庚申(1680)願主一名
D梵字・庚申供養・寛永九年壬申(1632)・都島庚馬米村・施主七名
E日月・青面金剛・鬼・猿・駒込千駄木町・施主十名・宝永六辰己丒(1709)

ということで左周りに4方向から撮ってみました。

081109_01.jpg081109_02.jpg

081109_03.jpg081109_04.jpg

何か縁があるのでしょうかね・・・
こちらに着てから庚申さんに惹かれっぱなしな感じです。

予定どおりお参りをし(七五三の方がここも多いですね)
S坂を登って東京大学、そして大学正門前の本郷郵便局に到着。

さて用事を済ませて、少々思案。
小雨が降っていますが、湯島天神に足を向けました。
菊まつりをやっているそうですし・・・

081109_05.jpg

菊人形・・・
関西ならひらかたパークが有名でしたが今はもうやっていないのかな。
ここは健在ですよ。 毎年、NHK大河ドラマが題材だそうです。

081109_06.jpg

ここのまたお参りしておきました。
境内を出て、また思案、天神図書室館を目指しましたが・・・
1本道路を間違えてしまったようで見当たりませんので御茶ノ水へ直進。

聖橋を渡ってから御茶ノ水ディスクユニオンに向ってレコード選定・・
成果なし、というか、こちらにレコードプレーヤありませんしね。
気合があまり入ってません。

しかしついでなんで、オーディオ・ユニオンにも潜入。
プレーヤよりもサンスイのプリメイン・アンプに目がいってしいますね。

雨は上がったのかな・・
このまま御茶ノ水より線路沿いに坂を下って秋葉原へと足を向けました。

ここではヨドバシに潜入、オーディオを確認しますが
やはり馴染みのある古い機種のほうが惹かれるものがありますね。
古い奴だと笑ってください・・・

とにかく何も買わずに通勤定期を使って秋葉原より帰宅。
しかもいい運動になりました。 コストパフォーマンス抜群でしたね。
posted by fronte360 at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大寺大仏、正倉院、日本聖公会奈良基督教会

鎌倉の大仏に対抗して・・
ではないですが先週11月2日に大仏殿に行ってきましたので、
その時の写真を貼っておきます。

まずは東大寺の盧舎那仏

081102_01.jpg

光背を横から写したもの

081102_02.jpg

金色の光背の仏像がまるでメリーゴーラウンドで回っているように配され
本尊の威厳を現しているなんて、シュールですねぇ。
でもそれらが多くの材木(?)等で乱雑に支えられているのが分かったりもして・・

なお今回の大仏殿訪問は、生前お世話になったゆらむぼさんの一周忌を控え
ゆらむぼさんがかつて好きだったお線香・薫風を購入するためでした。
この大仏殿でしか売っていないのですよね。

さて大仏殿を出て、裏に回りこむような感じで進むと

081102_03.jpg

正倉院があります。

081102_04.jpg

ちょうど正倉院展が開催されていて、そこにも行きたかったのですが
75分待ちということで翌日に朝に伺うことにしました。

ところで正倉院
小学校の遠足の記憶だと、すぐ真下まで行けていたのですけれど・・・
今は遠くからでないと見ることができませんね。

蛇足ですがここの事務所では2009年の皇室カレンダーが売ってまして
宮内庁の貴重な収入源だそうです。

さて、昼食をいつもの奈良グリーンホテルの和風バイキングで頂いたあと
奈良のメインの商店街としてにぎわう東向き商店街から石段を登ると
日本聖公会奈良基督教会

081102_06.jpg

木造和風建築のキリスト教会というのも奈良らしいところでしょうか。
JR奈良駅は寺院のような感じですしね。

081102_05.jpg

なおこの日、ちょうどバザーをやっていてので覗いてみたのでした。
お世話になった方の関係で以前もバザーにも来たことありますしね。
とてもいい雰囲気のところですよ、観光地ではない落ち着きがあります。
posted by fronte360 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする