2008年10月09日

ノイマン、マーラー/交響曲第4番

連休にプラス1日して帰省するつもり、あれこれ慌しくやってますけど、
う〜ん、色々とあって難産ですねぇ、少々疲れ気味・・・
風邪だけはひかないように注意してます。

新しいメモリプレーヤは快調で、何より小型軽量
携帯電話のプレーヤとは段違いの音質の良さで気に入ってます。
通勤のお供にクラシック音楽もまた聴き始めました。
ovcl00256.jpg
ノイマンマーラー交響曲第4番
このCDも本郷図書館で借りてきたもの。

EXTONレーベルに録音したノイマンの晩年
1993年11月22-27日
プラハ「芸術家の家」ドヴォルザーク・ホール
で収録されたものですね。

磨かれたような美しい演奏です。
力感も十二分に感じますけど、美しいが先に立つような感じ。

ただし第4楽章、ソプラノのパメラ・コバーン
カルロス・クライバーも賞賛したとのことですが、
ちょっと渋い声じゃないかなぁ・・・
もっちょっと澄み切った声が欲しかった、というのが率直なところ。

パメラ・コバーン
喜歌劇「こうもり」のロザリデ役でお馴染みなんですけど・・
posted by fronte360 at 05:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする