最近の記事

2007年04月11日

大勝秀也、モーツァルト/セレナータ・ノットゥルナ K.239


風邪で休んでいたときにパソコンに録音した
DISCOVERレーベルによるCDの演奏を通勤時に聴いています。

メモリプレーヤに転送したのを適当に聴いているので、何が出てくるか、実はあまり分かってなかったりして、聴き始めて、おおっ! と思うのもまた楽しみです。

disc920217.jpgこのセレナータ・ノットゥルナ K.239
太鼓がトントコトンと鳴って、面白い曲ですね。

演奏もまたノッていて、気分がうきうきとしてきます。

この演奏の前に有名なアイネ・クライネ・ナハト・ムジークも収録されていて、こちらも活き活きとしながらも上品に纏められた佳演でした。

演奏は、大勝秀也(おおかつしゅうや)指揮によるシュトゥットガルト室内管弦楽団

大勝さん、NHK交響楽団定期演奏会を指揮されていたのをTVで見た記憶があります(が何の曲だったかは思い出せなません。 1999/6/19の公演だそうです)。

期待の新人といった扱いで、その指揮者のCDがバークシャのリストにあったので捕獲したのがこのCDだったと記憶しています。

しかしこれ以降あまりお名前を聞かないうちに、このCDのこともまた忘れてしまってました。

Webで調べてみると、今は沖縄県立芸術大学助教授だそうです。

指揮科ではなく声楽(オペラ)専攻とのこと。
スウェーデンのマルメ市立歌劇場音楽監督の経歴の持ち主なので、オペラ基礎演技、オペラ演習、オペラ総合研究などやられていることは分かるのですが・・・

正直、沖縄とオペラというのがイマイチ結び付きませんでした(すみません)。

posted by fronte360 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする