最近の記事

2007年05月10日

エミー・ヴァーヘイ、ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲


雨上がり、気温が一気に下がりましたね。

昨日までは夏のような暑い日が・・・といっても連日のデスクワークで
このところの暑い陽射しも、今日の雨も感知していません。

会社帰りに、これらの名残を味わっているだけなのですが、
さすがに今日は寒くて、気持ちいいですね。 寒いの大好きですから。


さて、本日も引き続き、エミー・ヴァーヘイの録音を聴いています。
e-517.jpgハンス・フォンク指揮ユトレヒト交響楽団と組んだベートーヴェンヴァイオリン協奏曲

ああ、なんと柔らかな演奏なのでしょう。

冒頭のハンス・フォンクの指揮するオーケストラも甘い響きですし、エミー・ヴァーヘイの独奏もまろやかな響きが特徴的。

この曲、あまり得意な曲ではなくて、長く感じられて最後まで聴くのがしんどいことが多いのだけれど、小難しいこと考えずに聴くのにはいいですね。

カプリングされているロマンス第1番第2番
こちらは同じハンス・フォンク指揮でもロイヤル・フィルがバックを務めていますが、同様に柔らかな演奏で、少しロココ調かしら。

モーツァルトをちょっと生真面目にしたような感じもするかな。

ガラにもなく、ベートーヴェンロマンスは好きな曲なので、もうちょっと踏み込んで欲しいような気もするけれど、やはりこの柔らからさが特長なのですね。

エミー・ヴァーヘイって、シュナイダーハンにも師事していたようので、その流れを汲んでいるのかも・・・だったら納得。
posted by fronte360 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする