最近の記事

2005年06月05日

今日も大東洋前で捕獲

長女が大阪まで模擬試験を受けに行くと言うので、道案内してお見送り。
そのまま家に戻ってもナニなんで会社に出勤してきました(珍しく誰もおれへんかったなぁ)。

やるべき仕事は山積みですけど、それよりも前に山積みになった資料を大量処分!! 
気持ち良く山を崩し、バインダ類も並べなおして仕事できる環境になったので帰りました。
だって休みの日は仕事したくないし、長女のお迎えもしないといけませんし・・・

でもそれより先に梅田に行って、先日見送ったレコード捕獲です。
案の定・・って言うのでしょうね、見送ったもの以外でも見過ごしていたものも加えて、以下をお持ち帰り。

■日コンサートホール: チャイコフスキー バレエ音楽「眠りの森の美女」(抜粋) ロリン・マゼール指揮ベルリン放送交響楽団(SMS-2570:300円)
マゼールさんの指揮姿のジャケットなんで持っているかな、と不安になって見送ってました。 手元にないことを確認したので捕獲。 最近、ほんま物忘れがひどくて困ったもんです。 ジャケットの糊が剥がれ、ジャケットが分解しますけど紙質・盤質ともに良好。 解説:志鳥栄八郎

■日キング: 美しいバロックの小品集 フランコ・グッリ(vn)ほか多数、ミラノ・アンジェリクム合奏団(GT-1089:200円)
キングのバロック名曲1000シリーズの1枚。 アルビノーニのアダージョ、ヘンデルのラールゴなどコンピレーション・アルバムですね。 でも指揮者の中に、アルド・チェッカートの名前を発見。 こんなところにも居たとはね。 イタリアのアンジェリクム原盤。 解説:有坂愛彦

■東芝EMI: リスト ピアノ協奏曲第1・2番 ジョルジ・シフラ(p)、アンドレ・ヴァンデルノート指揮フィルハーモニア管弦楽団(EAC-30040:200円)
正直この曲を聴くのには体力(精神力)が必要で、ようやく昨日、以前買ったままにしていたリヒテルのレコードを聴き、こりゃ面白い、と感じ入りました。 そして調べてみたら、シフラのも超絶技巧でこれまた面白そうやな・・・なんて思っているときに手元に出てくるんですから、買うしかないですね。 ニュー・セラフィム・ベスト100の緑色ジャケット。 解説:家里和夫

■東芝EMI: ブラームス ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 ナタン・ミルシティン(vn)、アナトール・フィストラーリ指揮、レオン・バージン指揮フィルハーモニア管弦楽団(EAC-30018:200円)
同じくニュー・セラフィム・ベスト100の緑色ジャケットの1枚。 このシリーズ、これまであまり興味なかったのですが、なかなか良いラインナップですよね。 CDで持っていないはずなんで捕獲しておきましょう。 解説:吉田耕一

このあと、長女を迎えに行き、そのまま法隆寺に出て演奏会・・・と思ってましたけど、なかなか長女が出てこない。
最初から遅刻覚悟ではあったものの、その予定時刻よりも大幅に遅れるみたいなんで、断腸の想いで演奏会はパス。 秋の定期演奏会に伺いましょう。

posted by fronte360 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜11-LP/LD/CD/DVD音源捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする