最近の記事

2007年07月20日

またもやCDを頂きました

今週は稼働日が1日少ないうえに、今日も検定試験対策セミナーです。
本業CMMIの進捗がよくありません。
昨夜は発注元のKさんよりお叱りも受けるし・・う〜んんん。
やるべきことは見えてきているので集中して乗り切りましょう。

それでも来年度以降の本業を目指している検定試験状況は良く、
6月に受験した検定試験2つ、2つ目の発表も合格しました。
12月の検定を受けて資格のグレードアップを目指します。

そして今日のセミナーは、8月末の別の検定試験対策でして、
こちらは昨年すでに取得した資格のグレードを上げることが目的。
この資格がメインになって、12月のグレードを上げた資格2つも加えてワンセットで、プロフェッショナルでしょうか。

今年度も大切だけど、来年度以降も見据えないと、
残りの人生少なくなってきてますもの・・

さてさて標題の頂きものCD
昨日、またもやNさんのライブラリより重複物を頂きました。
合計11枚。

■日フォノグラム チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 小澤征爾指揮パリ管弦楽団 (17CD-17)
グロリアのCDシリーズ、紙ジャケの廉価盤ですね。 若き小澤の清冽な名演奏ですが、SACD化されたようです。

■HISTORY EUGENE ORMANDY MAESTRO BRILLANTE ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3・4番、ムソルグスキー 展覧会の絵、ドヴォルザーク チェロ協奏曲 オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 (2枚組:205236-303)
■HISTORY EUGENE ORMANDY MAESTRO BRILLANTE チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番、交響曲第6番「悲愴」、ブラームス ヴァイオリン協奏曲、グリーグ ピアノ協奏曲、第3・4番、ムソルグスキー 展覧会の絵、ドヴォルザーク チェロ協奏曲ほか オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 (2枚組:205237-303)
■HISTORY EUGENE ORMANDY MAESTRO BRILLANTE ラフマニノフ ピアノ協奏曲第1・3、R.シュトラウス ドン・キホーテ、家庭交響曲 オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 (2枚組:205238-303)
■HISTORY EUGENE ORMANDY MAESTRO BRILLANTE ブルックナー 交響曲第7番、シベリウス 交響曲第1番、ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲ほか オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 (2枚組:205239-303)
■HISTORY EUGENE ORMANDY MAESTRO BRILLANTE マーラー 交響曲第2番「復活」、シェーンベルグ 浄夜、ミヤコフスキー 交響曲第21番、バーバー オーケストラのためのエッセイ第1番 オーマンディ指揮ミネアポリス交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団 (2枚組:205240-303)

1930〜40年代のいわゆる著作権切れの録音集。 デジタルリマスターと表記されていますが、いずれもモノラル録音ですね。

実は古い録音には、実はあまり興味なくて(マニアではない証拠)、ぼちぼちと楽しむことにしましょう。
posted by fronte360 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜11-LP/LD/CD/DVD音源捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする