最近の記事

2006年05月12日

カラヤン、ハイドン/太鼓連打・ロンドン

昨夜、ホテルに戻ったが23時15分かな。
途中ちょっと買い物などして帰ったこともありますけど(朝食も買っておかないと)ね、ほぼ予定どおりの行動ですね。

kicc9256.jpgさて、オフィスを出てから聴いたのが、ステレオ初期のデッカ録音でのカラヤン指揮ウィーンフィルによるハイドン交響曲「太鼓連打」
元気をつけるのにはいい演奏だと思います。 それでもって、今朝は「ロンドン」も続けて聴いておりました。

ウィーン・フィルのふくよかな響き、ちょっとグラマラスな感じですけど、音楽そのものは推進力と説得力を持って、カラヤンが颯爽と進めていますよね。 ほんと元気出てきます。

古楽器に慣れた最近の人には、ロマン派の演奏のようにもとらえられるかもしれませんが、いえいえどうして、音楽を音楽として楽しめる演奏スタイルはさすがカラヤン、といってもいいのではないでしょうか。

以前ならこんなにカラヤンを褒めるなんて考えもしなかったけどな・・・ま、生きているといろいろとありますわね。

とにかく今日も一日頑張ってまいりましょう。
posted by fronte360 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

ズスケ、ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ第10番

昨夜仕事を終え、18時半にオフィスを出て新幹線で出張出発。

新幹線の中ではほとんど音楽は聴かないのです。
車内放送されているラジオ第1放送をもっぱら聴き、1時間ちょっと寝ましたかね。

さて、新横浜に到着してからの満員電車・横浜線が苦痛です。

両手に荷物を持ち、あらかじめセットしておいたメモリプレーヤで音楽を聴いてじっと我慢。 夜まで痛勤とは・・・

0030852bc.jpgでもここで聴いたカール・ズスケによるベートーヴェンヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調op.96で心が落ち着きました。

けっして美音といった感じではないと思いますが、キリッと引き締まった響きが、疲れた身体の隅々にまでじわっ〜と沁みてきて、活力を与えてくれるような感じですね。

柔らかな癒しの音楽とは違いますけど、身が引き締まってくるようで聞き入りました。
週末までの出張、気合入れてがんばりまっしょい。

  ★ ★ ★

ということで、22時すぎてもまだオフィスにいたり・・・ 

posted by fronte360 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

モーツァルト/ヴェスペレ・ソレムニス K.339 & リタニア K.109

昨日もまたアグレッシヴに仕事をして22時半に帰宅。
やっぱり夕方に食べた小さなパン2個が晩飯になって、家ではアルコールも抜いて23時すぎに就寝。 晩飯ヌキというの、翌朝の気分もよくていいですね。

就寝時には、PILZのEGR(East German Revolution)シリーズの中から「パウル・デッサウの肖像」に含まれたのバッハ・ヴァリエーションを聴いて面白かったのですけど、これはまたのちほど・・・

cd_160_319.jpg昨日の通勤時に聴いたモーツァルトヴェスペレ・ソレムニス K.339 に心が沁みました。

これもPILZVienna Master Seriesの珠玉のモーツァルトのCDですね。

ヴェスペレ・ソレムニスは、ヘルムート・リリング指揮シュトゥットガルト・バッハ管弦楽団・合唱団による演奏。 独唱者も素晴らしいのですがクレジットがありません。 美しい音楽を真摯に奏で歌っていて、心洗われ、気持ちよくなってきます。

調べてみると1780年の作曲とのこと、ザルツブルグ時代に書かれた戴冠ミサ(K.317)と同じ時代。 なんとなく納得しました。

そしてこのCDに収録されているリタニア(Lauretanishe Litanei)K.109 、こちらの合唱もとても美しくて、ちょっとびっくり。 よく聴くと少年合唱団ですね。 独唱はボーイ・ソプラノ? よくわかりません。

なおCDにはTolzer Knabenchor と書かれてます。 こちらも独唱者の記載なく、指揮はR.Reinhardt。 とにかく質素ながらも敬虔な音楽が素晴らしいですね。

こちらは1771年の作曲でした。 神童モーツァルトがイタリア旅行でマルティーニ神父に会ったあとでしょうか・・・ちょっと調べてみただけではよく分かりませんでした。

さて今夜より週末まで町田出張。
慌しいGW明けは予想通りですが、これらモーツァルトも出張のお供に行ってまいります。
posted by fronte360 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

ケルビーニ/レクィエム第1番ハ短調

連休が終わって、いつもより気分の重い月曜日でしたが・・・
会社に到着するや暴走気味に仕事を進めて22時半に帰宅。

いつもなら午前中にはインスタントコーヒーを飲んだりもするんですけどね、
気づいたらトイレにも行かずに仕事こなしてました。
ぐったりと疲れましたけど、やや心地よい疲労感があったのも事実・・・
いえね、ここまで仕事が積まれたら「何でも来なさい」状態やね、
物理的に無理はものはムリですから。

夕方に小さなパンとビスコを少しつまんだだけでしたが、
遅いので夕食抜き、もちろんアルコールも抜いて、床につきました。
家に戻って、着替えて、手と顔洗って、一息ついて、わずか20分・・・寝に帰っているだけみたい。

cd_160_144.jpgでも寝床で聴いたケルビーニレクィエム、落ち着いた雰囲気を漂わせて入念に歌わせる入祭唱(Introitus)〜昇階唱(Graduale)に思わず聴き入りましたが、迫力ある怒りの日(Dies irae)での
トロンボーンにドラ(ゴング?)が鳴り響くのには眠かった意識も覚醒しましたね〜 これは面白い。

ルイ16世の処刑を悼んで作曲され、ベートーヴェンの葬儀でも演奏された曲なんですね。 愛用のメモリプレーヤに録音して、もうちょっと聴きこんでみたいと思います。

なおこれも PILZ Vienna Master Series
マルコ・ムニヒ指揮リュブリャナ交響楽団・放送合唱団(Rundfunk-Chor und Sinfonie-Orchester Ljubljana/Marco Munih)によるCD。

盤面が金色に輝いていますが何故かな・・・
ゴールドCDではないと思うのですが、ちょっと違った輝きのあるCDですね。

ところで指揮者のムニヒさんは実在で、写真もネットで公開されています ⇒ ココ
posted by fronte360 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ムーティ、シューベルト/交響曲第1番

GWは贅沢にも9連休いただきましたけど・・・いよいよお仕事。

GWは初日に勝手に応援している指揮者の井村さんの結婚式に場違いながらもご招待いただいて大阪まで出ただけで、あとは大阪にも奈良市街にすら出ることもなく、ひっそりとご近所で過ごしてました。

仕事やな・・・と思うと、やっぱり元気が出ないので、フレッシュな音楽でも聴きながら出かけましょうか。

フレッシュな音楽といえば、シューベルトの初期の交響曲

シューベルトの交響曲は「グレート」や「未完成」が有名、続いて第5番の録音が多いでしょうか。 さらに続けるのなら、表題付きの第4番「悲劇的」、同じハ長調で「グレート」に対して「リトル」とも呼ばれる(らしい)第6番でお仕舞いでしょうが・・・

第1番から第3番もまた捨てがたい魅力があります。

逆に上記の曲よりも第1番から第3番のほうに魅力を感じるころも多く、大好きな交響曲です。
ハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンといった影響も指摘されるようですが、第1番など16才のときに作曲されたとは思えないほどシューベルトの歌の世界が存分に花開いていると思います。

7243_5_69834_2_7.jpgムーティウィーンフィルの演奏の魅力は、ウィーンフィルらしい特徴である独特な管楽器の響き、そして弦楽器のまろやかさ、これをイタリア人のムーティが颯爽と歌わせて嬉しくなってくるんですね。

さてそろそろ準備しますか・・・
posted by fronte360 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

GW最後 / LD鑑賞

GWも最終日となってしまいました。
しかも昨夜からの雨、今日はウォーキングもできないし・・・

bvl103-104.jpg特に何もしなかったGWですけど(身体を休めるのが目的でしたし)、とくにするこもないのでTVの前にゴロリと横になり、早朝9時すぎから、先日より見そびれていた(というか見ている途中で何度も眠ってしまった)レーザディスクで「コジ・ファン・トゥッテ」のフィナーレ部分を鑑賞。

小間使いのデスピーナ役のアデリーナ・スカラベッリ(S)、彼女が公証人に扮する場面はやっぱり巧いですねぇ。
でも全体的にもう一度見直そう・・な〜んて思う気持ちを持ちにくいのはなんでかな〜

最後のシーンでは、ムーティの正面映像と舞台が二重映しになっていて、これはこれでムーティの指揮姿を真正面から見られるのが面白いのだけれど、いまいちカット割とかにひっかかるのかな。 とにかく、やっと全部見ました、って感じ。

071_204-1.jpg続いて、アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクムによるバッハのブランデンブルグ協奏曲のLDも確認。 これは15年くらい前に買ったものです。

先日よりバッハのブランデンブルグ協奏曲でバウムガルトナー指揮によるLPレコードが気に入っていて、比較視聴が目的だったのですが・・・

改めて見てみると、なんとなく疑問の沸いてくる映像ですね。

全部ではないけど、アリス・アーノンクールが弾くヴァイオリンにも肩あてがついていたり(後ろで弾く人のにも付いてますし)、第6番でヴィオラ・ダ・ガンバとクレジットされているニコラス・アーノンクールの弾いているのはガンバではなくチェロみたいです。

お隣で弾いている方(Christophe Coin)のは、ガンバみたいですし、使っている弓もまったく属った形状で持ち方も属っているんですけど、エンド・ピンが付いてて、チェロみたいにして弾いてらっしゃる??

なんかよく判らなくなってきました。
とにかく、残り少しですから、もうちょっと音楽を楽しみましょう。
posted by fronte360 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

秋篠川の源流 / シューベルト交響曲第4番

今朝も6時20分にウォーキング出発。

ただし今日は、用事があるため1時間ほどしか歩けないので、いつもの秋篠川の源流付近より更に遡ってみることにしました。

いつも秋篠川源流付近といっているのは「秋篠川源流を愛し育てる会」が建てたプレートの「Start」地点より下流に向う道沿い ⇒ ココ のページにある写真の付近で、だいたい800メートルほどなんですが・・・

今回は、逆方向に遡ればどこに行き着くのか・・・と、以前からの疑問を解くために歩いてみました。 地図では、しばらく歩くと川の線が消えているんですね。

060506_05.jpg幹線道路沿いに建つ家族を現している彫刻には「登美が丘住宅地」の銘があり、近畿日本鉄道創業50周年記念、昭和35年10月23日とも書かれていました。 ここからいざスタート。

ほとんど住宅地なんで今日もメモリプレーヤ持参で音楽を聴きながらのウォーキングです。

toce4088.jpgこれも先日録音しておいたムーティ/ウィーンフィルによるシューベルト交響曲第4番「悲劇的」・・・あまり意味はないのですけどね。 シューベルトの初期の交響曲が好きなんです。

060506_07.jpg話をちょっと巻き戻し、彫刻の建っている手前の鶴舞橋の上から秋篠川を上流に向って写したのが
コレ → → → → →

川というよりも排水路といった感じなのがちょっと悲しくもあります。
とにかくそんな川沿いの道を第1楽章を聴きながら、ずんずんと歩いてゆきました。

いい調子で歩くのですけど、川幅というか溝の幅が狭くなってゆきます。 そしてついに住宅地の裏手に入るあたりで暗渠に・・・
(暗渠排水なんていうの学生時代に習ったんで=農業土木学=暗渠なんていう言葉知ってます)

あとで地図を見たら、地図上ではこのあたりで川の線が切れているところでしたけど、暗渠にしたコンクリートの上を探検気分で歩いてゆくとまた水が見えました。

このあたり、片側は藪(竹林)で片側は住宅。
道路の幅員が狭くて、自動車の通り抜けはできない旨の看板もありますが、徒歩なので難なくこれを抜けると・・・
なんと県立大渕池公園の裏手の門のところに出てきました。 なるほどね〜

060506_04.jpg大渕池公園には、なんとカブトムシやクワガタムシもいるんですよね。

そして、出てきたこのあたり、盆地のようなところに田畑が(言葉は悪いのですが)取り残されるように残っていて、ちょっとタイムスリップしたような気分を覚えるスポットです(写真は帰り道に撮影したもの)。
 
じつは昨年もここにウォーキングで来たことあります・・・っていうか、迷ってここに出て来たんですけどね。 里の雰囲気が残っていて吃驚した記憶があります。

このあたりで音楽は第2楽章になって自然と歩みも緩くなりました。

ムーティのこの演奏、特にこの第2楽章は遅めのテンポが心地良いのですね。 
しかもとてもよく歌うカンタービレ。 これが特徴的です。
不思議とこの音楽と、長閑なこの農村風景ともマッチしていて楽しめました。

060506_03.jpgところで肝心の川なんですが、やはりコンクリートの排水溝のまま。
そして案の定またしても暗渠に入ってしまいました・・・

060506_02.jpg今度もコンクリートの上を歩きますが、この先には「雨水」と書いたマンホール。

そしてこの道がニ名中学校のグランドの土手(崖)が聳え立っていて急な昇り坂に・・・
足元の金属のスノコごしに下を見てもほとんど水が見えません。 とりあえずここで探索終了としました。
 
水がこんこんと湧き出ている泉なんてないやろな・・・とは思ってましたけど、やっぱりなんか淋しい結末でした。

でも来た道をひきかえし、大渕池公園の中に入ると、うっそうと茂る木立。
樹木に囲まれて、鳥のさえずりや、昨年から落ちているクヌギやシイの落ち葉を踏みしめる音がするので、ここからは音楽はナシ!!

大きく息を吸って森林浴の気分を楽しみました。 あ〜 気持ちいいですね〜 

なんたってまだ7時前ですものね、
早起きは三文の得・・そんな得なんてしてないと思いますけど、酸素をいっぱい体内に吸い込んで戻ってきました。
posted by fronte360 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

秋篠寺 / モーツァルト・ピアノ&ホルン協奏曲

今朝は一人でウォーキング。 昨日長男と歩いた秋篠川沿いの道の途中から足を伸ばしたら、案の定、秋篠寺に出ました。

060505_01.jpg東塔の礎石がいつもどおり雑木林の中にあり、ここに初めて来た30年前とまったく変わっていませんね。

この礎石を見に来た、というか、この雑木林の中に佇みに来たたようなものです。
ほんと懐かしくも、ちょっと恥ずかしい青春時代がこの礎石の林にありました・・・

秋篠寺のことなど ⇒ ココ が詳しいようです。

060505_05.jpgしばし写真を撮り、お堂には拝観せず(伎芸天はもう何度もお会いしているのでまた今度)、秋篠寺周辺をちょっと散策したあと、また歩いて自宅まで戻ってきました。

なお、いつものウォーキングする秋篠川の源流付近・・・といっても反対側の道路にはバスが走る平地なんですけど、このあたりは自然の土手で自然がいっぱいなんです。 だからいつもな音楽など聴かずに歩くのですけれど・・・

昨日わかったのですが、源流より1.5キロほど歩くと住宅地にかかってしまい、コンクリートで護岸された川になります。 
そして生活排水も注ぎ込まれているのが悲しいですね。

しかも今回そこから外れて歩くルートも自動車が走る大きな道の歩道、そこを外れても住宅地の中をひたすら歩くことになりそうなので、愛用のメモリプレーヤを持って出たのでした。

ということで、先日録音しておいた PILZ Vienna Master Series から、モーツァルトを聴きながらのウォーキングと洒落こんだわけですね。。

cd_160_212.jpgまずは、ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」/第17番

レオナード・ホカンソンのピアノ、クルト・レーデル指揮によるカメラータ・ラバセンシスによる演奏。 落ち着いた色彩ながら快活でチャーミングなピアノが素適なモーツァルト。
ホカンソンさん、ヘルマン・プライの伴奏ピアニストでしたね。
それに指揮者のクルト・レーデルさんもいつもながら愛情豊かな感じ、
このCD、PILZ Vienna Master Series 屈指の名演奏だと思います(CD 160 212)。

そんな演奏を楽しみながら第17番の第2楽章が終わるころには秋篠寺の東門に到着。 なんだかあっという間みたい。

そして帰りもこのピアノ協奏曲の続きを聴きましたが、続いてホルン協奏曲第1番が始まり、このあと第3番となりました。

こちらの演奏もクルト・レーデル指揮カメラータ・ラバセンシス。
独奏はヨッシ・ホールト(Joschi Fallout)と読むのでしょうか。 柔らかなホルンの響きがとても心地よい演奏なんですね。

なおこのCDにはオーボエ協奏曲も収録されているのですが、第3番のホルン協奏曲がちょうど終わるころ、自宅に到着。

CD2枚分に満たない時間で行き帰りできたとは、ちょっと驚きです。 
とにかく、今朝もいい運動をしました。

posted by fronte360 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

クライスレリアーナ/アンネローゼ・シュミットさま

GWも半ば、今朝もいい天気になってきたのでウォーキングに出ましたが、ちょっと歩きすぎて疲れました。

一緒に出た長男の連れられ、いつもの秋篠川の源流より更に2kmほど下流にまで足を伸ばしたのはいいけれど、そこから平城西〜敷島〜あやめ池北あたりの住宅地の中を彷徨うように歩くこと2時間弱・・・本当によく歩いたものです。

家にたどりつき、シャワーを浴びて、朝食を済ませて、ひと息ついてレコードをかけてみたものの・・・疲れた身体にはオーケストラ曲や、バロック音楽もイマイチしっくりきません。

et5151.jpgということで落ちついたのがこのクライスレリアーナ
美しくも深みのあるシューマンの世界ですね。

アンネローゼ・シュミットさまの力のこもった明晰なタッチでシューマンの文学的な世界に分け入ってゆくような感じでしょうか。

いわゆる女流ピアニストというイメージからくる感傷的なものを排除したような太いタッチですね。

落ち着いた時間が流れてゆきます。

ところで、久しぶりにネット検索かけてみたら・・・
来月6月10日にツヴィカーのローベルト・シューマン・ハウスで演奏会をやるようです。 ドイツ語にも自信はないけれど ⇒ ココ

16ユーロ、2,000円ほどでしょうか。 
安いですよね・・・ドイツまでの旅費を除いた話ですけれど・・・

33年前かな、初めて聴いたクラシックの演奏会でアンネローゼ・シュミットさまに出会ってから、もう一度ナマで聴いてみたいのですが・・・もう無理なのかな。
posted by fronte360 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

YUMING BRAND

ちょっと前、某オケの関係で、若い女性奏者のブログを読んでいたら、
ゆーみんいいわ〜。沁みるわぁ。。
とあって吃驚しました。

高校のときに吹奏楽でやっていたユーミンポートレートっていうメドレー
これが好きだったんだそうです。

なるほどね〜

こっちはラジオでリアルタイムで聴いていたりして
不二家のコマーシャルで流れていたのも覚えてる・・・自慢になりませんね。

大学生活とユーミン、こんなの当たり前すぎて、かえって恥ずかしいほどで、
だからサイトには採り上げないようにしているくらいなんです。
でも、松任谷由実のLPもけっこう沢山持っていたりします。
青春の曲って感じですね。

alr4001.jpgそしてこのアルバムを聴くと、札幌ハウスユースホステルで流れていたことを懐かしく思い出します。
所属していた自動車部の試合で、帯広から札幌に遠征していたときに泊まったのだから、1年生のときでしょうね。
いつもは札幌医科大学の施設を使わせてもらっていたのですけど、この時はこのユースに泊まっていて、朝の清々しい時間に流れていたように思います。

これをきっかけにユーミンのレコードを集め始めたような感じでもあります。
懐かしい学生生活、気分はそのときにトリップしますね。

posted by fronte360 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜09-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする