2008年10月06日

ショルティ、マーラー/交響曲第5番 ラスト・コンサート

uccd1192.jpgこのCDを本郷図書館で借り
携帯電話のプレーヤで聴いてガッカリ・・・

高音弦がペラペラ
第3楽章の終わりとか
終楽章のエンディングの部分などなど

でも。。これは携帯電話のプレーヤのせい?

そんな思いもあって、酔いも任せて新しいメモリプレーヤを購入しましたが
それは正解でした。

ショルティの十八番ともいえるマーラー交響曲第5番
オーケストラはチューリヒ・トーンハレ管弦楽団ですけれど、
テンポはやや遅めながら、各フレーズで各楽器を磨くように演奏させて
これはこれで面白く聴けました。

高音弦のペラペラ感も、今度のプレーヤでは感じません。
高校生の頃、友人宅でシカゴ交響楽団とのレコードを聴き
度肝を抜かれた気分ではありませんが、納得度の高い演奏でしたね。

やはり録音を再生するプレーヤは重要ですね。
これがアナログLPプレーヤならば、カートリッジ交換という楽しみもある!
な〜んて思ってしまうのが年寄りの証拠でしょうか。

ああ、アナログLPでシカゴ響のLPもまた聴きたいな・・・
posted by fronte360 at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする