最近の記事

2007年08月11日

ボビー・ソロ/「君に涙とほほえみを」

やっと盆休みに突入しましたが、昨夜は22時まで会社で奮闘
今朝もいつもどおり5時前に目覚め、2度寝を敢行しても6時すぎに起床・・
早朝覚醒ってよくないんですけど、仕方ありません。

ということで早朝より頼まれていた落語の録音をCDに焼き
借りてきた氷川きよしやウルフルズもCDに焼いたりしてました。
新しいノートPCはさすがに速い(というか今まで遅すぎ)!
とにかく年貢を収めた気分でもあります。 すっきり。

さぁ、次は先週の演奏会感想文を書かないといけないのですけれど
午前中で頭がまだハッキリしている時間は・・勉強時間にしましょう。

しかも昼からも若干勉強やってから、15時半に買い物に行って気分転換のつもりが・・
暑い外から戻ったら炭酸系アルコールを飲んでしまい(今もそうですが)
一日が終わってしまいました。 あ〜(暑いから許して)

もうこうなると、あとは音楽を聴いて過ごすだけ・・・
感想文はまた明日としましょう(すみません)。

ということでチョイスしたのはカンツォーネ

mw8001-2.JPGグロリアス20 カンツォーネ」というオムニバス盤ですが、ボビー・ソロの「ほほにかかる涙」「君に涙とほほえみを」「涙のさだめ」、ウィルマ・ゴーウィックの「花咲く丘に涙して」「あこがれはいつも心に」などがお気に入り。

僕がラジオを聴き始めた小学5年生頃(1969年当時)のラジオからカンツォーネもよく流れてて、
ジリオラ・チンクェッティの「」が大ヒットしたのは、1970年だったかしら。
いわゆる洋楽への目覚めは、カンツォーネ
宇崎竜童さんもそうだったみたいですし、昔はサンレモ音楽祭で優勝するとヒットする図式もありました。 クラシック音楽を聴く前のお話ですね。

せっかくのお休み、最近はあまり耳にしない大人の音楽
心ゆくまで楽しみましょう。 アルコール飲みながら・・・ね。

ボビー・ソロの甘い歌声、いいですねぇ(うっとり)

Se piangi, amore, io piango con te,
perche sono parre di te.
Sorridi sempre,
se tu non vuoi,
non vuoi vederermi soffrire mai.
Se ridi, amore,
to rido con te,
perrche tu sei parte di me.
Sorridi sempre.


恋人よ、君が泣くなら
ぼくも君と泣こう
なぜって、ぼくは君の一部分だから
ぼくが苦しむのを
見たくないなら
いつも笑っておくれ
恋人よ、君が笑うなら
ぼくも笑う


posted by fronte360 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする