最近の記事

2006年06月15日

アブラヴァネル、マーラー/交響曲第8番「千人の交響曲」

連日、怒涛のように仕事が押し寄せてきて、あ〜しんど

で、この「千人の交響曲」も、実はマーラーの交響曲の中で馴染みが一番少なく、
大規模すぎて全貌を掴み切れていないのが正直なところ。

08_4011_71.jpg聴き続けるのにも疲れる曲なのですけれど、
アブラヴァネル/ユタ交響楽団のこの録音、
独唱者に気合入って劇的ですし、合唱団も力入ってます。

大規模な曲なので、録音のかげんもあるのでしょうけれど、独唱などがスポットライトを浴びたような感じで、次々に曲が展開してゆくので、聴いてゆくのに苦痛はありません。
かといって聞き流すってことでもなくて、オケも含め熱い表現が続きます。
このような演奏が所謂いい演奏と言われてもいいんじゃないかな〜 好きですね。

なおCDでは、第1部を6つ、第2部を12のトラックに分けて1枚に収録。
トータル75分26秒、たっぷりゆっくり楽しめます。

さて今週ももうあと2日(早いなぁ)、疲れもピーク、今日からまた雨だけど・・・
今朝もまたアブラヴァネルのマーラー聴いてガンバロ〜
posted by fronte360 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする