最近の記事

2006年11月17日

PILZ、モーツァルト弦楽四重奏曲ハイドンセットvol.1


相変わらず忙しくやっている。

10月のように午前0時を廻っての帰宅はないのだが、
この1ヶ月間で3日しか休んでいないこともあり疲れが出てきたか、
少々ヤル気も消失気味だし
日曜からの高知出張のための作業も並行実施しているため
頭の中の切り替えがうまくいかず焦点が定まらないのかも
とにかく慌しい毎日には違いない。

コンヴィチュニーのシューマン交響曲、いずれも素晴らしい演奏でした。
その後、シューマンの作品を色々と聴いてきたけれど、
このところまた室内楽、そしてモーツァルトに帰着した感じ。

160_225.jpgPILZ Vienna Master Series にあるモーツァルト弦楽四重奏曲ハイドンセット

Vol.12 の両方を持っているが、Vol.1の冒頭、やわらかな響きが印象的な K.387 を愛聴している。
 
演奏はザルツブルグ・モーツァルテウム弦楽四重奏団。 暖かなアンサンブルか?

この曲、LPではアルバンベルグSQの引き締まった演奏で馴染んでしまっているため、ちょっと緩いのかなとも思えるけれども、心が温まってくるような感じかな。
これは心の問題か?

とにかく今日で今週も終わり、もうちょっとだけカンバロ

posted by fronte360 at 05:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする