2007年01月31日

ヘルビッヒ、ハイドン/交響曲第99番


このところ耳鳴りがしていて・・・
というか、体質的にずっーと鳴っているのだが、ここ2〜3週は鳴りが大きいというか、鳴りが気になって仕方ない。

ま、体調イマイチって感じなんでしょうね。 今もピィ〜〜〜
壊れかかったスレレオのアンプ、チューニングのうまく合わないラジオみたいな感じだわ。

ということで通勤時の音楽も、気分を高揚させるのは敬遠し、またまたハイドン交響曲第99番から逆順に。

tkcc-70272.jpgでこの第99番、なかなか面白いじゃないですか。

こじんまりとしているけれど、各パートが有機的に絡んいて、うきうきするような感じ。

ギュンター・ヘルビッヒ指揮ドレスデン・フィルによるオーソドックスな演奏もまた、刺激的ではまったくなくって、でも、ちょっと心をくすぐるようなハイドンらしい喜悦の雰囲気がありますね。

思わず腕を動かして、指揮してみたくなるような感じ。
腕でリズムをとっているおじさんがいたら、それは安田かも。

さて、これから始発新幹線で川崎出張、そして明日から高知!
posted by fronte360 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

LIVING STEREO のCDいただきました


何がなんだか・・・
今週もまた、わけの判らないまま、忙殺された始まりだったなぁ。

でも朝、6Fの席に行くと(本拠地は4Fですが)、NさんよりCDいただきました。
なんでもSACD装置を年末に買われたそうで、同じSACDが1,300円台で売っていたので買ってしまったのだとか。

お古が廻ってくるシステムなんですが、ほんま、ありがたいことですわ。

bvcc-1058.jpg■日BMG:ラヴェル バレエ音楽「ダフニスとクロエ」(全曲) シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(BVCC-1058)

LIVING STEREO SERIES と題された1993/8/21発売の国内盤ですね。
税込2,000円の値段が印刷されてます。

SACDの音質も良いとのこと、そして LIVING STEREO の録音の素晴らしさについてNさんは語っておりました。

ほいでもって昨日の演奏会の話をし、このようなクラシック音楽談義は酒でも飲みながら・・・というと、4月になったら・・・とのこと。

そうNさんは、本業のCMMIとは別の業務で3月まで囚われの身なのですね。

posted by fronte360 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜11-LP/LD/CD/DVD音源捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

吹田市交響楽団 第62回定期演奏会にて


丸山耕路さんのリリックなピアノ、見事なピアノ・コントールによるシューマンのピアノ協奏曲に感動しました。

suikyo_62th.jpg1983年生まれのまだ若いピアニストですが、大阪音楽大学で最優秀賞を得て首席卒業した実力の持ち主なんですが、パンフレットに書かれた経歴の最初に、電子オルガン、エレクトーンという文字。 高校2年生でピアノに転向されたそうです。 偏見で申し訳ないのですが、どうかな、なんて正直思っていたのですが、感情を巧く乗せたとても綺麗な響き、そしてシューマンらしいくぐもった感じも見事に表現されていて、この曲のこと、もっと好きました。

冒頭のキレ味の良さ惹きこまれました。 透明感の高い響き、一見軽やかに弾きつつも気持ちを乗せ、ピアノをよく鳴らして弾き進みます。 抜群のピアノ・コントロール。 第1楽章の終結部も力を込めても重くならず、くぐもったシューマンらしさで弾力もあって見事でした。 素晴らしい演奏に、盛大な拍手も沸き起こりましたが納得です。

終楽章も、畳みかける部分でも軽やかに弾きこなしてゆきます。 コーダ、力任せに演奏するパターンが多いと思うのですけど、明るさを含んだリリックな表現、じつはとても好きなんです。 だから、ということもありますけれど、強靭さを秘めたしなやかな丸山さんのピアノに聴き惚れました。 もうちょっと力感が欲しい、といわれる方が多いと思いますけれどね。 

大阪音楽大学ピアノ科教授である常任指揮者米山さんの指揮のもと、オーケストラもまたしなやかな表現で見事にサポート。 素晴らしい演奏に大きな拍手を贈りました。

冒頭のシューベルト「ロザムンデ」序曲、こちらも米山さんの指揮でしたが、いつもと違って精力的な演奏。 大きな音量で畳みかけるような表現に驚きました。 いつもは省エネ運転ならぬ省エネ指揮で、淡々とした味わい深い演奏で好きだったのですけどね、だからかな、今回はオケが少々無防備に鳴っていたようにも思えた演奏にちょっと戸惑いました。

メインは、新谷さんの指揮によるブラームスの交響曲第1番。 マニアックな新谷さんの拘りでしょうね、オーケストラを対抗配置としていました。 そしてコントラバス8本は、ステージ後方に一直線に並べたムジークフェライン流。 金管も、ホルンとトランペット&トロンボーンを左右に振り分け、中央に配した低弦、両翼のヴァイオリンとで精力的な演奏を展開していました。
特に第1楽章の冒頭は凄いスピート。 重厚で張りのある響きでホールが満たされました。 なおヘンレ版によるものとのことですが、もとよりスコアは読めないのでよく分かりません。 若々しいブラームスを表現したと思います。 とても熱い演奏が展開され、盛大な拍手を受けていました。

個人的には、ちょっとやりすぎかな、なんて思ったりもしましたけどね、でもこのような意欲的な取り組みは大いに評価したいと思っています。 皆さんお疲れさまでした。

とにかく今日は、丸山さんのピアノに痺れた演奏会でした。
posted by fronte360 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 07-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

「Cool Cut」 (松原みき) 1984年


ようやく先週の演奏会感想文を書き上げました。
年貢を納めた気分(というのも変なんですが、正直そう思う)

よしっ、と、ステレオ全開で音楽を聴きたい、と取り出しました。

c28a0335.JPG松原みきCool Cut
マイミクでメールを頂いた影響大です。

日本のプログレ・ロックをリードした「四人囃子」の森園勝敏をプロデューサに迎えた松原みきの7枚目のアルバム。

森園勝敏が率いる小気味の良いバンドをバックに松原みきの粘りのあるヴォーカルが冴えています。

全編森園勝敏のギター、バンドサウンドと松原みきの巧いヴォーカルが堪能できるアルバムです。

このところ日本酒でしたが、久しぶりのウィスキーが美味しい!!

ピッチも上がりそう。 というか、もう酔ってる・・

posted by fronte360 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルビッヒ、ハイドン/交響曲第98番


実質的な仕事が進んでいないのに・・・
といってもサボってわけではなく、仕事が進んでいるという実感のないまま、あっという間に1月も終わりが見えてきた。

出張がバタバタと決まって、次の高知行きは2月1〜2日。
前日は川崎日帰り出張で始発移動の9時川崎出社となりますが、退社時にボスにつきあえば終電帰着となりますね、きっと。
翌朝は6時すぎに高知行きなので、どうしようか思案中。 でも本業の単金交渉など相談事もありますし・・・う〜んん。

なお、高知後の川崎出張と石川出張の調整もしました。
14日(また)始発移動で川崎9時出社、昼すぎに石川移動し、翌朝に石川オフィスでの仕事となりました。
巡業って感じですね、こっちもけっこうハード。

しかし、何やってんだかわからなくなってきたぞ。

こんなときは、「エニグマ」でも聴くべきなのかもしれないけど、あいにくメモリプレーヤ用の録音がない。

会社からの帰宅時はポール・パレーで元気をつけてますが、朝の通勤時は心を落ち着かせるのが肝要。
また睡眠補給の時間になるようにと、先日よりハイドン交響曲を連続して聴いている。

tkcc-70272.jpgギュンター・ヘルビッヒ指揮ドレスデン・フィルによる一連のCD。 これも徳間のシャルプラッテン20周年記念のシリーズですね。
第3弾、1994年4月25日発売とともに買ったはずです。
当時はまだ供働きだったし、お金ありました。

第99番から遡って、98→97→96→95→94→93番、このあと100番以降になってますが・・・

どれをとっても同じに聴こえる?

まだまだ修行が足りませんね・・・
でも以前のように退屈しなくなったのは馬齢を重ねたからでしょう。

でも第98番終楽章にチェンバロが入っていたのにはちょっとビックリしたりして、奥深いクラシック音楽の世界。 これからもゆるりと楽しみましょう。

さて今日は感想文執筆の1日かな。

posted by fronte360 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

ポール・パレー、ラフマニノフ/交響曲第2番


このところ異様に眠い状態が続いてて、朝起きるのがちょっとツライ・・・
といっても 5:45には起きて、7:00には出勤してますけどね。

434_368-2.jpg会社帰りの音楽は、ポール・パレー指揮デトロイト交響楽団
ラフマニノフ交響曲第2番も潔くって、いいですね。

最近はあまり見かけなくなったラフマニノフ公認のカット版でしょう。 第1楽章が16分で早く終わることもありますが、ストレートな表現でぐいぐいときて、カッコ良く感じます。

最近、寒いこともあってソニーのネックバンドのヘッドホンで聴いていて、右耳でしっかりと聴こえる低弦の引き締まった音型が興味深くもあります。 リヴィング・プレゼンスだからかな。

と、会社帰りは元気になるんですけど、朝は眠りこけてます。
posted by fronte360 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

京都フィロムジカ管弦楽団 第20回定期演奏会にて


kyoto_pilom_20th.jpgマーラー、ブルックナーに造詣の深い音楽学者金子健志さんの指揮によるマーラー、学術的な興味もさることながら、魅力的な演奏に感激して帰ってきました。

まずは伊福部昭の「交響譚詩」、土俗的というよりもスマートな演奏といって良いかもしれません。 特に第1譚詩、きちっとしたパワーで制御された音楽、第2譚詩はゆったりと進みますがキリっとした表情。 とにかくオケが巧いんです。 勢いでわっ〜と演ってしまうような感じではないですものね。 中でもティムパニの女性が、中央最上段で演奏をキリっと引き締めて、とてもカッコ良かったのが印象的でした。

そしてマーラーの交響曲第1番・・ではなく、「巨人」と呼ばれていた最後の稿、ハンブルク稿による「2部からなる交響曲様式による音詩『巨人』」。 こちらはとても興味深い演奏でした。

冒頭は聴き手としても緊張していました。 クラリネットで演奏される狩りのファンファーレをホルンが吹きますし、バンダのトランペットも舞台上です。 フルートによる鳥の囀りもまたハ短調ではなくハ長調で明るく響きます。

この後、いろいろとありましたが、目立ったところでは木管のベルアップ、終楽章でのホルンの起立などなく、金子さんが意図された純音楽的なアプローチから繰り出されてくる音楽をオケが活写している、そんな感じでしょうか。
時に事故はありましたけれど、とても見事な演奏だったと思います。
コーダでのティムパニ(1組しかありません)、ロールを通常より長くやって、最後には凄い力を込めて叩いて吃驚しました。

なおオケはヴァイオリンを両翼配置としていましたが、通常第2ヴァイオリンの位置にヴィオラで低弦は向って右に配置。
管楽器ではトランペットが中央でその右にトロンボーン、ヴィオラ後方にホルンが7名といった通常配置でしょうか。
とにかくこの演奏会、とても良い経験になりました。 感謝します。

posted by fronte360 at 19:32| Comment(7) | TrackBack(1) | 07-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

松任谷由実/悲しいほどお天気


先週の演奏会感想文を書こうと思いつつも
午前中は金魚の水槽やポンプの掃除をしていたらお昼・・・

慌てて書き始めて、なんとか16時には書けたかな
以前なら即公開だったのですが、最近はここで気分転換
ちょっと寝かせます

じつは今日、招待状を回してもらった演奏会があって、
それに行けるようにと慌てて書いた感想文だったのですけれど・・・
書いたら、疲れました

申し訳ないけど、明日も同じ京都に行きますしね、やっぱ北山は遠い
いいお天気でしたしね、夕方から散歩がてらに買い物に出かけました

そして、19時頃に帰宅
子供たちの食事を作り、自分は適当に湯豆腐とオニオンスライスで日本酒を頂いて、ようやく落ち着きました。

etp-90084.jpg懐かしい曲をと、学生時代によく聴いたユーミン
学生にユーミン、私たちの時代は定番でしたものね

社会人になると、ちょっと恥かしくもあって
自サイトでは採り上げないようにしてたのですけど、けっこう好きなんですね、今でも。

まず詩に惹かれますけど、演奏も非常に素晴らしいんですね
78」のバックボーカルは上田正樹だったりして

この上田正樹もまた学生時代は
カッコええなぁ と集めたものです。
友達の女性にカセットテープを送って、カッコええやろ・・・なんて

それはともかくこのユーミンの「悲しいほどお天気
夜のFMからニュースを流しながら
の歌詞から一気に学生時代にタイムスリップしてしまいますね
MORIOKAというその響きが
ロシア語みたいだった

ああ、涙がちょちょ切れます


posted by fronte360 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

柳ジョージ&レイニー・ウッド/1981.12.19 LIVE AT BUDOKAN


昨日は、夕方で仕事の区切りがひとしきりついたので、
長居は無用、と早々に帰宅しました。
久しぶりに自室のステレオで音楽聴きたかったしね。

でも、買い物をしたので19時半の帰宅となり、しかも・・・
帰宅するとピアノの練習に行ってるはずの長男が転寝してて、
慌てて先生に電話連絡させたりと、大慌て(汗)

その後、洗濯物を取り込みながら中森明菜を聞き、
取り込んだ洗濯物を片付けながら何を聴こうかなぁ・・
とレコード棚を眺めてみて、あっ、これは!!
と取り出したのが・・・

l-6310.jpg柳ジョージ&レイニー・ウッドの解散アルバム
1981.12.19 LIVE AT BUDOKAN

久しぶりに聴きましたが
いやぁ〜ブルージィでヘヴィ!! ですね

渋い柳ジョージの声、
ギター・ワークもカッコ良いしねぇ、お腹いっぱいになった気分。

土佐の鯨は 大虎で
胸と度胸の男伊達
いつでも 酔って候


ウィスキーのお湯割りから、日本酒に切り替えましたよ。

いつでも 酔って候

posted by fronte360 at 05:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ポール・パレー、シベリウス/交響曲第2番


昨年末のような多忙ではないのだけれど、どうもピリっとしません。
朝起きるのもおっくうで・・・
といっても6時前には起きてますが、早朝のブログ更新も滞り気味ですね。

風邪ではないけれど、通勤時にお腹壊して耐えきれず
途中下車してトイレに駆け込んだことも今年になって2度ほどありました。
見かけは元気なんですけども。

そんな精神状態ゆえか、自宅のステレオもほとんど稼動してなくて
また電源入ってもヴェルサイユ楽派のドラランド、カンプラなどの宗教音楽を好んで聴いてますものね。 精神がちょっと停滞しているのかもしれません。

そういやぁ通勤時の音楽もこのところ更新してなくて停滞気味やな・・・
と、一昨日思い切って、このところ遠ざかっていた指揮者ポール・パレーの録音を一気に移してみました。

これが正解。

434_317-2.jpg特にこのシベリウス交響曲第2番
剛直な演奏は、もうワクワクしてしまいますね。

北欧の叙情なんていうエスプリを理解できない安田にとって、このパレーの演奏でこの曲に開眼できた記念碑的な録音なんです。

1995年頃かな、大阪シンフォニカーの会員になっていて
定期演奏会でこの曲がかかったので予習用としてオーマンディ/フィラデルフィアを勧められたんですが、どうも掴み所がなくて??
またその後期待して買ったザンデルリンク/ベルリン交響楽団のもパッとした印象を持てず??

これはもうシベちゃんとは縁がない...
と思っていたんですが、ドヴォルザーク新世界」のオマケで入っていたこのパレーの演奏にハマってしまったのでした。

アンソニー・コリンズも剛直な演奏で好きですがモノラル録音
こちらはリヴィング・ステレオで分離も素晴らしくよくて楽しめますしね。

久しぶりに聴きましたが、いいですね〜 やっぱり
posted by fronte360 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする