2007年04月06日

大栗 裕/大阪俗謡による幻想曲(1955,1970改訂版)


現代音楽マイブーム
ナクソスによる日本作曲家選より、大栗 裕のCDを聴きました。

8_555321j.jpg浪速のバルトーク」と帯に書かれていますが、
浪速のハチャトゥリアン」としてもいいかもしれませんね。

民族主義的で野性味をもったパワーを感じさせるヴァイオリン協奏曲

大阪らしい土俗性、ごちゃまんとした猥雑さのようなものを感じもさせて、
ホラここにおりまっせ!、どや!、どや! 
と、無理にでも引きつけさせようするような感じさえしますね。

そして「大阪俗謡による幻想曲

天神祭りの地車囃子(だんじりばやし)の(かね)を打ち鳴らした動機、
大阪人なら、コン・チキチン・コンコン・チキチン・・・
ああアレか、分かってもらえるでしょうが、この曲もまた秀逸ですね。

外山雄三の「ラプソディ」と双璧を成す日本イメージさせる名曲ですね。

下野竜也指揮による大阪フィルハーモニー交響楽団による演奏
共感に溢れ、推進力を感じて飽きさせません。

面白い(おもろい)!

posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする