最近の記事

2006年02月25日

透き通る夕暮れ

ひとかけらの純情」のB面ですが、A面以上の名曲でしょう。

詩も曲も素適ですが、シンシアの歌もまた一段と巧くなっているように思います。
1番の最後の部分・・・

愛してさよならをして
今もまだ待ちつづけてる
待つだけですべては 行くかもしれないけれど


そして2番・・・

別れもいい思い出よ
透き通る夕暮れみたい
透き通る目をして また愛していきたい


シンシアの歌声を聴いていると、自分の心もまた透き通るような感じになります。

このところ疲れ気味なんで、シンシアが心に沁みます。
posted by fronte360 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする