最近の記事

2007年02月18日

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ 第11回定期演奏会にて


意欲的なプログラムを真摯に熱く演奏した素晴らしい演奏会でした。

ens-forza_11th.jpgシューマン交響曲第4番1841年初稿版。 キリっとした表情の演奏でした。
第4楽章の冒頭、こんなにも違うのですね(CDを1枚持ってますが予習してないので覚えてません)、しかしそんな興味よりも、プログラムにも書いてあるように、ロマン派というよりもベートーヴェンからの「過渡期」と書かれたのが分かるような演奏でした。
ただ、ちょっと噛んで含めるように感じた場面もありましたけれど、感情に流されず、構成感を大切にした真摯な演奏と理解しました。 大きな拍手を贈りました。

ショスタコーヴィッチ交響曲第12番1917年」。 凄い集中力を持った熱い演奏でした。
冒頭の艶と張りのある低弦から気持ちが篭もっていました。 第1・3楽章でのホールに響き渡った大音量の革命のシーン、一糸乱れぬ見事な演奏に思わず身を乗り出さざるを得ませんね。 第2楽章や終楽章の前半も集中力が全く途切れることのない入念な演奏。 そしてエンディングではシンバルが2組だったのですね。 満身の力をこめたフィナーレに会場からも熱い拍手が沸き起こりました。

このオケを聴くのは1年ぶりでしょうか。
学生OBが立ち上げたオケの例に漏れず平均年齢30歳を越えて要員減が悩みのようですが、頑張って継続して欲しいと願っています。
団内指揮者でこれほどの演奏が出来るオケなんてありませんものね。

posted by fronte360 at 19:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 05〜12-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする