最近の記事

2007年04月21日

ブラームス・イン・小樽


先々週は、風邪でボロボロで、
先週は、火・木・金曜と面談があってほとんど仕事できてませんので
久しぶりに朝から休日出勤

午前、本業CMMIのマネジマントレビュー用の資料作成
午後、この前までやっていた高知のお仕事の総括資料作成

いずれも役員向け、振り返りと今後に向けた方針や展望が必要で、PCに向って纏めているのですが、内心はこんな資料を作成するよりも、実践したいのですけどねぇ。 そうこうするうちにGWですし・・・


さて、高知のお仕事を振り返っていたこともあり、
高知で一緒にお仕事させてもらったNさんより頂いたCD
ブラームス・イン・小樽」を携帯電話に転送してみました。

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/LOVELOG_IMG/w44k.jpg3月末に交換した携帯電話にはメモリプレーヤ機能が付いているのです。

既にメモリプレーヤは2つも持ってて、
携帯電話のプレーヤには興味なかったのですが、
先週の出張時に携帯電話のFMラジオ機能を使ってみたら、
意外に音質が非常に良いのに驚きました。

試しにこの携帯のメモリプレーヤも使ってみたくなったのですが、
こちらも期待を裏切らず、とても耳当たりの良い音質ですね。
気に入りました。

また、頂いたこのCDの演奏ともよくマッチした音色です。

crsa0002.jpg小樽市民センター・マリンホールにて収録された演奏で、
録音が良いのも魅力的ですが、清水まゆみ(vn)、廻由美子(p)さんによる演奏には、感情がよく篭もっていて、また潔さも感じさせてブラームスヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番が心に染みます。

じつは転送ソフトの使い方がよく分らなくて・・・

というか説明書を読むのが面倒なんで適当に使っているので、
転送順序が逆になってしまって、いきなり第2番第3楽章からプレイバックされたのですけれど、

とても美しい演奏で、しみじみと聞き込んでしまいました。

高知の皆さん、お元気かしら・・・
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする