2008年10月17日

シュミットさま、ショパン/ピアノ協奏曲第1番

やっと1週間が終わりました。
今週は出張は少なく、オフィスワーク中心でしたが慌しく、疲れました。

そうそう今朝、高知より見積依頼が舞い込んでいて、
8月に蒔いた種、なんとか育てたいのですけれども、集中力が萎え気味・・
来週また頑張らないと、なんて思いつつも、来週は目白押しなのですね。
どうしたものやら・・・

さてそんな疲れた状況の下、コレギウム・アウレウムによる
バッハの「コーヒー・カンタータ」「農民カンタータ」
これらに改めて感銘しましたけれど、そのあとに聴いた・・・
0093002bc.jpg
アンネローゼ・シュミットさまによる
ショパンピアノ協奏曲第1番
分厚い伴奏で始まる序奏を乗り切って見えてくる
硬質なシュミットさまのピアノに聞き入りました。

JR田端駅の南口
到底ここが山手線とは思えない駅舎を出て
民家の生い茂った植え込みの下を歩いていたら
質実とした力強いホルンの響きが聴こえてきました。

ああ、やっぱり柄にもなくこの曲が好きだなぁ、と思ったしだいです。

この曲に目覚めたのは大阪シンフォンカーの演奏会でしたけれど
決定つけたのがこのCDによる演奏なのですね。

これもまた先日の帰省で持ち帰ったCD-Rからの転送物です。
やはり携帯電話のプレーヤを止めて正解でした。
posted by fronte360 at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする