最近の記事

2006年05月02日

ポリーニ&ベーム、モーツァルト/ピアノ協奏曲第19番

林 侘助。さんのサイトにて取り上げられ、BBSでコメントつけたこともあって、遅ればせながらLDで視聴。

072_202-1.jpg録音云々なんて些細なことですね。 それよりも映像があるのと無いのでは、印象がかなり違ってしまうようです。

観客を入れていないムジークフェライン大ホールによる演奏。

1976年4月に収録された映像なんで、それなりの画質ですし、ムジークフェラインも改修前なんでくすんで見えますけど、なんたってポリーニが若い。
もっともベームだって生きて動いていますから、当たり前なんでしょうけど。 

とにかく音楽にのめり込むのように美しい音楽を緻密に練り上げてゆくポリーニと、老いてもなおかくしゃくとしたベームの音楽には覇気を感じます。 

映像がついているぶん、耳への集中力が衰えて、目による情報で色々なものを補って聴いているので・・・ま、映像があるのと無いのでは、印象違うのは当たり前なんでしょうけどね。
posted by fronte360 at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

PILZ/EGR:シューベルト/交響曲第2番

昨夜の就寝時の音楽として選択したのがコレ。

44_2072-2.jpgPILZEGR(East German Revolution)シリーズの中から、ハインツ・レーグナー指揮ベルリン放送交響楽団によるシューベルト。

序曲 D.470、D.556、D.648 の3曲に、交響曲第2、6番が収録されていて、この第2番の交響曲との出会いが、シューベルト初期交響曲の目覚めとなりました。

それまでシューベルトの交響曲は、未完成、グレートに第5番しか聴いてなくて、このCDは、PILZ探検隊として音盤収集の一環として捕獲したのですけど、こんなにも楽しいシューベルトの交響曲があったのかと、のめり込んむきっかけになった懐かしい1枚でもあります。

シューベルトの第1〜4番の交響曲って一般的には演奏される機会が少ないのですけど、いずれもシューベルトの歌が楽しめて、聴いていると気分が明るくなってくるんですね。 大好きです。

ということで、昨夜このCDを聴いたあとの寝付きはよかったのですけれど・・・
夜中2時半に目覚めたときにも聴いたのは失敗。 そのまま目覚めてしまいました。

今日明日とGW休暇なんで、どこかで睡眠を取り戻せばいいや・・・

posted by fronte360 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする